<< 三寒四温とか、 鎖に繋がれた鴨、砲弾となって解... >>
鎖から解き放たれた鴨砲の攻撃は未だ止まず。
はい、こんにち発売のル・カナル・アンシェネ Le Canard Enchaîné 紙の第一面は次期大統領候補であるフランソワ・フィヨン François Fillon と彼の家族による不正についてのスッパ抜きです。
b0070127_17362937.png

先々週、先週に続き第三弾。
ひつこいです。これでは、センテンススプリング砲よりひつこい。
今週も月曜日の午後4時だったか、フランソワ・フィヨン氏が弁明し、立候補者として続行を宣言したので、後は「なるようになれ」なのだろうと思いきや、また火曜日の夕方過ぎから次々と速報でフィヨン夫人に不正給与とボーナスが出ていたと報道が我が目や耳に入ってきたわけで、そしてまた、きょうの朝からはル・カナル・アンシェネ紙の記者がテレビに出てのご説明。うぅうううん、ひつこいというか、他人事の私にとっては「同じパターンが3回続いたら離れ時」なので、私の心の中のオチは「なるようになれ。わしゃ、知らん」ですわね。

こうなっちゃうと「ご武運、祈ります」でさあね。はい。

le 8 février 2017, Joséphine Bakhita


【余 談】
20歳以上年上の妻がいるエマニュエル・マクロン氏に同性愛不倫疑惑が浮上という報道が日本語でも流れていますが、これについては逆風ではなく追い風になるのではないかしら?とちょと想像しています。彼はもともとフランス社会党(ヒダリ)の党員ですし、中道寄りヒダリにはこれまでの(アブラハムを父祖にする)一神教に共通する家族概念の忘却を望んでいる共和国民が多いので、彼らがこぞってマクロンロンに投票するのではないかなあと思うのでした、まる







[PR]
by ma_cocotte | 2017-02-08 17:50 | よっ、大統領!2017 | Comments(2)
Commented by al_lamia at 2017-02-11 17:20
↑の大統領候補のお話とは、全く関係ないのですが
フランスの原発で爆発が あったご様子、大丈夫でしょうか?
お気をつけくださいね・・・・・ と書きましたが、・・・・・  でも、できる範囲で
お気をつけくださいませ
Commented by ma_cocotte at 2017-02-23 17:37
+ al_lamia さま、
お返事が遅れ、申し訳ありません。
2月11日にコメントをくださったのに、なぜか今日(2月23日)までなんら反映されていませんでした。

原発事故については拙宅はかなり原発より南にありますので大丈夫です。
変な話ですが、この原発事故について共和国内では新聞のみの扱いで、テレビではまったく放映されませんでした。
それより、二週間ほど前、福島についてのドキュメンタリー番組が放映され、はっきりと「チェルノブイリ事故より10倍の深刻さである」と繰り返されていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 三寒四温とか、 鎖に繋がれた鴨、砲弾となって解... >>