<< 新装開店してから、十年とひと月 兵糧攻めに遭うが如く、 >>
ココんちはコレで、じゅうぶん
やっと見つけて、手に入りましたよ。
b0070127_19241549.jpg
ぱねとおね  panetone


ロオマ字だと、PANETONE。
イタリア語でパネトオネだけれど、仏蘭西国内だと「パネトォヌ」となります。ただし、大西洋側の超ウルトラスーパーど田舎の発音です。マルセイユあたりだったら「パネトオネ」で通じます。

そう、マルセイユあたりでは当たり前、そんぢょそこらで簡単に手に入るパネトオネが、大西洋側に近いココ新天地ではなかなか見つけられません。今年もこうして待降節に入り、ココんちの旧市街にあるイタリア食材店や高級食材店で1kgあたり30~40ユーロのパネトオネが売り出されました。この価格、南仏だったらありえない金額設定です。ココいら辺のおブルヂョワやド付きのためのパネトオネなんてココんちで買ったら失笑であります。で、近所のスーパーマルシェのパン売り場でパネトォヌが出ているもの、それはブリオッシュにドライフルーツを混ぜて、白いお砂糖をゴロゴロ乗せたもの。本物のパネトオネと何か違います。年の瀬くらい本物の、イタリアらしいパネトオネが食べたいではありませんか。

・・・そして、今年のクリスマスを一週間前にして、近所のスーパーマルシェで見つけたのが写真のパネトオネ。1kgあたり8ユーロ弱で、ご覧のとおり缶入り。イタリア製です。売り場にはいろいろな美しくかわいい缶が並び、くわえてチョコレートチップ入りのパネトオネも出ていたけれど、ココんちはあくまでも元祖にこだわり、ドライフルーツ入りのパネトオネを選びました。缶もせっかくだからクリスマス仕様を。

缶の蓋を開けると同時に、パネトオネ独特の甘く深い香りが鼻に入ってきました。
あああ、しゃーわせ。

le 18 décembre 2014, Gatien

[PR]
by ma_cocotte | 2014-12-18 19:34 | The ou Cafe? | Comments(4)
Commented by morigurasi at 2014-12-20 04:16
マーココテさん。こんにちわ。
パネトオネ!おいしそう 
ドイツのフルーツ菓子はSTOLLENだそうだけれどにたような物ですよね。クリスマス時期のお菓子だって。

作ろかナーと本をひっつぱりだしたところです。
マーココテさんはクリスチャンね。
HAVE A HAPPY HOLIDAY AND MERRY CHRISTMAS
Commented by ma_cocotte at 2014-12-21 16:19
+ morigurasi さま、こんにちわ!

シュトーレンの方がぼそぼそと重たいパン生地ですね。
パネトオネはブリオッシュに近いけど、ブリオッシュより
きめが細かく重いように捉えています。たまりません。

morigurasiさんのお住まいの東海岸の環境だとパネトオネだけでなく、
ジンジャークッキーを大量に焼きませんか?

morigurasiさんが作ったお菓子のエントリー、楽しみに待っています。
Commented by al_lamia at 2014-12-22 20:37
フランスでも、パネットーネあるのですね?
私は なぜか「パンデピス」なんぞと言うものを
チーズの注文と一緒に買ってみましたが・・・
香りは好みの強烈ですが、あとは・・・固めのカステラのような  ブルゴーニュ辺りのものらしいですね
Commented by ma_cocotte at 2014-12-22 22:42
+ al_lamia さま

はい、いちおうイタリアが隣国なのでイタリアの地中海沿岸では
イタリア食品を日常にいただきます。
おっしゃるとおり「パン・デピス」も先日エントリーしたとおり
いただきますよ。フォワグラを乗せていただくと超美味です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新装開店してから、十年とひと月 兵糧攻めに遭うが如く、 >>