「ほっ」と。キャンペーン
<< もういい加減にしてっ! またあ... 「何でも」買えそうで買えない仏蘭西。 >>
フランスの朝は残パン整理で始まる。
過去に何度か「フランスの朝食はさぞかし美味しいのでしょうね?」と友人や知人から聞かれたことがあります。更に「朝から焼き立てのクロワッサンとカフェオレなのでしょ?」と言葉が続くこともしばしば。確かに観光地のカフェの朝食はオレンジジュース,カフェオレかショコラ・ショ(ホットココア),クロワッサン,タルティーヌと呼ばれる縦割りに切ったバゲットとジャム&バター)という内容です。毎日カフェで朝食を取っているなんてよほど「特別」か「ワケあり」なヒトでしょうね。ちなみに同じメニューでも南仏エクスのカフェの朝食はパリのカフェの朝食の1/2の値段,マルセイユのカフェならエクスより更に安く食べることができます。
早朝薄暗い外を眺めるとムッシュウが買ったばかりのバゲットを抱えて歩いているのを見かけることがありますが,フランスのごく普通の家庭では前日夜に余ったパンを朝食で消化することが多いのです。例えばこんな感じ(↓)。
b0070127_21482619.jpg
左上Biscotte  ビスコット (ラスクのようなもの)
左下Pain  簡単に腐ることができないパン 
(写真はGâche vendéenne ガシュ・ヴァンデエンヌと呼ばれるVendéeヴァンデ地方特産のブリオッシュ)
右上Café au lait  カフェ・オ・レ
右下Confiture et beurre  ジャム&バター
(バターは前日夜に冷蔵庫から出し柔らかくしておくのが通)
他に,Jus de fruit  ジュース(オレンジ,リンゴ,マルチヴィタミンなど)
b0070127_433612.jpg
さてここで【フランス人の朝食作法】
を紹介いたしませう。まず前日夜のかたくなったパンにバターをべっとり,その上からジャムをべっとり乗せます(写真右)。
それをカフェオレにどぼっと漬けて口に運びます。入れたてのカフェには見る見るうちにバターの脂による極彩色の弧が描かれます。パンを食べ終わり,残ったカフェオレに角砂糖を落とし,一息に飲んで朝食は無事に終了。
ま,傍で見ている日本人のわたくしからはっきり言わせてもらいますが,

Dégueulasse! デギュラァス! おえーーっっ!

漬け具合に失敗してジャムがドボンとカフェに落ちた日にゃあ・・・Oh là là!
カフェボウルの底からカフェが絡まったジャムがどろりと出たらリンダさんが困っちゃいます。
私もかつて怖いもの知りたさで一度だけマネをしましたが,砂糖入り脂こってりの生ぬるいカフェはまずい。(きっぱり)
しかも節約好きかつ時間のないフランス人はインスタントカフェや粉末チコリカフェ,ネスクイックのいずれかに粉ミルクをいれお湯で溶いたものを飲んで済ませます。おそらく日本人がフランス家庭にホームステイをしてまず驚くことはこの朝食の質素さでしょう。何が何でもフランスにかぶれたい方にはこの作法で朝食を召し上がってみてはどうでしょう? これぞ,まさにフランスです。

そんぢゃ美味しいバゲットはいつ食べるの?
となりますが,お昼や夕食のおいしい料理と一緒に食べます。花の都おパリはともかく地方都市ではパパもママンもお昼は家に戻って子供と一緒にきちんとした食事する人が今でも多いフランスです。おいしいサラダや惣菜とカリカリモチモチの焼き立てのパンは本当に合います。
「・・・生きてて良かった」

そんぢゃそんぢゃクロワッサンは?
クロワッサン,パン・オ・ショコラやブリオッシュはViennoiserie(ヴィエノワズリ)と呼ばれ,Quatre heures(キャトルー,おやつ)に好んで食べます。ママンが途中のパン屋さんでヴィエノワズリを買って学校まで子供を迎えに行ったりします。もちろん朝食だけではお腹が満足しないワケーモンが出勤途中で買って歩きながら食べている姿もよく見かけます。というわけでおいしいヴィエノワズリがパン屋さんで買えるのは午前7~8時頃そして午後4時頃です。

