<< 第七位と第十位 仏人が留守の間に、 >>
いつのまにかハナシがズレてる。
何のハナシかって?
麻生太郎副総理が7月29日、東京都内でのシンポジウムでナチス政権を引き合いにした発言 についてのハナシです。↑ をクリックすると、朝日新聞に掲載された麻生発言のディクテを読めます。記事ではなくディクテです。

きょうは8月7日なので9日が過ぎたことになりますか。
事件直後からの世間の騒動は、以下をご覧いただくとざっとわかりやすくなっていると思います。
Yahoo!みんなの政治 麻生氏「ナチス発言」の真意は
http://seiji.yahoo.co.jp/close_up/1347/
「発言を読み解く」の中で、田原総一郎氏の意見が私個人はうなずくばかりで、これ以上もこれ以下もありません。極東の島国とは言え、日本國という国の首相、外務大臣を既に務めた麻生氏が公衆でナチス関係の単語をお口から出されたことが「単純に」国際においてよろしくないのです。麻生氏であろうとなかろうと、その発言者個人がナチスを肯定しようが否定しようが、そんな個人の嗜好、思考なんぞ「あっしには関係ないこと」であって、繰り返しますが、単純に公衆でナチス関連鍵語を出されたことがマズいのです。だから、欧米のマスコミにおいては首相、外務大臣経験者であり、現在は副総理という重職にある政治家がナチス関連用語を用いてインタビュウに答えたにも関わらず辞任にもならない日本という国を世間に冷静に知らせているだけなのです。

ところが、です。
日本國という国の中ではこの九日間にこの話題について話がどんどん膨らみ、麻生発言の真意を読めない読み手がおかしい、反語もわからない読み手がおかしい、麻生氏発言はなんら悪くないのだ、という意見が電脳内に飛び交うようになりました。いつのまにかハナシがナチスの単語を公衆でお口から出した麻生氏についての批判ではなく、麻生氏の発言というか日本語を読めないひとについての批判です。7月29日のシンポジウムの会場で麻生氏の発言を拝聴した周囲のひとびとは全員反語だとわかったので笑いが起こった、と断言する ブログ まであり、私は驚きました。その笑い声は失笑、冷笑も含まれていたのではありませんか?なぜ「好意的な笑い」だったとブログ主は断定できるのだろう?
上に出した  Yahoo!みんなの政治 麻生氏「ナチス発言」の真意は をスクロールすると「みんなの意見」のコーナーがあり、フェイスブックやツイッターに投稿された意見を読むことができます。麻生発言を歪曲して記事にした記者が悪い、麻生発言の日本語を読み取れない個人が悪いというコメントの繰り返しですが、そんな記者や読み手のことなんて、国際においてどーでもいいことですよ。話題を逸らすな。

だって、公衆でナチス関連の用語を用いた人物、すなわち、麻生太郎氏が問題なんだから。┐(-д-`;)┌

霞ヶ関におかれましては首相や外務大臣に就任するにあたり、海外のタブーを何も教えないのかしら?麻生太郎氏は欧州では珍しくホロコオスト教育を行なわない大英帝國に留学されていたことで今の今までナチス無知だったのか、それともご自分の中で確信あっての発言だったのか。

昨日8月6日付の、こんな記事を読みました。
Business Media 誠
麻生氏「ナチス発言」騒動の本質は、「ナチスの手口」を学ばないと分からない
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1308/06/news022.html
文中に「発言の一部を切り抜いてツギハギし、「問題発言」として火をつけ海外メディアに叩かせる。その反応を“逆輸入”してさらに騒ぐ。」とあり、読み続けると海外メディアの記事が「自国の利益のため“もめ事”をつくりだデマ宣伝」だから、
デマ宣伝の犠牲にならぬよう、
日本人もナチスの「手口」を真剣に学んだほうがいい。
と締めくくられています。となると、海外情報を逆輸入して更に騒ぐのは日本人ですからして、三次元においても電脳においても日本と日本語圏内を完全に鎖国すればナチス関係の単語を公衆で出したところで何のお咎めなしとなります。そこまでして、ナチスの話題を公衆で出すことを肯定したいですかねぇ。今回の一件、海外メディアは触れますよ、はい。

いくら極東の島国の中の一ポイントでの有名政治家の発言であっても、海の向こう、国際におけるタブーに触れることを甘やかし、「ナチス否定者の発言だから大丈夫、大丈夫。問題ない」と麻生副総理を庇うために、問題視した記者や読み手の日本語の能力を「理解不足」と断定して、「理解できる日本人」「理解できない日本人」と二分することでナニが解決するのでしょうか。(今となっては何が規準かさえわからないけれど)麻生発言を好意的に読めない人を追い出して、同じ意見の者だけ集うまで、麻生発言を好意的に読めない記者、読み手を叩き続けるのかなあ。世界を敵にまわしているよね。世界の常識の外だもの。

