<< いろいろと、見切り発車 今の時季、買わねヴぁならないもの >>
踏んだり、蹴ったり、転がしたり
昨晩、世界蹴球大会で仏蘭西がホンデュラスに3対0で快勝し、安堵した翌朝、仏蘭西共和国内ではバックと略されるバカロレア baccalauréat 試験初日を迎えました。初日の試験科目は伝統に則り、哲学試験でござんす。朝一番でお題をもらって、作文に集中するなんて18歳だからできることではないかとつくづく思います。

そんなバカロレア初日。
仏蘭西共和国内では国鉄ストライキ第六日目を迎えました。6日前から仏蘭西共和国内の国鉄は間引き運転を続けています。地方によってその間引き具合も異なりますが、ココんちあたりは半数が運行取り止めらしいです。数年前、私が里帰りする際、(そう、あれは確か水曜日だった)、国鉄ストライキと噛んでしまい、本当ならば午前11時半過ぎに乗るはずだった列車が運休となり、朝7時すぎの列車に乗らなければならなかったことを思い出しました(悪い思い出はできるだけ早く忘れるように努めているのに、どうも未だ自分の脳内フロッピーに残っていたようです)。

仏蘭西の国鉄のシステムと国民の生活との関係は日本國のそれらとは少し違うので、バカロレア試験にそんなに影響するとは思えませんが、そう私が思うのも弱小零細地方都市のハズレに住んでいるからかもしれません。

まあ、こういう事柄でも「せ・ら・ヴぃ C'est la vie.」と簡単に割り切る仏蘭西びともいれば、瞬間着火して「めるど、めるど」と叫んでうろたえる仏蘭西びともいる(かもしれません)。いずれにせよ、きょうの朝も早よから、バカロレア試験受験会場で机に向かい、ワケわかんねーお題についてペンを走らせている若い衆が善くチカラを発揮できますようにと祈るばかりです。

けんども、私ゃ、今宵のポルトガルvs独逸戦が気になって、気になって。
ええ、あいもかわらずポルトガル贔屓です、あたくし。
神聖ロオマ帝国など蹴散らして欲しいわい。
祈り倒してやるぜ、べいべ。

le 16 juin 2014, François-Régis

[PR]
by ma_cocotte | 2014-06-16 17:45 | 『春』 Rien de spécial | Comments(2)
Commented by joyママ at 2014-06-17 23:44 x
笑わせ 頂きました。
イタリアのショペロを 思いだします(^_−)−☆
Commented by ma_cocotte at 2014-06-18 15:16
+ joyママさま

国鉄ストライキは続くよ、どこまでも~♪ (字余りw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< いろいろと、見切り発車 今の時季、買わねヴぁならないもの >>