私が朝食で好んで食べるものはフランスで見つけた摩訶不思議ですが,それはまた次の機会に紹介させていただきます。
[PR]
by ma_cocotte | 2005-03-17 00:36 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(25)
Commented by spruce at 2005-03-17 00:24 x
プルーストの『紅茶にマドレーヌ』は、コレに比べると上品ですね~
ところで、上の写真のジャムの容器、白くて可愛いですね。陶器ですか?
Commented by ma_cocotte at 2005-03-17 00:27
◎spruceさま,ジャムは先日紹介したBonne Mamanの新製品ですよ。ガラス瓶です。
紅茶にマドレーヌは朝から食べません。キャトルーです。薔薇色のシャンパンクッキーで紅茶です。マドレーヌよりもっと上品ですよ。
Commented by Marcellin at 2005-03-17 00:39
私。。。フランスにいたとき
タルティーヌ(縦でなくって輪切り?だったのですが)を4切れ
(バターが余りにおいしいのでそれ以外はほとんどつけませんでした)
カフェオレ、ヨーグルトを食べていたら大食いだと言われました。
ヨーグルトがいけなかったのか(笑)

健康オタクのママンだったので、パンは全粒粉のだったのですけど
一週間に2回買いに行くくらいでした。
でっかいのを毎日すこしづつ切ってました~。

クロワッサン。。。見たことなかったような。

私あれ好きなんです。コーヒーに角砂糖いれてガジガジ。
バター付きドボンはできませんでした。。。


Commented by ma_cocotte at 2005-03-17 03:15
◎Marcellinさま,朝ごはんにヨーグルトはフランス人はびっくりかも?
日本人からするとあれだけむしゃむしゃ食べてヨーグルトが入るお昼や夜ご飯の方が不思議よね?
ホームステイしたお宅には保存食系クロワッサン,パン・オ・ショコラ,ブリオッシュなどはありませんでしたか?なぜあんなに日持ちするのか最初はわからなくて手をつけませんでしたが今は平気で食べている私です。

コーヒーに角砂糖を漬けて吸い込んだところで口に突っ込むアレですね?
いやー,Marcellinさん,かなりフランスの習慣が身についていますね。
Commented by spruce at 2005-03-17 12:12 x
「バターコーヒー」なるものがうちの近所の喫茶店にあるらしいです。
でもジャムは...
どのジャムが一番コーヒーにあわないか、人に試させてみたいです。
マーマレードかな?
Commented by ma_cocotte at 2005-03-17 13:17
◎spruceさま,パンを珈琲やショコラに漬けるのは固くなっているせいもあるだろうけれど,カフェの朝ごはんでも焼き立てのパンをどぼんとつけて食べるヒトがいるのを見ると習慣かもしれませんね。珈琲に落とさずに食べるのが「プロ」らしいですよ。
Commented by Marcellin at 2005-03-17 15:29
いたお家にはブリオッシュとかなかったのです。
というのも、下の娘さんがアレルギー持ちで。
牛乳も豆乳。ヨーグルトもsojyasunとかでした。

自分ではよくcasinoの中のパン屋さんで買ってたんですが。
そんなに持つものなんですか~?
Commented by ma_cocotte at 2005-03-17 15:39
◎Marcellinさま,普通のパンコーナーと別に袋に入ったヴィエノワズリのコーナーがあるでしょう?朝食コーナーやジャムコーナーの近くにたいていあるのだけど。売っているのは10個いりのパンオショコラ,パン・オ・レなどなど。あれは気味悪いほど日持ちします。でもみんなの籠の中に入っているので私も買うようになってしまいました。(爆笑)

