「ほっ」と。キャンペーン
<< 鎖から解き放たれた鴨砲の攻撃は... 昨日の結果と、今日の現状、そして。 >>
鎖に繋がれた鴨、砲弾となって解き放たれた。
中道右派の次期大統領筆頭候補者であるフランソワ・フィヨン François Fillon 氏の命運、ほぼ尽きた感。
原因はペネロオプ夫人(と長女、長男)への公金流用疑惑が先週火曜日から次々と発覚しているからです。

b0070127_14432232.jpg
これ ↑ は、昨日公表されたかの週刊誌シャルリ・エブド Charlie Hebdo 社によるペネロオプ夫人についての風刺画で、点線を切り取って左右に紐を付ければお面になります。今朝からシャルリ・エブドのFB版にはこのお面をかぶったスタッフの写真が掲載されています。

で、事件そのものが発覚したのはこのシャルリ・エブドより幾分マシであろうカナル・アンシェネ Canard enchâné 紙のスッパ抜きがきっかけです。カナル・アンシェネ紙もシャルリ・エブド紙同様、毎週水曜発売なので前日火曜日のお昼過ぎくらいからテレビ・ラジオで騒ぎが始まるのが通例です。今回もそう。先週火曜日にフィヨン家の公金流用疑惑が明らかにされました。
コレ ↓ の右上の見出しがそう。

b0070127_14531526.png
で、騒がれてすかさずフランソワ・フィヨン氏ご本人がTF1の夜8時のニュウスに生出演し「愛する妻を私は守る」と弁明し、今週月曜日だったか事情聴取も終え、無罪放免になった・・・と思いきや、翌日火曜にカナル・アンシェネ紙がフィヨン家公金流用スキャンダル第二弾をブチ込んだのです。コレ ↓ ね。最上段の赤枠でくくられた見出しも、誌名のすぐ下の記事もフィヨン家とペネロオプ夫人、子女についてです。
カナル・アンシェネ は和訳すると「鎖につながれた鴨」になりますが、文春砲ならぬ鴨砲の一発目はフランソワ・フィヨン氏夫人のペネロオプが勤務実態が無きに等しいのに議会アシスタントとして過去10年間に50万ユーロ受け取っていたというものでした。で、月曜日に無罪放免と報道が流れ、翌日までに鴨砲第二弾がフィヨン氏が上院議員だった2005年から07年にかけ、長女、長男に公的予算から84000ユーロを支払っており、ペネロオプ夫人については50万ユーロではなく、勤務実態が無きに等しいのに議会アシスタントとして10年間で90万ユーロもの収入を得ていたのだよ、と。
b0070127_14571505.png
私の悪い耳が拾ったに過ぎませんが、確かフィヨン家の当主であるフランソワ・フィヨン氏は夫人についても、長女・長男についても弁護士であることを挙げ、ご自分のアドヴァイザーであったとTF1にナマ登場した時に説明していた記憶があります。ココんちの仏蘭西びとは中道右派の大統領予備選挙に計4ユーロ出し、フランソワ・フィヨンに投票したこともあり、この月曜日までは「それでもボクはフィヨンに投票する」と意地を張っていましたが、昨日水曜日の午後くらいから「フィヨンはもうおしまいだな」とつぶやくようになりました。

なぜ「おしまい」かと言うと、フランソワ・フィヨンが所属するフランス共和党内の党員からもフィヨンが大統領候補を辞退するよう勧める動きが始まり、フィヨンの代わりは決選で負けたアラン・ヂュペか、いや、ニコラ・サルコぢ(再び)かと予想が飛び交うようになったからです。

