<< 街のあかりがとてもきれいね 冬はやつぱり >>
師走の風景
b0070127_1902041.jpg

クリスマス市 Marché de Noël でしょうかねぇ。
21世紀に入って十年が過ぎ、仏蘭西の生活習慣は急速に変化し、前世紀のカトリック典礼暦と似通った暦ではなくなりつつあるので、クリスマスを迎える日までのけぢめがかなり緩慢になったと実感してはおりますが。

クリスマス市もアルザス地方や花の都はじめ有名どころでは商売が成り立っていても、ココんちあたりの田舎では市を立てたところで商いが成り立たず、年々、縮小されています。

b0070127_1984494.jpg

数年前のクリスマス市では楽しめた大観覧車も見られなくなった移動遊園地が悲し気に見えるのも私のこころのせいに過ぎないのでしょう。
ほうぼうから聞こえてくるお子たちの歓声にオトナの疲れたこころは励まされるものです。

b0070127_1992096.jpg

この三輪車、漕いでみたいかも。

b0070127_21563850.jpg




旧市街ではバスの代わりに馬車が無料で出ていたり、
b0070127_197020.jpg


お店の角を陣取って寒空の下、美声を披露していたり、
b0070127_19194039.jpg


路地裏では中世はたまたルネサンスっぽい剣劇が催されていたり、
b0070127_1914116.jpg



仏蘭西びとはデジタルよりアナログを好まれるというか、電気がなくても、足りなくなっても、自らのエネルギーで楽しむ術を知っている、いえ、まだ忘れていないように思えました。


le 21 décembre 2011, Pierre Canisius

[PR]
by ma_cocotte | 2011-12-21 18:59 | 『冬』 Rien de special | Comments(2)
Commented by のだめ!!! at 2011-12-23 13:41 x

cocotte様。

そろそろいよいよメリークリスマスですね。

まるでおとぎの国から出てきたような白い馬。

のだめカンタービレに出てきそうな風景です。

唄っている女性は音楽家志望でしょうか?

色んな世界で色んなそれぞれのクリスマス。

聖夜を迎える準備と家族達の情景。

昨日 広島そごうデパートでも紀伊国屋書店には海外からのファミリーも数組見ましたよ。

子供達とダディが何やら愉しそうに真剣に選んでましたよ。

本当にいよいよですね。

愉しみなクリスマス。

どうか世界中の皆が幸せな笑顔が溢れますように。

馬車に乗ってみたいです~。

cocotte様は乗られたのですか?

Commented by ma_cocotte at 2011-12-23 17:25
+ 豊華のだめ!!!さま

クリスマスが直前となり、旧市街のあちこちの路上で
コンサートが繰り広げられています。お散歩しているだけで楽しいです。
ひと昔前の仏蘭西だったら24日の午後から静寂が訪れ、25日など
死の街と化すのですが、きょうびどのようなクリスマス当日となりますやら。
犬の散歩ついでに旧市街をぶらついているので、馬車にはまだ乗っていません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 街のあかりがとてもきれいね 冬はやつぱり >>