カジノのパン屋さんは食パンが売っているので私も愛用していました。
おいしかった!
Commented by noir at 2005-03-17 18:00 x
ひ~!なんて大胆な食べ方なのだ。さすがおフランス人。
まるで、残った冷ごはんにお味噌汁ぶっかけちゃうような感覚ですね(ちと、違う?)。
私は残ったバゲットはフレンチトーストにして食べたりしますが、フレンチトーストって、ほんとにフランス人も食べるのか?!
Commented by ma_cocotte at 2005-03-17 18:03
◎のわ~るさまのおっしゃるとおりざますよ。前日夜の余った冷ごはんにお味噌汁をかける!まさにその感覚とその精神だと思います。

びんご!(なんかすっきりした)

フレンチトーストですが,フランス人は知りません。(大爆笑)

Commented by spruce at 2005-03-18 10:14 x
ジャムひと瓶を三日で完食....
フランス人にとってジャムは嗜好品じゃなくて基本食材なのですね。
日本人にとっての漬物や海苔みたいなものでしょうか?
そんなにジャムの消費量が多いと、いろんなジャムが試せていいですね。うちは2週間前に開けたマーマレードがまだ半分以上残っています。
Commented by ma_cocotte at 2005-03-18 15:50
◎だってspruceさま,この瓶の中身は190gですよ。
一度で足りなくなって怒っているヒトもいるのではないかしらん?

ジャムは基本食材ですよ。贅沢品認定はされていません。
ジャムはフランス人にとって当たり前なので冒険はしません。
アイスクリームもそうですね。

上のボヌママンの白瓶ですが苺ミント,栗オレンジなど変な味の羅列なのでハケが悪いですよ。変な味は日本に送ってデンパクにうまく宣伝してもらえばヒット!食べ物に限ったことぢゃありませんけど(失笑)。
Commented by spruce at 2005-03-18 16:37 x
アメリカにはもっと変なものがありましたよ。
ガーリックラズベリーとか。肉料理に使うのでしょうか?

おフランスの変なジャムといえば、サンダルフォーのトロピカルフルーツは不味かったです。洋ナシバニラもいただけませんね。

ル・クルーゼはそちらでは人気がないのですか?
日本ではル・クルーゼ料理本まで出ています。
カラフルなスパチュラも質のわりに高いと思うのですが大人気です。
Commented by ma_cocotte at 2005-03-18 18:11
◎spruceさま,エイメリカの物と欧州の物は比較してはなりません(笑)。

ガーリックラズベリーは七面鳥のお肉に合うのでは?収穫祭の七面鳥+クランベリージャムを連想できますね。

サンダルフォーですけどフランスではジャムコーナーの棚端陳列物ですよ。日本だけでありがたがられています。以前日本在住の知人から勧められて探しましたがGeant-Casinoというスーパーだけで発見できました(爆笑)。値段が高いだけで特別なものはなーんにも感じませんでした。あれぢゃフランス人は誰も買いません。朝市で売っている農場主の手作りジャムの方が千倍,いや万倍おいしいです。

ル・クルーゼは「人気がない」のではなくて,どこんちにもある「当たり前」のものです。単なる必需品の鍋であって,メーカー名は知る必要なしです。どこの家にも各種サイズがゴロゴロ転がってますよ。
例えばル・クルーゼらしき鍋を買ったところで家庭内でいちいち「これはル・クルーゼなのよ」という会話は成り立ちません。先日Hoop先生からご指摘があった「Marmite(鍋)」です。

スパチュラって何ですか?
Commented by koppa124 at 2005-03-18 18:48
あまりにもコメントが記事内容とかけ離れてきているので驚いてしまいました。
Commented by spruce at 2005-03-18 18:53 x
サンダルフォー、飛び切り美味しくはないけれど、国産大手メーカー品やカルフールブランドよりはまともな味ですし、大瓶が299円とお安いので、時々買ってしまいます。アメリカのグルメスーパーでも台北のスーパーでも堂々と並んでますよ。「砂糖不使用」が決め手なのかも。
農場主の手作りジャムを日本に輸入すると、かなりとんでもない価格になりそうですね。
東京のDean&Delucaの特選手作りおフランス製ジャムは100g3800円だそうです。

