<< 勧められるがまま、 らも+Rameaux+枝の主日 >>
ご復活まで、あと数時間
ことしの復活祭は4月20日。
正確には19日の日没からキリスト教の復活祭の行事、復活徹夜祭が始まります。
そんなわけで、土曜日の夜明け前から、どこの朝市もそりゃ大賑わいで、老若男女が野菜、お肉、お魚、果物、おつまみ、チョコレエトにお菓子にパン、そしてお花を買い漁るのです。

ま・ここっつぁんものこのこと午前中、旧市街の朝市にでかけ、買ってまいりましたよ。
b0070127_19255661.jpg
Le nid de pâques

「る・に・ど・ぱく」、和訳しますと「復活祭の鳥の巣」
復活祭にいただくケーキです。
スポンジケーキとバタークリームで鳥の巣の形を作り、真ん中に卵の形をした砂糖菓子かチョコレート、マジパンのひよこさんなどを置いて、演出します。味はみんなたちのご想像とおり。素朴ですが、これをいただけば復活祭を実感し、春の到来も実感できます。今年の復活祭は移動祝祭日とは言え、例年に比べかなり遅いので、春爛漫・・・と言いたいところですが、ココんちあたりは中西部ですので、未だ朝昼晩の寒暖差が激しく、午後の、ほんの数時間だけの暖かい時を利用して上手に動くようにしています。


le 19 avril 2014, Timon

[PR]
by ma_cocotte | 2014-04-19 19:33 | 『春』 Rien de special | Comments(2)
Commented by m-rica at 2014-04-19 19:47
子供の頃 教会の庭で色とりどりの玉子を探したのが
懐かしく思い出されます なんだかウキウキしますね*
Commented by ma_cocotte at 2014-04-19 22:46
+ m-rica さま、

教会学校に通っていらしたのですね?
写真のケーキは、本当にグッドタイミングで買うことができました。
でお・ぐら~しあす!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 勧められるがまま、 らも+Rameaux+枝の主日 >>