<< 日本人があまりよく知らない『第... やっぱり『運命』だったのかな? >>
すっかり忘れていました。今日は2005年5月5日でした。
フランス共和国も今日5月5日はAscension (アサンシオン,キリスト昇天)の祝日でした。

b0070127_20213242.jpgそして今日はアウシュヴィッツの収容所址で生還した人々による解放記念大行進が行われています。フランス各地でも現地に行けないユダヤ系の人々による記念集会・礼拝が開かれています。
今年はあれから60周年。b0070127_20285148.jpg
私は「収容所解放」と聞くとまず"Band of Brothers"の第9話を思い出します。米軍が森林の向こうの収容所を見つけ,どんどん収容所の中心に向って入っていきますが,米軍が前進しているそばでヒトが次々と死んでいく。もし1日早く発見したら?いや,一時間,一分早く発見したら?人間の運命なんてこんなものだと嫌というほど見せ付けられた映画でした。イタリア映画の「La Vita e Bella.」もそうでした。解放一日前にパッパは処刑されてしまったっけ。運命とは言え諸行無常の響きあり。

b0070127_511296.jpg




5月5日「端午の節句」と言えば菖蒲。
五月に入ってからオラが町中この花が咲き乱れております。
菖蒲?あやめ?カキツバタ? なんでしょう?

昨晩偶然見たテレビの天気予報での「翌日の聖人名の予告」と週末道路混雑情報番組の発表で今日が祭日だと知りました。昨日夕方の買出しでやけにスーパーが混雑していたこともやっと合点が行きました。

Ascension キリスト昇天祭は復活祭から40日目に置かれる移動祝祭日。今年の復活祭は3月27日でしたから40日目の今日5月5日が2005年度の祝祭日になります(ちなみに来年2006年は5月25日)。
現在フランス共和国が定める年間の祝祭日は計13日です。そのうち8日がカトリックの祝日です。特に復活祭後は40日目にAscension(キリスト昇天祭),その10日後にPentecôte(パントゥコット,聖霊降臨の祝日),その翌日のLundi de Pentecôte(聖霊降臨祭の月曜日)とカトリックの祝日ばかりが続くため,フランスでは毎年この時期になると「祝祭日アンケート」が必ずニュースで登場します。確かに1905年に政教徹底分離法が制定されているにもかかわらず,一方でカトリックの祭日が国の祝日と重なっているのは矛盾かもしれません。年々増え続けるイスラム教徒がラマダン明けをフランスの祝日に!とこの矛盾を引き合いに出して要求しているのも事実です。近年は労働時間を円滑にするためにもLundi de Pentecôte(聖霊降臨祭翌日の月曜日)を廃止しようとする動きが見られますが,今年2005年のアンケート結果では61%のフランス人が廃止に反対しているそうです。

ここ数年カルフールなど大企業チェーン店ではカトリックの祭日に開店することが多くなってきており,果たしてこの動きがフランス共和国における祝祭日の全面見直しに繋がるかどうかは「神のみぞ知る」の事項のようです。
[PR]
by ma_cocotte | 2005-05-05 04:35 | 『春』 Rien de special | Comments(8)
Commented by sakura_kura at 2005-05-06 12:10
おお!菖蒲!そちらにもあるのですねえ
私が住んでいる葛飾区の堀切というところにも
有名な堀切菖蒲園という公園がありまして、
菖蒲祭りが開かれたりしますです~~
Commented by ma_cocotte at 2005-05-06 14:41
◎sakura_kuraさまは葛飾区在住だったのですねぇ。
帝釈天ですね。父が参拝に行くたびに草団子をお土産に買ってきてくれました。堀切菖蒲園は有名ですよね。私にとって菖蒲は濃い紫と白の花ですが,どうもこちらの菖蒲(?)は薄いブルーグレーっちゅうか紫なのでパンチにかけます。葉っぱも日本の菖蒲に比べて黄緑色に見えませんか?
Commented by saho1971 at 2005-05-06 20:00
おひさしぶりですーー。お会いしたかった!!(?)
今まだネットカフェです。あ、アドバイスもありがとうございます!
しっかり参考にさせていただきます。
"Band of Brothers"ってうちの彼が全部しっかり見てたんです。
でも確か私がロンドンだかどっかに遊びに行っている間に。
戦争ものだから、君は興味ないでしょって言われて、私もそうだよなーなんて思って見なくて。
暗くて深刻だから・・・なんて避けてないで、ちゃんと歴史を知るものを見たり読んだりしなくちゃいけないなってつくづく思うのですが・・・。
どうしても後回しな私。
でも彼と話していてもあまりにも最近(第一次世界大戦から)の歴史を知らない私はあきれられるので、やっぱりなんとかしないと・・・です。
Commented by ma_cocotte at 2005-05-06 20:33
◎あれ?Sahoさま。大丈夫ですか?
今さっきエントリーを拝読して「Time up」だとばかり(爆笑。

