<< CTC製法を求めに求めて、 大英帝國からの小包 >>
大英帝國からの小包の中は、
コレ でした。
b0070127_21335596.jpg

Yorkshire Tea という名の、世界中の紅茶通に愛飲されているCTC製法の紅茶葉です。
しばらく前、友人からCTC製法の紅茶をもらい、一度飲んだら止められなくなってしまったのです。これまでの紅茶の概念を壊す紅茶製法では、と思えるくらいの衝撃度。

ココんちのあたりは英国人が多く移住しているし、地図で見れば間に海があるとは言え大英帝國は仏蘭西の隣国です。市内の紅茶を扱うお店5軒を訪問し、CTC製法のお茶を求めましたが、いずれのお店にも置かれていないので、ココんちに戻り、こんぴーたで通販検索したところで世界中の通に愛されているYorkshire Tea マージン付価格しかありません。だったら、大英帝國の直売に依頼した方が良かろうと判断し、注文してみたのでした。


b0070127_21461039.jpg

私にとって初めてのYorkshire Tea なので、元祖赤ラベルをいただくことにしました。
さて、通の間でのお約束ですよ。

b0070127_21465199.jpg

↑ 牛乳をそそぐ前の、コーヒーと見間違えるほど濃いYorkshire Tea ↑
そして、
↓ 温めた牛乳をそそいだ後のYorkshire Tea ↓ です。

b0070127_21495966.jpg

私は初心者ですから、もちろん角砂糖も落としていただきましたよ。
ひとくち含むと同時にそこは大英帝國です。
仏蘭西にも仏蘭西らしい紅茶が数ありますが、なんなんでしょうね、何か違います。

まぢ、デラうま。これだけ濃い色なのに渋味がまったくありません。
しかも、まろやかなのです。
た、だ、し、牛乳を加えないと、ゲロまずと言えてしまうかも・・・。

いや~、世間の噂に乗って買い求めて良かったです。

今回、写真を撮るために、紅茶、牛乳の順番でマグカップに注ぎましたが、普段の私は必ず牛乳、紅茶の順番でカップに注いでいただきます。この注ぐ順番、些細なことのようで些細でないらしい です。


le 14 juin 2013, Elisée

[PR]
by ma_cocotte | 2013-06-14 21:56 | The ou Cafe? | Comments(3)
Commented by al_lamia at 2013-06-16 20:15
お紅茶でしたか?
ん〜〜〜興味はあるけど・・・注文までの度胸は・・・ですね
Commented by ma_cocotte at 2013-06-17 20:45
+ al_lamia さま、

Yorkshire Tea は日本ではAmazonでも買えますよ。
牛乳なしではまずくて飲めませんが、牛乳を加えたら、うんめぇのでぜひ!
Commented by al_lamia at 2013-06-20 18:36
悩みところですねぇ〜〜〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< CTC製法を求めに求めて、 大英帝國からの小包 >>