<< 古今東西南北、ピエタはよく見る... 空港で、地下鉄駅で。 >>
ああ、通り過ぎてしまった。
わたくしの諸事情で、先週の「聖週間 La semaine sainte」のほとんどを電脳域にかかわることができない場所で過ごしたので、いつのまにか復活祭のご慶事に触れぬまま今に至ってしまいました。
今年の聖週間、思い出しますのは昨年9月に旅したブルタアニュで出会った「イエスの埋葬」をお題にした彫刻でした。

いずれの小村の聖堂にも特長ある彫刻を見つけられるものですが、こちらサン・テゴネック Saint Thegonnec の木彫には驚かされました。
b0070127_17471480.jpg

残念ながらこの写真 ↑ 、私の一眼でもコンデジでもうまく納めて撮影することができませんでした。特長はイエスの御顔が映し出された布を持つ聖女ヴェロニカがいるところ。
b0070127_17594085.jpg
われらが、ヴェロちゃん (左の女性)

よその同様のお題の作品には聖女ヴェロニカが登場することはまずありません。私個人が長年、聖女ヴェロニカにらヴなので、この作品に出会えたことはちょっとうれしかったです。ちなみに、この彫刻は1702年頃のものです。


お次はランポル・グィミリオ Lampaul-Guimilliau 村の聖堂内で見つけた作品。
b0070127_1752949.jpg

まあ、普通の作品でしょうか。ザ・ブルタアニュとは呼べない気がしますけれど、なんとなく右の男性が持つ亜麻布がこれからイエスさまの頭に向かってかけられて、それが「聖骸布」になったのだな(現存する聖骸布の真贋は横に置いて)と思うと、2000年の時を実感しますね。



さて、次に控えしはこれぞザ・おブルタアニュな聖堂敷地内の石彫刻から。
b0070127_17562587.jpg

グィミリオ Guimilliau 村の教会敷地で見つけた「イエスの埋葬」
往年の淀川長治さんのように心をこめて「いいですねぇ」とつぶやきたくなります。
この彫刻の全体はこうなっちょります。
b0070127_1842243.jpg

彫刻の周りをぐるぐると周りながら、探してみてください。
というより、ぐるぐる周りながらひとつひとつのエピソードを思い描き始めると、自然と祈りやら黙想やら、私たちそれぞれのお好みの世界にいざなわれるように思えます。

・・・と、ご復活のご慶事から三日過ぎてしまったので、今更の無効か・・・・。



le 30 mars 2016, Amédée

[PR]
by ma_cocotte | 2016-03-30 18:09 | 『春』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 古今東西南北、ピエタはよく見る... 空港で、地下鉄駅で。 >>