<< しらけ鳥が空飛ぶ田舎の7月14日 やめられなかった、とまらなかった >>
太る、太る、太るるるるぅ
7月1日の結婚式がきっかけに、重い夕食をいただくことが増え、昨晩も夕ミサで偶然再会した知人からご自宅に誘われ、あらま、夕飯をご一緒することに。一夜明けたきょうの朝、体重は昨日の朝に比べて900g 増。先週土曜日と月曜日の夜ご飯で増えに増えた体重がようやく昨日の朝、減量したのに・・・・あ゛ぁあああああ、ふりだしに戻るとはこのこと。でも、お夕食をしっかり食べることでいとも簡単に太れると実感もってわかったことには感謝としか言いようがありません。今後、気ぃ引き締めて気を付けねヴぁなりません。よしっ!

と、ココでまた先の結婚式の夜にいただいたお料理についてちょっと。
前回のエントリーでは立食でのアペリティフでいただいたものを紹介しましたが、こんにちは着席してからのお料理。
最初はお魚。

b0070127_16355061.jpg
白身のお魚の薄切りの上にグレープフルーツとオレンジがちりばめられているお料理。
またもナマ! 数日前までの40度近くにまで上昇した気温だったらこの料理は出なかったのではないかと思いましたけれど、ニフォンびとの私としてはひさしぶりの「お刺身」のようなものをいただけてとてもうれしかったです。正直、お醤油が欲しかった・・・。けれども、白身魚とグレープフルーツの苦味、オレンジのさわやかさがこれまた「良いご結婚で~」でした。こちらだと家庭ではナマのお魚をおろしていただくにはかなり勇気が要りますが、ナマのお魚を他の食材に替えて、グレープフルーツとオレンジを使って何かを作るのは試してみたい気持ちになりました。良い勉強になりました。

そして、続きましてはお肉料理。
b0070127_16414980.jpg
フィレと新鮮なお野菜ですけれど、何のお肉だろう。誰かが仔牛と言っていた記憶あり。
野菜は蒸したものと思われ、ほどよく芯が残っている歯ごたえが私個人は好みでありました。こちらの方々にはくったくた、お口に入れたらほろりと溶けるようなお野菜を好まれる傾向がありますが、これまたニフォンびとの私には「これよ、これ」でした。お肉もおいしかったけれど、なんせ、アペリティフでいただいたパルトネ牛のタルタアルがあまりにも強烈なおいしさだったので余韻を引き摺ったまま。いけませんねぇ。野菜の方は私だったらビネグレットソースを軽く絡めていただきたい。単純に塩、こしょう、少量のお酢と油でいただくもよろし、と思いました。この付け合わせの野菜については圧力釜でマネできそうなのでそのうちトライしたいであります。

・・・・昨晩は知人がマルティニック生まれなのでお魚中心のお夕食でした。お台所で私もお手伝いしましたが、手際の良さにヴぃっくりしっぱなし。あたしゃ、まだまだでござる。そして、マルティニック産のラム酒をくいっといただき、これまた美ぃ味ぃでした。この日、彼女のご夫君は夏のヴァカンスの第一日目。そんな日に私どもをよんでくださり、本当に恐縮でありました。でも、7月はじめのココんちあたりの日没は午後10時頃で、午後10時だとまだどこか薄明るい感じです。クーラーもありませんから、ほうぼうの窓を開け、家の中を通り抜ける風が肌を快適にさせ、おしゃべりを楽しみながらの食事はこの時季限定です。感謝、感謝だけれど、太ったぜ、べいべ。きょうからまたコントロオルせねヴぁの。


le 9 juillet 2017, Amandine








[PR]
by ma_cocotte | 2017-07-09 16:54 | Ca etait? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< しらけ鳥が空飛ぶ田舎の7月14日 やめられなかった、とまらなかった >>