<< この世にはまだこんなところがあ... 積もる話 >>
Visitation の朝一番に、
5月31日という日を仏蘭西の暦で眺めると、聖人の名前ではなく Visitation ヴぃじたしおんとあります。何の日かと言うと、聖母マリアさまが高齢で妊娠し出産を控えたエリザベトのおうちを訪問した日なのです(詳しくは新約聖書ルカ1章39~56節をご覧くださいませ)。

さて、ココんち。
2012年5月31日という日の朝を迎え、ココんちの朝ごはんを済ませ、犬を毎朝のように庭に出したところ、まもなくして吠え始め、止めようとしません。しかも、道を行き交うひとびとや犬に吠える声と少し違う吠え声です。様子を確認しようと窓辺に行って見ると、なんとまあ、
b0070127_16342537.jpg

犬の視線の先に、何か丸いもの。

b0070127_1635560.jpg

なんとっ!ハリネズミ!

b0070127_1635421.jpg


超ウルトラスーパーど田舎のココんちあたり。
野生のハリネズミがかなりおり、悲しいことだけれど、夏になると車にひかれたハリネズミも道路上でしばしば見かけるようになります。

今朝、「聖母の訪問」の祝日の朝にココんちに現れた訪問客さんはどうやら朝ごはんを探しに来たようで、しばらくすると雑草のしげみの中にもこもこと入って行きました。
b0070127_16385444.jpg


ううううん、雑草を刈れなくなってしまったではありませんか。

le 31 mai 2012, Marie-Elisabeth

[PR]
by ma_cocotte | 2012-05-31 16:40 | 『春』 Rien de spécial | Comments(5)
Commented by marie at 2012-06-03 11:08 x
ハリネズミというのを初めて見ました!本当に針、針、針ですね~。
お家周りの整理もなかなか大変ですね。
私の家には洋かなめの垣があり、落ち葉がすごいのです。
私がいなくなれば、この落ち葉でご近所は相当苦労されるとおもうと、今からどうしておこうかと、思案しきりです。
樹を全部引き抜いて石だけの庭にした方があります。
それとて、相当な金額だつたようで、あとにだれも住んでくれない家というものは、いつも悩みの種です。
おかしな輪になつてしまいました。ごめんなさい。
Commented by marie at 2012-06-03 11:13 x
まちがいました。「話」が「輪」になつてしまいました。

今日は三位一体の祝日のミサにゆきました。若い方が教会にすごく増えています。おどろくくらいです!小さな子供づれの方もおおいですよ!
神父さまはアジア系の方がふえました。見かけだけでは外国の方とはわかりません。なにか、懐かしいいい感じです。
うちの教会は日曜日は150人くらいかしら?半数弱がミサにきているのかな・・。
Commented by ぴよよん at 2012-06-04 13:30 x
かっわいい〜!hérissonですね!
日本ではど田舎でもハリネズミはきっといないですよねえ。

むに山さんの幼稚園の教会に通っています。
むに山さんの日曜礼拝についていってる感じですが、すこーしずつ聖書を読んでいて興味深いです。
やっと聖書の該当箇所を探すことができるようになりましたし!!
(レベル低すぎですみません。夫にもあきれられました)

ところで昨日は三位一体の祝日だったのですね。
何も言っていなかったんですけど…プロテスタントだから??
Commented by ma_cocotte at 2012-06-05 02:39
+ marie さま

ハリネズミ、いかがですか?
実物は顔も、体つきも、しぐさもなかなかかわいらしい動物です。
洋かなめ、美しいですが、落葉がすごいのですね。知りませんでした。
洋かなめの垣根に憧れていたけれど、これは少し考えねばなりませんね。

青少年がたくさん集う教会、いいですね。
三位一体の主日、わが地元の教会はいずれも初聖体でした。
お祝いにかけつけたご家族で溢れて、華やかでした。
Commented by ma_cocotte at 2012-06-05 02:44
+ ぴよよんさま

日本だとハリネズミよりヘビですよね。(;゚Д゚))))ガクガクブルブル
聖書や讃美歌はそのうち、迷わず該当のページを開けるようになりますよ。
これがまた楽しいです。

ぴよよんさんの想像が大当たりで、プロテスタントでは
カトリックや正教ほど細かい典礼暦がありません。
仏蘭西やベルギーのカレンダーはカトリックの典礼暦にあわせて、
聖人名やお祭り日が掲載されているのです。この習慣もまた、
毎日カレンダーを見る楽しみなりますよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< この世にはまだこんなところがあ... 積もる話 >>