<< 2012年の第三日目。 壽 ことほぎ >>
ショコラにまみれて。
仏蘭西でご慶事と言えば、ショコラ chocolat、=チョコレエトをいただくことです。
b0070127_1884630.jpg

仏蘭西共和国においてショコラは贅沢品ですので、税率(TVA)も19.6%
どうりで食料品の中でチョコレエトのお代の割高感を感じるわけです。スゥパアマルシェに並ぶメーカーの板チョコでさえ日本國のように手軽に買える値段ではありませんもの。

昨年末、旧市街の食器屋さんで素朴なショコラフォンデュのキットを見つけました。近年、電動のショコラフォンデュ・マシィンが店頭に並ぶようになりましたが、いつもにも増して蝋燭のともし火が似合う年末年始には昔ながらのマニュアルなショコラフォンデュを楽しみたいものです。

b0070127_18254674.jpg

スゥパァでリンツの調理用板チョコを買い、新鮮な果物、干し果物や砂糖漬け果物、木の実で楽しみました。ぎもヴ guimave、=マシュマアロゥも美味しいですね。



le 2 janvier 2012, Basile

[PR]
by ma_cocotte | 2012-01-02 18:31 | Thé ou Café? | Comments(4)
Commented by marie at 2012-01-03 12:24 x
ショコラ・フオンデュつて、はじめてしりました。
寒いときのローソクの灯火、ショコラと軽い御菓子?
いいですね!!

今年は暮れに不思議な病気をして入院していました。
「虚血性腸炎」。激しい腹痛、下血でびぃつくり・・。
なんでも老化現象とかでよくある病気だそうです。8日間入院。3日間は絶食、絶対安静、5日間24時間点滴で、ゆつくり治ってゆきましたが、一人住まいの入院、退院は大変でした。治れば、ケロリの病気ですが、症状が怖くて・・。
友人が同じビョーキで1ヶ月入院。70万もかかつたとか・・。絶食2週間と聞いて、ヒェ・・。とびつくりしました。軽くてすんでやれやれでした。
この病気って、よく聞かれますか?
私ははじめてでびつくりしたけど。
Commented by ma_cocotte at 2012-01-03 15:26
+ marie さま

大丈夫ですか!?
下血はドキリとしますし、腹痛時に流れる汗は独特ですし。絶食三日は
厳しかったと拝察します。ご無事で何よりです。お大事くださいね。

日本の保険医療制度もより改善が必要です。

蝋燭の灯火はほわーんと心を温かくしてくれます。
ショコラフォンデュもこんなに小さな弱々しい蝋燭の火なのに、
意外や、火力が強くチョコレエトが焦げるほどです。
仏蘭西ではオイルフォンデュもよく食べます。サイコロに切った
お肉や野菜を軽く揚げていただきます。チーズフォンデュよりあっさりしていて
美味しいですよ。


Commented by cocotte様。 at 2012-01-04 07:40 x

明けましておめでとうございます。

笑うかどにはの記事でお写真を拝見して つい宮崎駿監督の映画

『千と千尋の神隠し』の頭だけのを思い描いてしまいました。

そして広島市のそごうデパートの地下食料品売り場でも もうバレンタインのチョコが展開されているコーナーもあります。

早いですね。もうチョコの時期です。

チーズフォンデュより あっさりですか?

日本のチーズとはまた違うのでは?

いずれにしてもcocotte様のお料理がとても美味しそうです♪

Commented by ma_cocotte at 2012-01-04 19:30
+ 豊華さま、

あけましておめでとうございます。
やはり日本は商いの国でありますね。既にバレンタイン商戦開始ですか!

ショコラフォンデュは強いです。アルコールとは別のツボで刺激があるので、
午後いただくには要注意です。
チーズフォンデュはワインのアルコール飛ばし加減が難しいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2012年の第三日目。 壽 ことほぎ >>