<< ぼぢよれぬぅヴぉ ミ ド リ ノ マ キ バ >>
ハ ツ シ モ、そして
きょうの朝、雨戸を開けたら、窓の外が銀色に染まっていました。
b0070127_21485999.jpg
初霜が下りたようです。

これは想定外でありました。
確かに先週末からはっきり、しっかりと「冬が来た」実感がありましたが、昨日はそんなに冷えていなかったし・・・フランスが来年のサッカーヲールドカップに出場が決定したし(全然、気候に関係ない)、まさか霜が下りるなんて。大地だけでなく、家々の屋根も銀色がかっていたきょうの朝です。

となりますと、外の水道の元栓を今日中に締めないとなりません。
となりますと、外の水道の元栓を閉める前に水を使う労作をすぐに始めなければなりません。

夏に使ったテーブルと椅子を洗い、ガレージにしまわねばならないし、寒さのあまりサボっていた来年春以降のための球根を鉢植えせねば・・・と、重い足腰に言い聞かせて、午前中、庭の労作に勤しみました。(天気で良かった)

b0070127_221342.jpg
この秋になり、テレビ番組やフェイスブックの情報で興味を持った球根のダブルデッカー、トリプルデッカー植えに挑戦してみました。一番下にスイセン、次にチューリップ、その次にアネモネとし、最後にミニシクラメンで「見た目の冬鉢」でまとめました。芽が出るかしら?・・・・とても心配ですが、午前中の庭の労作を終えたところで、外の水道の元栓をしっかり締めました。今度、元栓を開くのは来年の復活祭が過ぎた頃になります。一年、早いね。

le 20 novembre 2013, Edmond



【余 談】
写真に映る折れ曲がったシャベルは、大昔、大英帝國はキュウガアデンで買ったシャベルです。こんなに折れ曲がっても、使いやすさは一番。まここっつぁんの手放せない愛用品です。本当にぽきんと折れて使えなくなるまで、使いますよ。園芸用品は英国製がお勧めです。
[PR]
by ma_cocotte | 2013-11-20 22:05 | 『冬』 Rien de special | Comments(4)
Commented by kaocin at 2013-11-26 09:57 x
初めてヨーロッパに行った時のクリスマスの朝、
ホテルの窓を開けたら街が真っ白になっていたのに驚きました。
雪が降っているわけでなし・・・「あ、霜!」
日本であれば雪が降るような寒さ。
ヨーロッパは乾燥している、と改めて感じました。
ヒートアイランド・東京で冬を感じると言えば、
西高東低、雲のないまぶしいくらいの青い空でしょうか。
気圧が安定しているこの時期に体を鍛えねば。
Commented by ma_cocotte at 2013-11-27 00:14
+ kaocin さま、

感動的な朝ですね。
私も生まれて初めての欧州で、初めての朝を雪で迎えました。
1993年11月24日、パリで。
メゲズに外に出たら、肌が切れるような空気。
ところが、しばらくして肌がツルツルになったので驚いたことも
覚えています。美容にいいのかしらね?

・・・フランスの11月は「うつ病発症の月」ですが、日本は
紅葉に、冬晴れと師走を迎える直前の心躍る月なのかも。
Commented by kaocin at 2013-11-27 16:52 x
「うつ病発症の月」。
日本でも秋は発症が多い、あるいは悪化すると、医者が言っていましたね。
「秋の日はつるべおとし」で暗い時間が長くなることが原因だそうです。

私が初めて霜に気がついたのは、ミュンヘンの安ホテルでした。
朝ごはんに、薄い、うすぅ~~いシュトーレンが、2枚、
添えられていたのが思い出です。

冷気にお肌ツルツル。
いい刺激になるのでしょうか。水で顔を洗うか…
Commented by ma_cocotte at 2013-11-27 23:55
+ kaocin さま

暖冬傾向であっても、日照時間のせいでうつむき加減になってしまうのですかねぇ。
11月になると揉め事が増えるように思うので、気をつけなくっちゃ。

私はドイツに行ったことがないので、何もかも想像域なのが悲しいです。
特にドイツの食について、いつか安物でいいから本物をいただいてみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ぼぢよれぬぅヴぉ ミ ド リ ノ マ キ バ >>