<< クレエプを食べずにアングレエム... パンの道に戻ってまいりました。 >>
2014年の2月2日は日曜日
b0070127_7372160.jpg

そう、毎年2月2日は仏蘭西の暦においてラ・シャンドルゥル La Chandeleur と呼ばれるお祭り日で、この日にまあるいクレエプをいただく習慣 があります。

十年一昔前までは、2月2日の一週間前くらいになるとスゥパァマルシェにクレエプの特設売り場が設けられ、小麦粉、そば粉にジャムやフルーツ煮の瓶詰め、クレエプ専用のフライパンと道具に加え、シードル酒が並んだものですが、近年は1月6日のガレット・デ・ロワを食べるお祝い日が終わるや否や、クレエプのコーナーがお目見えするようになり、一方で市井のお菓子屋さんやパン屋さんでは2月2日までずーっとガレット・デ・ロワやクロンヌ・デ・ロワが買えるようになりました。習慣なんていとも簡単にチェインヂするものだと実感。

そんなわけで、今年も2月2日を迎える前にクレエプを楽しみました。
写真はデセエルなので、白い、小麦粉のクレエプに猫飼い友さんからいただいた手作りのリンゴ煮とバニラアイスクリイムに地元産のキャラメルソースをかけてみました。大好物なのです。


le 2 février 2010, Théophane

[PR]
by ma_cocotte | 2014-02-02 07:50 | 『冬』 Rien de spécial | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< クレエプを食べずにアングレエム... パンの道に戻ってまいりました。 >>