今日6日はフランスだとラ・ロシェルあたりがナチスから解放された日だそうです。夫の生まれ故郷周辺です。今度の日曜日がパリの解放日なので祭日です。

Band of Brothersは男性向けテレビドラマだというのが私の感想です。ただ第9話は女性であっても涙なしでは見れないかなあ。計10話あっても私にとっては第9話のみが見逃せないという感じです。

欧州の人達は何やかんや言っても近代史に強いように思います。愛国心につながっているのかな? ただしイングランドは歴史教育で問題が多いという噂は聞いていますが。

PCは日本で購入しなくて大丈夫だと思いますよ。もしマックだとしても日本語に簡単に直せるそうです。
Commented by saho1971 at 2005-05-06 20:41
実はタイムアップだったのですが、また75分延長してしまいました・・・ブログに飢えてます!(?)
いやー、時間がたつが早いですね、ネットで遊んでいると。
このカフェっていうのが、また周りに人がいるので、人々と触れ合っているような(って違うか)、それでいて独自の世界。ジムと同じですね。
結構こういうの、好きなんです。

こちらの人、やっぱり歴史に強いですよねぇ。特に第一次世界大戦あたりからはかなりしっかり勉強してますよね。(マルタ人は違うかも)
イギリスだと、毎週絶対第二次世界大戦の関係のテレビ番組やってたし。どちらかというと、「イギリスはすごい。正しい」って感じの番組の感じ。常に「ドイツと日本はXXXしたけれどイギリスはOOOしてすごかった」みたいな。もういい加減にしたら、って思うことも・・・。
ま、私は?しっかりこのあたりを勉強していないので、恥ずかしい事も多く、何もいえないのですが。

XPだと日本語は簡単なので、多分こちらで購入します~!アドバイスTHANK YOUです。

それじゃ、今度こそタイムアップ!
Commented by ma_cocotte at 2005-05-06 20:52
◎Sahoさま,75分もあっという間かも???
ADSLと言っても光ファイバーぢゃないものね。
XPだと日本語インストール簡単です。Officeと合わせればあっという間に日本語環境PCになりますよ。私が実践しているので大丈夫!!!
調子が悪い時にこちらで買った物の方が気楽に修理に出せるのが何よりありがたい話です。私は昨年の税関での揉め事(しかもヴァカンス時に重なってしまった)でコリゴリ無限大です。

イングランドの自己中心&ご都合主義歴史教育は有名ですよね。いまだに「日の沈まない王国」という自負があるせいかなあ。
Commented by miki3lotus at 2005-05-07 04:37 x
私もLife is Beautifulはみました。Band of Brothersはみていませんが、人生なんて本当に運で出来ているように感じてしまいます。「偶然はなく、すべてに意味がある」とよく言われますが、そうなのでしょうね。そしてこの映画のように、後何時間遅くにあのトンネルの所に行ったら、パパは殺されずにすんだかもしれない。

そういえば昨日の5月5日、メキシコでは シンコ・デ・マヨといわれる日で、みんなメキシカンレストランでテキーラ(マルガリータ・・・この寒いのに)飲んだそうです。でも何の日なのでしょうか???いったい・・・
Commented by ma_cocotte at 2005-05-07 05:01
◎mikiさま,Band of Brothersは男性向き戦争モノだと思います。かなり淡々とした話運びです。が,第9話だけは何度見ても考えさせられます。収容所に入った米軍兵が臭いで我慢できなくなるシーンがあるのです。今までこの場面はあらゆる映画で取り上げられていますが観客に「収容所の汚臭」を実感させた画面は初めてのように思います。

シンコ・デ・マヨですがメキシコ軍がフランス軍を撤退させた日だそうです。メキシコよりアメリカ在住のメキシカンが騒ぐお祭らしい・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 日本人があまりよく知らない『第... やっぱり『運命』だったのかな? >>