<< 夕方過ぎて、のそのそと それなりに、それなりの、暑気払い >>
白黒ハッキリしようぢゃないか
7月29日、朝から繰り返されるニュウス番組のトップはイスラエルvsパレスチナぢゃないよ、ハマスが原因のガザ空爆についてです。おそらく、昨夕にイスラーム世界でラマダン(約一か月間の日中断食生活、ただし日没後の彼らは腹持ちが良いごちそうを夜明け寸前までたらふく食べていることを頭の隅に置きませう)が明けたことで激化を免れないと前提しての報道なんだろうなあとぼんやり。

これ ↓ は7月28日付のアルジャジーラ英語版の報道ビデオです。



欧州では日本國に対しての中韓朝問題についての報道に疎いのと同じく、日本ではイスラエルvsパレスチナ問題についての情報が希薄であることをココ数週間、電脳日本語圏で飛び交うイスラエル批判や「ご尤もな平和論」で脳みそツルツルの私なりに察しました。

日本國に生まれ、教育を受け、労働した私なので気づけたことかもしれませんが、日本人はどうしても判官びいき、勧善懲悪の概念で平和を探そうとします。だから、「パレスチナに同情する」「イスラエルは悪」と先ず前提し、知識豊かな脳みそから過去のイスラエル建国のいきさつ、国際法を例に出したり、米国(だけ)との癒着を挙げてイスラエルが悪いと日本語で流す。

ところが、自国内にパレスチナ難民もいればユダヤ難民(へー、彼らは難民なんですか?)も抱え、自国民と共存している国々のアタマのイイひとたちは日本人のような判官贔屓やら勧善懲悪でイスラエルvsパレスチナ問題を分析したりしません。世の中には白と黒があり、最善最良は灰色と考え、最善の灰色を作り出そうと知恵を出し合うのです。日本人のように起承転結のストーリー作りで事実を無駄に膨らますなんてことも欧州人には理解できない点ですからね。黒を熟考し、白を熟考し、灰色を見出すに徹する、ですよ。

へー、そんなことありませんよ。「イスラエル悪、パレスチナがかわいそう」と公言している第三国の人間はいくらでもいますよ。」とおっしゃるひとも多々いますけれど、そういう方々の多くは反米、嫌米で「米帝」という単語を好んで用い、地中海東岸がとっても静かな時でも米国批判をしていたりするもんです。天秤の左側に多いですかねぇ。(先の7月23日午後6時からのパリ旧市街セーヌ左岸でのデモ行進は仏共産党や労働組合員が主導による親パレスチナ反イスラエルデモでした。)その証拠にイスラエルの悪口に米国を必ず絡めても、露英仏との関係には全く触れない。これ、有識者ならばすぐに見抜ける彼らの独善で、真の目的は「打倒米国」。日本人が打倒米国だか打倒米帝のためにイスラエル&パレスチナ問題を絡めて利用しているというのは、地中海東岸に住む日本人にとってなんて悲しいことだろうと思います。

イスラエル側は過去の教訓で、一般家屋、公共施設ともシェルター配備、数年に一度交換する防毒マスクも国民、長期滞在者全員に配布しているし、空襲警報システムも万全。今朝の報道でもイスラエル側で空襲警報のサイレンが作動したビデオが流れていましたが、防衛が万全なので市民の犠牲者数が少ないのです。

単に犠牲者数だけでパレスチナ人でもイスラエル人でもない日本人である自分がどちらを庇う、贔屓するか決められません。というのも、私、ガザ出身のパレスチナ人の同級生もいれば、アシュケナジやらミズラヒのユダヤ人の友人、知人も身近にいるからです。彼らが私に「どちらの味方になりますか?」と問うこともありません。誰もが願っていることは一日も双方の投爆が止まり、平穏な生活を取り戻すことです。

それにしても、ハマス。
なんとかなりませんかね、彼ら。
何も知らない女性、子供を騙して、イスラエル側の予告ターゲットに置き去りにするなんてこと、大のオトコがすることぢゃねーだろ、と思います。(どーせ「クアルンには~」と先ず口に出して、そんな愚かなことがイスラム世界では正しいと言い張るんでしょーけれど)
ったく、彼らは決してレジスタンスぢゃないですよ。
理由は歴史修正主義だから、まる


le 29 juillet 2014, Marthe

[PR]
by ma_cocotte | 2014-07-29 16:37 | 『?』なメディテらねぇ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夕方過ぎて、のそのそと それなりに、それなりの、暑気払い >>