<< 次の次の日曜日が 瑞典はストックホルムでテロが発... >>
「そんなの、ありえなーい」ことにも屁理屈があったりする。
きょうの朝、フェイスブックを開いたら、在日フランス大使館 から【復活祭(Pâques, パック)には、たまごやうさぎ🐰など色々な形のチョコレートを見かけますが、それぞれに意味があります。】という文章と共にこんなお写真が届いておりました。
b0070127_16345163.png
なんだか今週はじめあたりから日本国内でクリスマス、ハロウィンに続いて復活祭商法が盛んになっていると話題が飛び交い出したところで、この話題のご提供。実にタイムリィであります。こういう理由を抜きに、知らせず、知らないまま、復活祭の賑わいだけ日本に取り込んでお金を稼ぐというのは、なんたる島国、なんたるドメスティック、なんたる国際的孤立でありましょうか。日本国民よ、たまごをたくさんいただいて、子供をたくさん産みましょう!が、日本国内で復活祭を広める理由に現在の日本政府が選びそうだよね・・・

「聖書なんて童話」「キリスト?なにそれ?」と失笑しながら言ったり、「ヒトは死んだらそれまで。(だから、地上天国で自己中心の繁栄幸福)」とか「一度死んだ人間が3日で生き返るなんてない、ない、ない」と信じているひとが多い日本で写真のように卵やうさぎにさえ意味が含まれている復活祭をどう生かすンだか。ちなみに復活祭直前の金曜日はキリスト教の宗派の中には「断食、絶食」を実行している方々もおります。商売あがったり~。

とかなんとか書きつつも、きょうびフランス共和国では幼児洗礼さえ受けていない白いひとの方が多いくらいで、土曜の日没から始まる復活徹夜祭において今年は4503名のオトナが受洗するのだそうです(フランスカトリック教会大本営からの 発表 による)。ですから、共和国内のキリスト教を知らない家庭では復活祭は年に二度ある「ファミリーデイ」だから、金曜夜から大騒ぎに突入されることもある。

今年の復活祭は正教と旧教が久しぶりに同日祝賀です。実におめでたいこってす。


le 14 avril 2017, Vendredi saint







[PR]
by ma_cocotte | 2017-04-14 16:52 | 『春』 Rien de special | Comments(2)
Commented by joyママ at 2017-04-16 11:22 x
ありゃ、そうですか?
道理で 今年はいやに、ウサギさんが
活動してますね。
プロテスタントの女学校でしたが、復活祭は
キリストの復活とは、ならいましたが
ウサギさんは❓せんでした
卵は復活の印・・・と、大人になって聞きました カトリックの復活祭ですよね?
本当に、日本の商魂は 逞しいし
すぐ乗る巷も・・・ですね。
Commented by ma_cocotte at 2017-04-18 14:58
+ joyママさま、

私はカトリックの女学校でしたが、復活祭についてなーんにも触れずに過ごしました。
復活祭が学年末の3月から新学年の4月の間のいずれかにあるので、ミッションスクールとかなんとか言いながらも学校もそれどころではないのかもしれませんね。
卵については上の説明を読みながら「卵が先か?ニワトリが先か?」だからグルグルの永遠なのかなあ?と妄想しました。
復活祭はハロウィンやクリスマスと違い「移動祝祭日」なので、日本のカレンダーにどうなじむのか?
食品で日本人を巻き込むとするならば復活祭のベースとはかなり異なるように思います。
復活の後40日で昇天したら空腹&渇き知らずのアタシたち。ぶふふふ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 次の次の日曜日が 瑞典はストックホルムでテロが発... >>