<< 悲しくて、どこか同情を覚えてし... 猫はいいなあ、 >>
大風が止み、太陽が出た隙に、
犬の散歩に出なけれヴぁ。
b0070127_041421.jpg

なんだかココ数日、雷が落ちたり、一晩中雨が降ったり、大風が吹いたりと。その合間にカっと太陽が出、青空も広がりますが、強風ゆえかすぐに空は銀灰色となり、窓を打つほどの雨が降り、そして、また止み・・・の繰り返しです。
太陽が昇ると、気温も急上昇するので、ココんちの暖房のスイッチを止めますが、止めたまま朝を迎えると、かなりの寒さとなり、再び暖房のスイッチを入れます。これもまた繰り返し。

そんなくるくる変わるお天気ですので、雨が苦手なま・ここっつぁんはココんちに篭っていたいけれど、ココんちには2011年6月から犬がいるので篭ってもいられません。窓の外をちらちら見ながら、散歩に出れそうだとわかったら飛び出なければなりません。
上の写真は午後7時50分に撮りました。雨が止んだのが午後7時過ぎ。急いで支度をして散歩しました。雨上がりの歩道はカタツムリとナメクジだらけで気持悪かったです・・・・。

午後8時頃でも外が明るく、お散歩も安心にできることに感謝でした。

・・・けれど、暦の上ではメイの後半ざます。
イイ加減、暖房のスイッチを切り、美しい青空と緑を心地よいそよ風の中拝みたいであります。まだ、マフラーを巻いて外出しているのですぞ。


le 23 mai 2014, Didier

[PR]
by ma_cocotte | 2014-05-23 00:13 | 『春』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 悲しくて、どこか同情を覚えてし... 猫はいいなあ、 >>