ところで、タブー (taboo) とは、【もともとは未開社会や古代の社会で観察された、何をしてはならない、何をすべきであるという決まり事】なので、日本は21世紀の今も未だ未開社会なのかもしれません。日本國が一日も早く国際社会の中の一国となれますように。

いずれにせよ、【日本と欧米の間にはナチスについてかなりの温度差がある】ことはいっそう鮮明になりました。


le 7 août 2013, Gaétan

[PR]
by ma_cocotte | 2013-08-08 01:17 | 『?』な日本國 | Comments(10)
Commented by 通りすがり at 2013-08-08 07:19 x
おっしゃる通りですね。
しかも、こういうことも指摘されています。

http://togetter.com/li/544013
Commented by ma_cocotte at 2013-08-09 20:43
+ 通りすがりさま、

添付URL、拝見しました。
うなずくことばかりでした。
私も麻生氏の歴史修正について引っかかっています。
ナチスが全権委任法を可決し、憲法が死文化したという過去が
今の日本の現実にどこか重なるような気がしてならないのです。
Commented by 伊望 at 2013-08-10 10:08 x
ここに書かれていた通りの不満を日本の報道・インターネットで感じています。麻生氏は留学経験もあるはずが、欧米のナチス・タブーをまったく考慮しないのはなぜ?と思ってしまいました。

欧米なら、ナチスを引き合いに出した段階で大臣罷免確実発言ですよね。
Commented by al_lamia at 2013-08-10 18:58
・・・・・ あの方。首相時代から・・・ですから
選任を誤った・・・いえ、やはり・・・リスク承知の・・・かしら?
 
ん〜〜〜 極東の島国の地方都市では そこまでは知りませんでした
Commented by ma_cocotte at 2013-08-10 20:32
+ 伊望さま、

伊望さんも電脳域の日本語世界においてのこの話題の問題点が
ズレ始めていることに疑問を持たれましたか。
一般の意見を読めば読むほど、薄気味悪さまで感じ始めている
私です。変ですよ、変。

麻生氏は英国留学だったことでホロコースト無知なのではないかと
私は想像しました。数年前にハリー王子がナチスタブーに触れたことで
ようやく英国がホロコースト教育改善に動いたようなものですから、麻生氏が
留学した時代、偏見がはびこっていたのも当然と申しましょうか。
ただ、麻生氏だってアジア人ですからねぇ。

今回の麻生氏発言は欧米では即刻バイバイですね。独逸だったら
プリゾンで少なくとも一夜だったでせう。
Commented by ma_cocotte at 2013-08-10 20:36
+ al_lamia さま

ほんとおっしゃるとおりで、麻生氏の毒舌はわれわれもわかっちゃ
おりますが、時が経てば経つほど、麻生氏は確信犯、麻生氏はタヌキ
ではないかと疑ってしまうというか・・・なにか変ですよね。

憲法を死文化する「何か」をナチスのごとく21世紀の日本というか
自民党が作ろうとしているのですかね?麻生氏の頭には既にその
構想があってのアノ発言だったのかも・・・・と思うと、日本は未開社会であり、
国際舞台に立つ基礎がなんらできていない富裕国なのだと思います。
Commented by 伊望 at 2013-08-10 22:31 x
麻生氏の発言をみると憲法改正云々の前に、法の支配の軽視・議会制民主主義の軽視を感じます。
英国留学してるのですから、偉大な議会人グラッドストーンとか、英国議会の機転が利いてかつ論理的な議論方法とか学べばよかったのにと思います。何してたんでしょうね?
Commented by ma_cocotte at 2013-08-11 19:40
+ 伊望さま、

ソコなんです。つまり「法の支配の軽視・議会制民主主義の軽視」。
これ、ナチスが5年間有効の時限立法「全権委任法」を可決し、
憲法を死文化してしまった事実に重なりませんか?
今の私はこの観点で、麻生氏の頭にはこの構想が既にあることで、
あのような発言が口から出たのではないかと想像し始めています。
自民党が日本国憲法を死文化できる「ナニカ」を可決成立するなんて
計画していたらどーしましょ?
Commented by siojake at 2013-08-16 00:57 x
遅ればせながら読みました。
日本人2名の我が家でも「その文言を公に使うことがそもそもorz」で一致してました。

よくグローバルとか何とか言うけど、それが単に語学力の事だけ指してたりするのが残念というか。
日本にはない常識やらタブーやらをそれなりに学ばんとマズイよね。。。
Commented by ma_cocotte at 2013-08-18 03:11
+ siojakeさま、

本当に。
グローバルとか国際とかいくら繰り返しても、このような
ドメスティックな甘さを披露してしまうとはねぇ。
海外のマスコミを日本が騒がせて、騒動を逆輸入して更にさわぐ
なんて弁護まで読みましたが、今回の件で外国メディアが動いたのは
単純にこのような発言を閣僚がしても辞職もしないでいられる日本という
国に驚いているだけなんですよね。別に麻生氏のナチス好き嫌いなんて
どうでもいいことなのに、日本国内ではどんどん話が別の方向。
泣けますわね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 第七位と第十位 仏人が留守の間に、 >>