スパチュラというのは調理用ゴムべらです。
Commented at 2005-03-18 19:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2005-03-18 19:16
◎spruceさま,カルフールのジャム(ピンからキリまで種類がありますよね?)の方がフランスでははるかに売れていますよ。サンダルフォーの名前を知っているフランス人はそんなにいないのでは?ボルドー近くの会社ですよね。以前,伊藤忠のHPで拝見しました。フランスより海外で有名な「ブランド」なのでしょう。
早い話,こちらで一軒家に住めば庭に二,三種類の実の成る木が植わっているのがフランスの普通ですので,多くのご婦人は自分でジャムやジェリを作ります。

もしですよ,農場主の手作りジャムを輸入するとなれば,マージンがかかりませんからブランドものより正当な値段になるはずです。農産物の規制や余計な添加物を入れないのでまず日本では輸入不可能ですね。

Dean某,Fauchon,エディアールもろもろですがどこがボヌママンやカルフールのジャムと違うのでしょうか?「I can buy it」といえる人が買えばいいことですよね?フランス人がこの手の惣菜店に足労運ぶ必要はありません。

ゴムべらですが,朝市やイケアにいけば80円くらいで売ってますよ。
こちらでは単なる消耗品ですよ。使って壊れたら捨てて買うだけです。
Commented by ma_cocotte at 2005-03-18 19:17
◎19H11鍵さま,キャツって何ぢゃ?(爆笑)
Commented by ma_cocotte at 2005-03-18 19:20
◎こっぱさま,そんなことおっしゃらずに・・・。

お暇な来てよね?私,さみすぃ~のぉ♪(爆笑×∞)
Commented by koppa124 at 2005-03-18 19:38
spruceさんはご自分ではブログを始めないのですかぁ?
そんなに書くことがあったら始めてはどうですか?
Commented by ma_cocotte at 2005-03-18 19:44
◎こっぱさま,それはいい考えかも!
雅子さんのところでもいろいろ知識を披露されているので良いブログを展開できるでしょう!コメントだけで博学のプレゼンテーションはもったいないかも。
Commented by koppa124 at 2005-03-18 20:03
そうそう、ご自分がブログ主となって好きなことをじゃんじゃん書きましょう!
Commented by ponzu_77 at 2005-06-03 10:18
すっごいなぁーーーーーー!!!!これがフランスの実態なのやー・・・。(^^;;
本当、勝手に朝一でバゲットを買いに行ってぇーコーヒーを飲むのだとばっかり思ってました!!!

実は日本でカフェオレボールに入ったコーヒーを飲んだことがないのですが、日本ではボールが使われているのですね。

一度今より北の地域にいたときがあって、カフェに入ったのですけれど、そこでどでかいボールでカフェオレをサーブされたので、おーー!これがフランス式なのかーなんて思ってました。ってオーストラリアで由緒正しいカフェオレが出てくるわけがないですね。
大好きなカフェオレちゃんの実態を知れてよかったです。笑
Commented by ma_cocotte at 2005-06-03 14:27
◎ponzu_77さま,すごいでしょう?
ココんちは5階が住まいなのでたまにベランダから外を眺めていると早朝にバゲットを買うヒトは男性ですね。やはり男性は世界中どこでも贅沢嗜好です。
庶民の朝は残飯整理ですよ。それがいやならビスコット(ラスクのようなもの)を代替にします。

私はこれまでパリやエクサンプロヴァンスのカフェで朝食セットを何度か食べましたがどこもボルでは出してくれませんでした。

オーストラリアも日本のようにイメージ好きな人々が多いのかな?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< もういい加減にしてっ! またあ... 「何でも」買えそうで買えない仏蘭西。 >>