<< 軽くて、重い。 古今東西南北、ピエタはよく見る... >>
灯台下暗し。
ひとつ前のエントリィ で昨年9月に行ったブルタアニュの小村で見つけた三位一体を表す聖像について、コメント欄にていねいな説明をいただき、この十字架からおろされたばかりのおん子イエスを抱く、聖霊と共にある父なる神を表す聖像には Trône de grâce という名称が冠されていることを知ることができました。(ちなみに十字架からおろされたばかりのおん子を抱く聖母を表したものは「ピエタ」の呼び名で知られています)

あらためて「知る喜び」を実感した私ですが、知る喜びから一夜明け、目を覚ますと同時になぜか我が脳裏をかけめぐるひとつの絵。なぜ一枚の絵と書かないのかと言うと、壁画だからです。その絵はココんちからもっとも近い聖堂にあります。こんな壁画です。
b0070127_15153617.jpg


↑ この写真の上方のかまぼこ型の壁の絵です。
もそっと寄った写真がこちら ↓
b0070127_1517492.jpg

よく見ると、左が父なる神、右が十字架からおろされたばかりのおん子イエス、その二人の間に白鳩の形をした聖霊が描かれています。

おおお、このご絵もまた Trône de grâce トロォヌ・ド・グラァス(身勝手な訳だと「恩寵の聖座」)ではありませんか。なあんだ、意外にも私の身近に同じ表現があったのではないか、と目覚めて一番に気づいたことになりますが、やはりブルタアニュのように3Dの像になると出会いのインパクトが更に増すのかもしれませんね。

などとタイプしつつ、もうひとつ思い出した Trône de grâce があります。
それは、花の都パリはモンマルトルの聖堂内の天井画です。
コレ ↓ 。左がおん父、右がおん子で、間に聖霊です。
b0070127_15284944.jpg


なにしろモンマルトルの聖堂はどデカいので素人の撮影に限界があります。
角度を変えた天井画の写真をもう一枚、ブレブレの一枚がこちら ↓
b0070127_1531956.jpg

上がおん子イエスで、下方(祭壇屋根の背後)がおん父、祭壇屋根の真上に聖霊の鳩ぽっぽ。
ただ~し、このモンマルトルの天井画のイエスさまは白衣をまとい手をあげているので、受難直後ではなく復活後のイエスさまだと思われるので「 Trône de grâce 」のうちなのか外なのか、はて?

と、以上、員数外による妄想でした。
蛍光灯の脳味噌が時間をかけて点灯したとはこういうことだわさ。



どうぞみなさま、善い週末、主日をお過ごしくださいませ。


le 9 avril 2016, Démétrius

[PR]
by ma_cocotte | 2016-04-09 15:36 | 『?』なKTOりっくん | Comments(4)
Commented by paje1912 at 2016-04-10 02:13
これはすごく勉強になりました。
Commented by たんぽぽ at 2016-04-10 07:06 x
再度おじゃまいたします。素敵な記事とお写真を拝見させていただきました。ありがとうございます。
先日は言葉足らずで申し訳ございません。
先の像は、もしも厳密に解釈・分類するならば、三位一体の図像のひとつである「恩寵の座」と同じグループではあっても また少し別のニュアンスのある「御父のご慈悲」 Compassion du Père と呼ばれるタイプの図像でありましょう。
もしご興味をお持ちでしたら François Boespflug, op, 神父様の次のような論文をネットでご覧いただけます。
« La Trinité dans l’art breton (XVe-XVIIIe siècle) », Revue des sciences religieuses, 83, 2009, p.511-530. http://rsr.revues.org/441
三位一体図像は当然ながらとても奥が深く、私も解らないながらも気にかかるところがあって先日はコメントいたしました次第なのです。優しいお言葉をありがとうございます。また寄せていただきたく思っています。ココさま よい主日を。
Commented by ma_cocotte at 2016-04-11 21:23
+ paje1912さま、本当に。
私にとっても久しぶりの「知る喜び」でした。
Commented by ma_cocotte at 2016-04-11 21:32
+ たんぽぽさま、ありがとうございます。
Compassion du Père ですと、放蕩息子のたとえ話にもつながりそうですね。
カトリックの聖像、聖画には細かな決まりごとや意図があるので、私もよくわからないまま、
素人域で出会いを楽しんでいます。
今後もよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 軽くて、重い。 古今東西南北、ピエタはよく見る... >>