<< ハ キ ダ メ に カ ラ ス この時とばかりに、 >>
夏草や 兵どもが 夢の跡
先の日曜日、秋分の日直前の日曜日の午後、仏蘭西共和国内では多くの文化遺跡が無料で一般開放されていたので、おいらもちょっくら覗きに行ってみました。

今年、選んだ先は、ココなのねー。
b0070127_16541595.jpg
クゥドレ・サルバァ城 Château du Coudray-Sarbart

看板をよく見ると、13世紀、つまり西暦1200年代の建立とあります。
場所は、日本國ではあまりに有名になってしまった高級バタアの生産地であるエシレ Echiré のはずれの森の中にある小高い丘の上にあたります。

無料公開とは言え、日曜の午後遅くなので空いているだろうと踏んでいたのに見込み違い。
周囲の谷間や川沿いの駐車場も、細い農道の路肩も車がぎゅうぎゅうに押し詰まって並んでいました。
b0070127_173353.jpg

b0070127_1744251.jpg

お城は写真のとおり、数本の城砦で成り立っていますが、一番立派そうな塔に工事中の幕がかけられてしまっていたのが、景観において残念でありました。(まあ、ココんちからそんなに遠くないところなので、来年、再訪すりゃいいのですが)

大混雑なので、ガイドさんの説明もないまま、ひとりで迷路のような城内を見学しました。
13世紀の建築物ですから、壁が分厚く、窓が小さい。(=学生時代に美術史で教えられたこと)
b0070127_1792482.jpg
↑ 廊下でございます。遠く突き当たりに円形の間がござる。↑


円形の間の周りにこういう感じ ↓ の部屋(のような間)が円を囲んでいます。
b0070127_17115946.jpg

日本で言うところの三畳くらいの広さでしょうか。突き当たりはおそらく窓なのだと思います。
少し考えると13世紀当時、ガラスが存在しなかったかもしれないので、建築上のことだけでなく、寒暖を考えて窓がこういう形でありサイズなのかもしれません。雨風寒さをどのようにしのいでいたのでしょうか。布でも手前に張っていたのかしらね?

迷路のような廊下の先に点在する居間のようなスペースではカリグラフィーやら刺繍、蜂蜜蠟の販売所がありました。
b0070127_17255726.jpg

b0070127_17261730.jpg

蜂蜜蠟のスペースで、蠟で作られた「最後の晩餐」と「絶えざる御助けの聖母」を見つけましたよ。

しっかし、ココはどうにも私には古過ぎる建造物で、ガイドさんがいないと「あんまりよくわかんない」でがす。
城内に設置された臨時の休憩所で農家直売のリンゴジュースをぐいっと飲んで来ました。

お城の麓の建物の外壁にこんな説明書きが打ち込まれていました。
b0070127_1716674.jpg

クゥドレ・サルバア城砦
12世紀から13世紀にかけて大司教による建造。
(註:パルトネ Parthenay の(大)司教と但し書きがありますけれど、パルトネはエシレからそんなに遠くない中規模の町で、現在のパルトネに司教座はありません。)

1776年にアルトワ子爵家であるファイ・ド・ラ・タイイェ一族によって売却。この一族の子孫である現在のデュ・ドレスネ家が2000年6月29日にニオール(都市圏)に贈与。

以上。
城砦数本の内部を見学したけれど、いくらド付きで月日を遡れば爵位を持つ家柄であっても、この城砦を個人で所有し続けたところで維持が大変というか、そういう発想以前の存在のように思えたりもして。

今後、どういう風にメタモルフォゼされるのか予想もつきませんけれど、改善がうまく行き、青少年のおべんきょなんぞに役立ちますように。

le 27 septembre 2014, Vincent de Paul

[PR]
by ma_cocotte | 2014-09-27 17:36 | Promenons-nous! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ハ キ ダ メ に カ ラ ス この時とばかりに、 >>