<< それは、それは、昔の話をほぢく... 国王様、お疲れ様でございました。 >>
マニュエル・ヴァルス 54歳、フランス人になって34年
今さっき、速報で、たぶん、間違いなく、今晩18時半にマニュエル・ヴァルス Manuel Valls 首相が次期大統領に立候補するという情報が届きました。

ふぅううん、そうだとすると、今晩18時半より前にヴァルスさんは首相職を辞するのかな? だとすると、新しい首相は誰だろう?共和国内に住むひとびとにとって大統領職より国内の政治の中心人物である首相の存在が気になるもんです。いずれにせよ、ヴァルスくん同様、フランス社会党の党員の誰かが首相に選ばれることでしょうけれど。

ま、それは国際においてはどうでもいいことですし、国際においてはどうしたってフランス共和国大統領が「気になる存在」です。既に中道より右側で極端なミギを省いた世界においておフランソワ・フィヨン François Fillon が筆頭の次期大統領候補に決定しましたが、中道より左側はヒダリ突き当りまで含めて未だ筆頭候補が決まっておらず、其処此処彼処から立候補宣言者が次々ボコボコ出ており、それが良い芽なのか、雑草の芽なのかも、まだ見定められない感じです。

で、もし、今晩、マニュエル・ヴァルスくんが立候補宣言すると、これまでの芽とは明らかに異なる「金麦の発芽」に値するらしいです。そりゃ、現役首相で、フランソワ・オランド大統領の最重要の片腕がマニュエル・ヴァルスくん(だと思うけど、裏はわからんw)。もしヴァルスくんがしばらく前から次期大統領に立候補するための準備をしていたとするならば(仮定にする必要がないけどさ)、先日のオランド王が次期大統領選挙に不出馬を表明したのもヴァルスくんの立候補の意向を知り、フランス社会党の勝利を導くことを前提に熟考した場合、不出馬を宣言するしかなかったのだろうという筋も見えてくることになります。ただでさえ、フランス社会党内の分裂が甚だしいとウワサが広まっているのに、もしオランド王とヴァルスくんの両方が立候補したら、現時点で仏社会党の負けがはっきり予言できちゃうからです。

そのマニュエル・ヴァルスくんですが、1962年8月13日、スペインはバルセロナで誕生しました。現在、54歳。なぜバルセロナでお誕生なのかと言うと、ご両親が外交官でも留学生でもなく、ヴァルスくんの場合はお父さんがスペイン人だから、スペインのバルセロナで産まれたのです。が、ヴァルスくんを産んだお母さんはスペイン人ではなくイタリア人です。はい、ヴァルスくんはスペインとイタリアのハーフです。1962年の8月24日には幼児洗礼。昔の典礼だから聖堂の入口から祭壇経由で洗礼盤、また祭壇に戻ってとたらいまわしだけど荘厳なお式だったでしょうねぇ。
b0070127_16552059.jpg

この写真 ↑ の右がミサごたえなさるマニュエル・ヴァルスくん。左は妹のジオヴァンナ Giovanna さん。どういう経緯かわかりませんが、ヴァルスくんは高校卒業前後にフランス軍に志願、軍経由でフランスの大学に進学し、20歳の時、フランス国籍を取得しました。

はい、その時までマニュエル・ヴァルスくんは共和国にとって「ガイジン」だったンです。

そのヴァルスくんが次期大統領に立候補するンですよ、奥さん。
これ、エイメリカ合衆国では「できません」
ほれ、アアノルド・シュワルツネガーが一定の人気があったので合衆国大統領に立候補か?とウワサになったところで、先祖遡っての移民歴が原因で立候補できないという話題がありましたよね。ですが、おフランスではそういうハードルが「ない」。存在しないようです。両親共にガイジンで、自身もフランスびとになって34年の移民一世、元ガイジンでも、こうして立候補し、現状だと間違いなく中道左派筆頭の候補者のヴァルスくんが来年の初夏にエリゼ宮殿の最長上、王座に就くこと、かなりの確率で「ありえーる」のです。

すごいですよね、フランス共和国。心が広いのか、懐が大きいのか。
共和国に集うすべての「国民を信じている」がベースですよね。でなけりゃ、数多の共和国民が移民一世の個人を国父にできます?

日本国という国では今でも在日外国人の差別、区別を楽しむ日本国籍者がゴマンといることを思うと、日本国内のそういう快楽をどう解釈すればよろしいのか。解釈に至る前に「恥」の感が発生します。

さあてさて、今晩、ヴァルスくんは出馬宣言するのかなあ。するのよね、きっと、まちがいなく。
私は先週までフィヨンに萌えたけれど、冷静になったら「貧乏人の敵」なので、たとえカトリックを棄てて現在は石工さんであっても、貧乏人のためにイ動いているヴァルスくんに私は同情していく予感がしまーす。あたしゃ、投票権を持たないので無責任どぇすけれど、貧乏なひとが苦しむ悩む姿を私は見たくないの。それだけは世界のどこであろうとはっきりしている私個人のこり固まった考えです、まる


le 5 décembre 2016, Gérald

[PR]
by ma_cocotte | 2016-12-05 17:10 | よっ、大統領!2017 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< それは、それは、昔の話をほぢく... 国王様、お疲れ様でございました。 >>