<< ビビ無しのマニュなんて在り得な... 冬休み、最後の日。 >>
盛り下がりに下がって、元の鞘に収まる。
今朝の報道を見聞すると、フランス共和党は今後もフランソワ・フィヨン氏を筆頭の次期大統領候補として推薦、支援することに決定したらしい。先週の今頃はフィヨンは候補から辞退し、代わりにアラン・ヂュペが選ばれるなんて話が飛び交い、ほぼ同時にフィヨンの選挙参謀やら側近、応援している政治家がその役割から離任する報道が相次ぎました。ああ、フィヨンは参謀のいない孤独な王様になったのか、と思いきや、悪天候の日曜午後3時からパリのトロカデロ広場で支援者集会を開催。ずぶ濡れで演説するフィヨンの周囲には彼に決別しなかった有名政治家の顔がちらほら見える。そして、偶然にも大雨は止み、陽光が差し込んだところにフィヨン夫人の登場と来たもんだ。この様子をココんち近所の、ド付き苗字の夫妻がトロカデロ広場の上空から撮影したナマをフェイスブックに掲載し、それを見たこちらもフィヨンと何ら関係ないレベルで「何でこんな場所から撮影できるわけ?」と軽い興奮も覚えたのですが。 そして、先週末からアラン・ヂュペが月曜夕方に記者会見を行うと予告していたのに、月曜午前にこれをキャンセル。その代わりなのか自らが今後、次期大統領選に出馬しないと発表したわけです。で、このエントリーの冒頭に戻り、ただ今、火曜日の朝はフィヨンが共和党からの筆頭候補と落ち着き、めでたし、めでたし、と。そうなのかなあ? 明日発売のカナル・アンシェネ紙やシャルリ・エブド紙が次の大砲から何か飛ばすンぢゃないの?と想像したりするんですが。

そんな先の妄想は兎も角、この一か月のフィヨン一家についてのスキャンダルですが、当初はヒダリからの襲撃と噂というかフィヨン本人もそう言っており、聞いたこちらも「よくあることよね。常套手段」と頷いたものですが、これでもか、これでもか、とフィヨンの口から大統領候補辞退宣言を出すまでの追い詰めを眺めていたら、これはもしかするとヒダリからの襲撃ではなく、身内からの切り込みだったのではないかと妄想した次第。ほれ、信長と光秀みたいなもんよ。もちろん私のツルツル脳の中に思い浮かんだおフランスの光秀ちゃんはヂュペ、次にサルコぢですわい。この両者ともこの手の邪魔者を陥れる術を熟知、実行を繰り返しているわけで、彼らの過去のやり口を知るならば、この一か月のフィヨンを陥れるためのシナリオなんぞ、「まだまだ甘い」(by DSK)でありんすw だからね、今日は火曜日だから、明日の風刺画週刊誌の発売が気になるのです。

今となっては、先週の7日間にフィヨンの参謀から離任する宣言をしなかった政治家は「ほっと一安心(で今まで通り)」でしょうし、離任した政治家(中央だけでなく地方の市長職も含めて)たちは「これからどうしよう」という気持ちでしょうね。離任した政治家たちの今週の予定は立候補宣言したアラン・ヂュペの側でにこやかな笑顔でカメラに映ることだったでしょうから。この契約にヂュペがどういう手を使ったのかは想像する必要がないくらいわかりやすい。親指と人差し指で円を作りゃヨロシ。

私は大統領選挙に参加できないので現時点までのスキャンダル流布のひつこさに既にゲンナリしており、ミギもヒダリも関係なく選挙戦として、こういう牛のヨダレのようなスキャンダル流布とそれがきっかけになっての疑心暗鬼くらい選挙の無駄はないと実感しています。共和国民は日本人ほどでないにしろ、というか、近年のフランスのマスコミがなぜか日本の真似をしているように思えなくもありませんが、フィヨンのスキャンダルで右往左往し、果ては洗濯機にかけられたような状態になり、本当ならば各候補者のマニフェストを比較、精査すべき時間を無駄にしたとしか思えません。一か月も、ですよ? 先週だったか、フィヨンの集会に出ていた女学生が「マニフェストだけでフィヨンを支持する(過去の私的スキャンダルなんかどうでもいい)」とインタビュウに返答していたのが印象的でした。あの画面を見て、目ぇ冷ました人も結構、いるんぢゃないかなあ。ココんちの仏人♂もこの一か月、この女学生と似たことばかり口にしていました。

確かに政策を曇らせるほどのスキャンダルを流し続けるというのは異常にさえ思えます。
昨日、ヂュペが大統領選に今後出馬しないと発表し、ココんちの仏人♂は「良かった。もしヂュペが出馬したら、フランス共和党支持者の半分が極右のマリィヌ・ルペンに投票しただろう」と。もしそんなことになったら、極右の圧勝ではありませんか。。。。と、ここまで妄想しちゃうと、マスコミにフィヨン一家のスキャンダルを流したのは極右かな?と思わなくもありませんが、この件に限らず、ミギに巻こうがヒダリに巻こうが根は同じw そして、ミギだろうがヒダリだろうがお金に弱い人は必ず踊り子になっちまう、と。

タイトルに「元の鞘に収まる」を選んだものの、正直なところ、すり鉢の底、蟻地獄の穴に飲まれていく人々の様子しか目に浮かびません。次期大統領選の第一回投票は4月23日ですが、すり鉢の底から這い上がり、広い世間を見れた人物が大統領に選ばれるのではないでしょうか。検察からの呼び出しを無視し続ける極右政党のおんな党首は「ありえん」だと思いますけれどね。

ああ、午前7時半を過ぎました。
ココんちの窓の外も明るくなって来たし、昨日までの暴風雨が止んでもいます。(ほ)


le 7 mars 2017, Félicité

[PR]
by ma_cocotte | 2017-03-07 15:35 | よっ、大統領!2017 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ビビ無しのマニュなんて在り得な... 冬休み、最後の日。 >>