ココんちの唯一の投票権を持つ人物♂はどこの党派にも一度も属したことはありませんから、先日の中道左派による次期大統領候補予備選にも計2ユーロ払って「清き一票」を二度投じましたし、私はフランス共和国において単なるガイジン長期滞在者なので投票権を持っていません。だから、こんなスキャンダルが飛び交っても、中道左派から左の壁突き当りまでの人々と一緒に躁状態になりませんし、中道右派の人々と一緒に首をもたげて鬱状態にもなりません。(中道よりミギの右壁つきあたりのひとびとは先々週くらいから極右政党FN党首のマリィヌ・ルペン女史が次期大統領候補人気ナンバーワンなので、フィヨンのこのスキャンダルでいっそうウハウハになっています)。

盛り上がることのない私がこのフィヨン・スキャンダルを眺める今、フィヨン氏の運命はこうだったのだと白々しく割り切る心持にあります。投票権がない私もフィヨン氏がサルコぢの下、首相だった当時から好感を持っていたので、このスキャンダルで(死語を用いて)ドンビキしたのは事実ですし、「騙された感、裏切られた感」がヒジョーに強いです。それは、フィヨン氏がずっと「善人を装っていた」せいだと思います。この感覚はおそらく、多くの方と分かち合える気がしてなりません。

まあ、ズルい発言かもしれませんけれど、中道右派の次期大統領予備選の時、フィヨン氏がロシアのプーチプー大統領と親しいことを強調した時に「こりゃ、ヤバい」という気持は我が心に芽生えてもいました。ロシアと手をつなげば、シリアのアサド氏につながるわけで。おお、イヤだ。ソラおそろしい。自称「欧州最強の軍隊」をフランスがアサドを守るために送る? 悪夢ですわい。
b0070127_15260049.jpg
フランス共和国の次期大統領、いったいどなたになるのでしょう?
なんだか深い靄に突入し、手探りで前によろよろ進んでいるように思えます。

ま、あたしはヲッチャーなんで、もし近未来の仏政府にフランスから国外追放を命じられたら、はい、よろこんで。うふ。


le 2 février 2017, Théophane







[PR]
by ma_cocotte | 2017-02-02 15:31 | よっ、大統領!2017 | Comments(2)
Commented by al_lamia at 2017-02-02 16:17
よくわからないのですが、↑のお話ですと
フランスも極右が優勢になるのでしょうか?
アメリカも反アラブで入国禁止だし・・・・・ 信じられない状態で
それが49%もの国民が支持てると放送されたり( 本当か?)
ロシアの援護射撃でなった アメリカ大統領なんて 全く! どうなってるの?
日本も安倍が相変わらず、詭弁という嘘ついてるし
軍備関係が生産も輸出も派兵も ボン!ぼん!その方向ですし

対する民進は全く その政治状況を理解しないし
過去の政権時の反省もなく・・・・・ 出るのはため息ばかりの日本です

すみません、フランスとは関係ないお話書いてしましました。
Commented by ma_cocotte at 2017-02-08 17:34
+ al_lamia さま、こんにちは。
そうなのです。
私も未だ信じられないままですが、世論では極右政党FNの女性党首が次期大統領選において最有力当選候補らしいのです。そう繰り返し報道されても、ココんちの中では「え?なぜ?」としかつぶやきようがなく。もし彼女が次期大統領になったら、Brexit にフランスが続くだろうと予想されていることもあり、「だったら彼女の当選はありえないでしょ?」と。でも、少し引いた目で共和国を眺めると、仏蘭西は農業大国だから実は三角形の底辺層はドメスティックな国民が多い・・・と仮定すると、極右のアピールが彼らには心地良いのかもしれません。それは米国でもそうだったのかもしれませんよね(都市圏と農業圏ではっきり色が分かれていましたから)

日本國については、もうあきれるばかりですが、やはり投票権がある国民層を分析するしかないですよね。あくまで私見ですが、ミギにねじ切れてもヒダリにねじ切れても鎖国&国粋化するので「おんなじ」ぢゃねーの?と。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鎖から解き放たれた鴨砲の攻撃は... 昨日の結果と、今日の現状、そして。 >>