<< 明日でお別れ、もう会えない 行ったり、戻ったり。 >>
次は我が身。他人事とは思えません。
先の月曜夜にパリの西、イヴリン Yvelines 県内の普通の町マニャンヴィル Magnanville で、その日の仕事を終え自宅に入ろうとした警官、 Jean-Baptiste Salvaing がイスラム原理教条過激主義者、Larossi Abballa に刺殺され、その後、警官宅に立て篭もった同容疑者が警官のパートナーである Jessica Schneider (彼女も警官)の頚動脈を切り殺害するという事件がありました。容疑者は特殊部隊(RAID)との銃撃戦の末、死亡。犠牲となった二人の間の、3歳になる男児だけ無事救出されるという結果になりました。瞬時に孤児となった男児については今後、共和国が育てる(おおまかなところでは例えば学費がすべて無料)と大統領自身から発表もされました。

今、私はライヴ配信で、Yvelines 県の県庁所在地であるヴェルサイユで行われている、犠牲となったお二人の追悼集会を拝見していますが、配信が始まってまもなく到着した二つの棺が並べられているのを目の当たりにすると心底からこみあげてくるものがあります。

火曜日の朝、私は5時半に起床しましたが、テレビに火を入れてまもなく画面から何かの異常を感じ取りました。それがこの報道でした。事件の現場はパリの近郊とは言え、どちらかと言うと私が今住んでいる土地の住宅地の雰囲気となんら変わりません。容疑者は(おそらく彼らの間の師弟関係で)上にあたる人物から「誰でもいいから殺せ」と指令を受け、彼は警官を選んだのかもしれません。私が現在住んでいる住宅地にも軍人や警官、消防官、教員もいますし、私の住む町にはイスラームの信者もたくさんいます。既にシリア難民の家族も複数生活しています。

私事ながら、時代違えど、私の夫は警官の息子であり、3歳当時はパリの西ナンテエルに住み、父親はパリ警視庁に通勤しており、身分は犠牲となった警官と同じでした。この事件を知って以降、私の胸中はかなり複雑であり、今もその中にいます。とても遠いところで発生した他人事とは割り切れません。

今後、近所で同様の事件が起こる可能性はある。「無い」なんて私には断言できません。

数日前に日本国内でパリに在住する日本人女性についての番組があったと漏れ知りましたが、日本でも仏蘭西でも優美な生活をしているそうで、フランス人である夫君は金髪碧眼、つまり欧州系。そういう環境設定の方が私にとっては「遠くて他人事」に思えてなりません。今の時代にフランス共和国内で「私の配偶者の親族に公務員はいません」「私の生活環境にイスラム系移民はいません」と断言できる環境の方が特殊な、特別だと思います。日本もそろそろ「フランスで生きる日本人」の人物像について観点を変える時期が来たのではないでしょうか。

21世紀に入って15年を過ぎたフランス共和国内に住む日本人にはイスラーム生活を実践しているフランス国籍者と婚姻している方が多くいますし、共和国軍人や警官と生活している方もいます。その中には団地に住んでいる方々もいます。ココんちの仏人のように南仏のマルセイユ近郊の公立校で育った立場だとクラスの半分は移民。それが「普通」でした。それから30年以上過ぎた今、いずれの市でも平等に移民を受け入れるようになっているのですから、庶民の生活において欧州系でない生活スタイルのひとびとと関わることは避けて通れません。避けて通っている日本人もいるのかもしれませんが(それこそ私にとっては別世界です)。

そして、犠牲となった警官とパートナーもそうですが、婚姻(ココでは市民婚)せずに家庭を持つひとびともフランスには多くいます。もう何年も前にココのどこかに書きなぐりましたが、婚姻しない男女が子女と共に生活していることをマリタルと呼びます。そして、婚姻も市民婚ではなくパックスという簡略した同居関係のスタイルも共和国では認められており、近年、共和国内に住む日本人も婚姻ではなくマリタルまたはパックスの形で長期滞在しているケースが多いです。

こうして時は流れているし、私たちは生きているのだと実感します。
脳内の凝り固まった思い込みは現実によってほぐされ、活性しなければなりません。

さて、昨日は事件があったマニャンヴィルで、イスラームの方々が沈黙の行進を行いました。彼らにとって今はラマダーン月の断食中で日中は絶食しているので、中には歩行がつらい方もいるでしょうに、ラマダーンの断食月は本来、他者を思いやることを強く意識する意味があるのに、このような陰惨な事件があったことはイスラームの方々の心にも傷を与えたと思います。

こういう事件があるたびに、私の脳内には「地には善意のひとに平和あれ」という言葉が過ぎりますが、この言葉はヒトが作った国境や身分を超越して、地球のすべてのひとびとにあたるのだと私は信じています。

今回の件はテロの形がどんどん陰惨に化けていると感じ、本当に恐ろしくなりました(現在進行形で恐ろしいと思っていますが)。こういうことがいくら繰り返され、ひとびとを恐怖によって服従させようという環境の中から平和が芽吹くこと、いえ、根をはることはありません。平和を育てるにはひとりひとりがどういう心にならねヴぁならないのか・・・もうしばらく喜んでその思考の中にいることにします。


こうしてタイプしている間に、二つの棺は再び車に乗せられ、ヴェルサイユから去っていきました。


le 17 juin 2016, Hervé




【追 記】
*両親を失った3歳半になる遺児は父方の祖父母に引き取られたとのこと。
*お二人の葬儀は来週月曜日午前10時、Jean-Baptiste Salvaing の故郷である南仏エロ Hérault 県
はモンタニャック Montagnac の市役所広場で行われ、その後、モンタニャックの墓地に埋葬されるとのこと。
[PR]
by ma_cocotte | 2016-06-17 19:17 | actualité 現時点の現場から | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 明日でお別れ、もう会えない 行ったり、戻ったり。 >>