<< 13日の金曜日 きょうから、文月 >>
時は止まらず、
ストラスブゥ Strausbourg の大聖堂の、右奥にそれは大きなからくり時計があります。
b0070127_181135.jpg

毎日お昼前に一度、大聖堂内の見物客を追い出し、このからくり時計の見物客だけが入場できるようになります。兎にも角にももんのすごい「からくり時計目当ての」見物客が大聖堂の右奥に集います。
私はいつもデヂ一とコンデヂとカメラを持ち歩いていますが、あまりの大きさゆえ、からくり時計を撮ることができませんでした。これ ↑ が限界。


からくり時計の、一番下の時計。
b0070127_18223647.jpg




記憶が定かではありませんが、一日に一度だけ、確かお昼を告げる時にだけ、復活のイエズスさまの御前に使徒たちが次々と現れ、イエズスさまにご挨拶するのです。
b0070127_18244679.jpg




そして、復活のイエズスさまのからくりのすぐ下には死神のからくりという・・・
b0070127_18292757.jpg



からくり時計に付かず離れずひっそりといる、まったく動かないと思えるほど精密に作られた雄鶏も声高らかに鳴くのです。
b0070127_18304610.jpg



左の天使は鐘を持ち、右の天使は砂時計を持ってお務めです。
b0070127_1832469.jpg



ああ、そうそう、私がストラスブゥの大聖堂を訪問したのは水曜日でした。
b0070127_1838532.jpg

一見の価値ございます。

b0070127_1843933.jpg


le 6 juillet 2012, Marietta
[PR]
by ma_cocotte | 2012-07-06 18:43 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(6)
Commented by al_lamia at 2012-07-07 19:14
いつか・・・・・・・・・もしかして・・・・・・・・・行く機会があったら
お昼には、こちらの聖堂ですね
首が疲れそう!
Commented by ぴよよん at 2012-07-08 11:36 x
ストラスブールに行ったのに、この時計も見たのに、かんじんのからくりが動いているところを見ることができませんでした!!
すごく残念です…またいけるかしら…。
死神のからくりが怖いです。

むに山さんの幼稚園はプロテスタントなので、教会に絵も彫刻もないので寂しいです。
Commented by ma_cocotte at 2012-07-13 15:43
+ al_lamia さま、

はい!ストラスブールのお昼はこちら!
大聖堂は繁華街のド真ん中なので、からくり時計を見物後に
いくらでも美味しいレストランが近所にございますですよ。
お勧めは午前11時までに大聖堂に入り、教会美術を見学。
お昼前までに外に出て、からくり時計見物の入場券を買い、待つ、です。

からくり時計が動き出す前に大きなスクリーンでからくり時計の説明が
流れます。だから、からくり時計が動いている間に見落とすこともありません。
ぜひぜひです。
Commented by ma_cocotte at 2012-07-13 15:48
+ぴよよんさま、

お昼の、たぶん12時半からからくり時計が動き、この時だけイエズスさまと
使徒の人形が動くのです。まさか動くまい!と信じているお人形も
時折動くので面白いですよ。
巨大なからくり時計のあらゆるところが生き物のように動き出す。
一見の価値あり、です。
むに山さんに見せたいね。

そう、プロテスタントだと宗派によって礼拝堂内がオルガン以外、
特色なく、寂しく思われる時がありますね(いや、寂しく思うことが
間違いなのだろうけれど)
Commented by tommie at 2012-07-21 08:35 x
凄いです!
どのくらい前に作られた時計なのでしょうか?
Commented by ma_cocotte at 2012-07-24 01:45
+ tommie さま

18世紀に造られたそうです。となると、1700年代ですね。
仏蘭西大革命前?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 13日の金曜日 きょうから、文月 >>