<< チクワの穴をゴボウ抜き 今夜のナマ次第 >>
心底、ヤ。
エイメリカ合衆国の次期大統領がダアナルド・トゥランpに決まってすぐ、ダアナルドが大学のソフォモアまでニュウヨオクシティにあるフォーダム大学(イエズス会)で過ごし、いろんな意味で話題が絶えない長女イヴァンカちゃんがワシントンDC近郊のヂャウヂタウン大学(これまたイエズス会)でソフォモアまでの二年間を過ごしたことを知りました。確かトゥランp家の宗旨はローマ・カトリックではないし、初等中等教育ではなく大学の基礎課程がカトリック校だから聖書学やキリスト教概論を学んでも、カトリックの要理は学ばないから、あんな下品でひどいことを恥ずかしくもなく言えるのだろうと想像していました。

そして、今週になり、トゥランp次期大統領が次々と指名している側近について、スティーヴ・バノン、マイケル・フリンがいずれもアイルランド系エイメリカ人で、ローマ・カトリック育ちっちゅうことがわかってしまいました。なんでまた、次々発表される側近が次々アイルランド系&カトリックんなのだ?と気分を悪くしていたら、次期副大統領のマイケル・ペンスもアイルランド系&カトリックんで、現在は自称「エヴァンヂェリカル・カトリック」と名乗っていることを知りました。

最悪です。


le 20 novembre 2016, Edmond

[PR]
by ma_cocotte | 2016-11-20 21:13 | 『?』なエイメリカ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< チクワの穴をゴボウ抜き 今夜のナマ次第 >>