<< 祈りながら働いて 胸に輝くご尊影 >>
祈りながら働くひと、働きながら祈るひと
ブルゴオニュはラ・ピエル・キ・ヴィル La Pierre qui vire にて。
b0070127_19434440.jpg
売店でイ動く修道士さん

わかる奴にだけわかればいいことですけれど、修道士さんのお召し物は私服ではなく、上半身は男子ベネディクト会の制服なのです。わかる奴だけにはわかることですが、フードの形で制服だとわかるのです。

さて、このラ・ピエル・キ・ヴィルというところ。
車がある今の時代ならば行けるところですけれど、車がない時代だったらそう簡単には行けないところにあります。
上手に説明できませんが、車で山の頂上まで昇ると、そこに谷があり、その谷の斜面にそれは広大なベネディクト会の修道院があるのです。その名は聖母マリア修道院 Abbaye Sainte Marie de la Pierre qui Vire
これはル・ピエル・キ・ヴィルの聖母マリア修道院の全景の模型。
b0070127_19512066.jpg

山頂の谷間にある修道院なので、車でその場を去ると一分もしないうちに修道院の影も形も視界から失せてしまいます。中世の時代ならば「隠遁修道士が生きる場」だったのでしょうね。そんな不便な場所にある修道院ですのに、建物は全て立派で今の時代の設備が整っているし、売店の品揃えにしても(良い意味での)富裕さが感じ取れます。


ベネディクト会ですので、巡礼宿 があります。写真突き当りがそう。
b0070127_20361058.jpg

巡礼宿の玄関。さりげなく、聖ベネディクト。

b0070127_20364348.jpg

玄関扉上のタンパン。さりげなく羅典語の標語が。

b0070127_2038880.jpg




巡礼宿の裏に行くと、聖堂。この聖堂、古い聖堂を新しい建材で覆ったものです。
b0070127_20391724.jpg

外見はこうですが、中に入ると古い聖堂。ただし、ステンドグラスなどは新しいものに入れ替えてあります。

b0070127_20414859.jpg

b0070127_2042527.jpg


見学しつつ、このような山頂の谷あいなのに、よくもまあ、こんなに立派な建築物が点在し、共同体が生きているものだと感心します。私の耳に漏れ聞こえてきた話では、どうやら独逸からの寄付が多く届く修道院らしく、潤っているように感じ取れるのだと言うこと。

こちら ↓ はアトリエ、工房がある建物です。
b0070127_204711.jpg

この修道院について驚くべき話がもうひとつ。
それは、こんな山頂の山奥の谷にある修道院ですのに、志願者が絶えないということ。
既に迎え入れられた修道者が今年9月の時点で50名。最年少が19歳、最年長が98歳ですと。

私が富裕に感じ取れたのは建造物だけでなく、そこに生きている修道士方の働きのおかげだったのです。

le 28 octobre 2013, Jude

[PR]
by ma_cocotte | 2013-10-28 19:54 | 『巡礼』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 祈りながら働いて 胸に輝くご尊影 >>