<< カンヌのことは、それほど フィヨンゴシップのおかげで楽々... >>
花の都お巴里16区は、流れ石
同じ共和国でも、超ウルトラスーパーど田舎で、パリのひとびとから「カトリック・ゾンビの棲息地」と失笑されるようなココんちあたりとは根本どころか抜本的に違う。

何が?って、ご覧のとおり、カトリック教゛会のヲールドのことなンですけれど。
堅信式、 confirmation のミサに中村江里子サマがご出席あそばしたとのこと。
私は Confirmation をいつも「こんふぃるましおん」と発声していたけれど、「こんふぁーましおん」が正しいのですね。メモメモです。
加えて、お写真を拝見する限り、堅信式に必ずいらっしゃるはずの司教さまが見当たらない。いずこへ・・・。せっかくの堅信式ですから司教様のお姿がどこかに映っているとよろしかったですね。

我が地元は5月6日土曜日の夕ミサで堅信式が行われたので、極東島国の田舎者の私は日曜午前ではなく土曜夕方のご慶事に顎がはずれそうになりましたけれど、お仏蘭西だと5月にもなれば午後6時過ぎてもお昼間のように明るいし、土曜夕方であっても主日扱いなンだから「問題なしよ」なのかもしれません。上つ方々がお決めになることなので、末席のこちとら疑問にくすぶってりゃいいのでした、まる

しっかし、パリ16区は違う。


le 23 mai 2017, Didier







[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-23 15:30 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カンヌのことは、それほど フィヨンゴシップのおかげで楽々... >>