<< ただ今、かっとばしてます。 夏至の夜の空 >>
夏至の一夜の喧騒
夏至を迎えて一週間。ココんちあたりは相変わらず寒いし、天気も今ひとつであります。
が、今年も例年通り、夏至の夜は天気が冬のようであろうとなかろうと素人演芸が巷で深夜まで披露されました。
b0070127_22441064.jpg
観光案内所でもらった旧市街の演目案内図を携えて、いざ!


b0070127_22501349.jpg


b0070127_225034100.jpg
↑ 市役所正玄関前では合唱 ↑


b0070127_2253610.jpg
↑ 川べりではジャズのような ↑


b0070127_22541244.jpg
↑ スウィングアウトシスターっぽい歌でした、はい。


b0070127_2255379.jpg
↑ 唄うおねいさんのストッキングの伝線はワザとなのだろうか? ↑


b0070127_22563138.jpg
↑ ブラジルの何かなのだそうだ。何? ↑


と、旧市街の中をぶらーりぶらぶら、ぐるーりぐるぐると数時間。
b0070127_22591037.jpg

気づけば夜は更け・・・と締めくくりたいところですが、夏至の夜のここんちあたりが真っ暗になるのは23時を周ったあたりでした。


le 28 juin 2013, Irénée

[PR]
by ma_cocotte | 2013-06-28 17:05 | 『夏』 Rien de spécial | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ただ今、かっとばしてます。 夏至の夜の空 >>