<< 「les vêpres 夕祷」... もうお腹いっぱい。 >>
それでも心を込めて神を仰ぐ。
仏蘭西共和国内は冬休み期間最後の週末を迎えることもあり、木曜、金曜あたりからニュウスや報道番組で昨年3月11日にあった東日本大震災について特集を放映するようになりました。政治、経済、原子力発電所技術などあらゆる角度からの分析が専門家によって説明され、もしかしたら日本国内で日本国民に説明されていることより詳しいかもしれません。



あのフイリプ・ニベル Philippe Nibelle 氏は仏蘭西に戻らず、会津若松から仙台に引っ越していたのね。


ところで、昨夕、花の都は巴里の司教座聖堂ノートル・ダム教会で、東日本大震災一周年を目前に控え、この日の夕祷が日本の復興に意向が置かれたものとなりました。以下が夕祷の様子です。

VêPRES à NOTRE DAME
Vêpres du vendredi, célébrées pour le Japon
http://www.ktotv.com/videos-chretiennes/emissions/nouveautes/vepres-a-notre-dame-vepres-du-vendredi,-celebrees-pour-le-japon/00065053

この夕祷が日本のために行われたのも、パリ大司教であるアンドレ・ヴァントワ André Vingt Trois 枢機卿の指示によるもので、当日の司式はノートル・ダム教会の主任司祭によるものです。夕祷ですのでミサとは進行が異なりますが、夕祷では在仏日本人の方々が日本語でお祈りの意向を述べられてもいますので、私はこの週末はこのビデオを拝見拝聴しながら射祷を続けることにします。

le 10 mars 2012, Vivien



2012年3月9日夕方にノートルダム・ド・パリで行われた夕祷について、日本では以下の記事が配信されたようです。

パリ・ノートルダム寺院で「慰霊と感謝のミサ」

2012.3.10 10:51

 東日本大震災から1年を前に、パリのノートルダム寺院で9日、震災犠牲者の慰霊と、日本に対する支援への感謝を示すミサが行われた。大聖堂にはパリ在住の日本人やパリ市民など約2000人が集まり、なお苦難の渦中にある被災者のため祈った。
 ノートルダム寺院は震災直後の昨年3月13日にも震災犠牲者追悼ミサを行っている。今回のミサはパリ在住の日本人有志が同寺院に打診、教会側が日本との連帯を分かち合う場を設けることに賛同した。
 1時間半に及んだミサで、パリ在住のピアニスト、菅野潤さん(55)=宮城県塩釜市出身=は「フランスや世界が、日本のために寄せてくれた支援が、どれほど希望を見いだすよすがとなったことか。深く感謝している」とあいさつした。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120310/erp12031010530001-n1.htm




一時間半のミサとありますが、40分ほどの夕祷だったことがビデオのごとく事実であります。m(_ _"m)
[PR]
by ma_cocotte | 2012-03-10 15:45 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「les vêpres 夕祷」... もうお腹いっぱい。 >>