<< 暑くて、だらだら ++憩い++ >>
味を占めたので、
真夏の青空の下、そよぐ風に身を委ねながらのお食事があまりにここちよく、おいしくて、
b0070127_19225042.jpg

先日訪問したお店の隣のお店に寄ってみました。

b0070127_19231183.jpg

平日お昼のみの即席コースを選んだので、主菜と珈琲付デセエル。

b0070127_19233680.jpg

十ユーロでおつりをもらえます。


なんと、テエブルの下の犬にお水までくださいました。
b0070127_19261988.jpg

こりゃ、綱吉さんから褒美がでますぜ。

le 6 août 2012, Sauveur

[PR]
by ma_cocotte | 2012-08-06 19:29 | The ou Cafe? | Comments(4)
Commented by opera at 2012-08-07 20:58 x
楽しそうですね、フランス生活。

レストランにいるウルサイ子供(何故か夜の居酒屋にもいる)は出入り禁止にして、お犬さまはOK、と日本でもして欲しい。

あなた、うちのオグ、ライ、パン、フォロは綱吉っつぁんが開いたお寺に眠っておりますぜ。
Commented by marie at 2012-08-08 10:00 x
いつも思うのですが、お食事の量が多いですね!
年をとつたから余計にそうおもうのかな~。私はちょうど写真の半分か3分のⅠがいいかな・デセールだけでもおなか一杯になりそう。
日本の関西は35-37度の暑さ。とうとう、グロツキーとなりました。
半分眠りながら何とか、病気にならないですごしていますが・・。

お父様はその後いかがなさつていますか?
時々おもいだします。
Commented by ma_cocotte at 2012-08-13 03:30
+ opera さま、

仏蘭西びとは犬に「Vous」で話しかけるのですぜ。
先日もおまわりさんにあまりにも甘美に声をかけられた
拙犬です。郵便配達のムッシュウにもそれは優しく扱われた拙犬。
仏蘭西びとはなぜこんなにも犬猫にだけ優しいのだ?

黄檗宗のあのお寺は綱吉っつぁんが開いたお寺だったとゎ。
Commented by ma_cocotte at 2012-08-13 03:37
+ marie さま

仏蘭西の田舎ですと定食はこれくらいの量ですね。
写真だと多く見えるのかもしれません。

こちらも木曜あたりから連日、かなりの猛暑で、私はどうも
暑さが原因の蕁麻疹を発症してしまったみたいなのです。
悪化すると面倒なので午後は家でぢっとしていますが、涼しさが
戻るのは午後8時過ぎなので、何もできません。
marieさんがお住まいのあたりは盆地なので暑さ厳しいのでは
ありませんか?そうかといって冷房や扇風機でお身体を壊してしまっては
大変です(・・・と、きょう、電話で父に同じことを言った私です)。
marieさんもどうぞ無理をなさらずご自愛くださいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 暑くて、だらだら ++憩い++ >>