<< 小童っ!マクロンの粛清が始まる... 太る、太る、太るるるるぅ >>
しらけ鳥が空飛ぶ田舎の7月14日
昨日は7月14日でした。
仏蘭西共和国では国定祝祭日。日本国だと「革命記念日」でピンと来るかもしれません。もそっと突っ込むと「バスティーユ陥落の記念日」でしょうか。確か1789年7月14日に民衆がバスティーユ牢獄を襲撃し、この日を例の仏蘭西大革命初日としたンだと記憶していますが。

今朝になってフェイスブックを覗いたら、ヌーヴェルアキテエヌ地方諸都市で花開いた昨晩の花火映像と、花の都はパリの、昨晩はFrance 2で生中継されたエッフェル塔での打ち上げ花火の映像を見ることができました。が、流石、花の都はパリの花火は違うね。美しすぎる日本の花火が既成概念にある自分にはどうにもフランスの田舎の花火は雑でしょぼいンであります。でも、パリで打ち上げられる花火はエッフェル塔の姿と相俟ってそれは美しい光と影を次々と産み出し、テレビ画面の向こうの映像であっても観るこちらがどこか興奮やら感動を覚えます。

昨晩は確か9時頃からFrance 2がエッフェル塔の足元で行われたクラシックコンサートとそれに続く花火を生中継してはいましたが、脳みそが年々固くなっている私にとって究極の7月14日は今から10年前、同じエッフェル塔の足元で開催されたミシェル・ポルナレフの野外コンサアトであり、毎年7月14を意識し始めると何度となくYouTubeでその映像を探してしまいます。私が好きなのはコレ。

なんだろうなあ。変わっていく空の色と、空を横切るツバメ、そして時折聞こえるそのツバメたちの鳴き声が胸をきゅうううんとさせると言いましょうか。その情景に Lettre à France が妙にあっているような気がします。このビデオが好きなあまり、ココ数年の恒例となったクラシックコンサートがどんなにすばらしくても何か我がこころに物足りなさがある。だから、7月14日にこのポルナレフのビデオを見るのは私ひとりの「7月14日」かもしれません。
が、昨晩、ココんちから南西に60㎞ほどのラ・ロシェルでの野外コンサートがクリストフ・ウヰレム Christoph Willem だったらしく、今朝はほうぼうのニュウスでその様子が紹介されていました。一年前のニースでの惨劇があって、今年の7月14日の共和国内各地でのイヴェントが無事盛大に開催、完了というのがニュウスに取り上げられた理由でもあるかもしれませんが。私はクリストフ・ウヰレムが嫌いぢゃないので現場で見たかったかも・・・残念。

で、7月14日。
ココんちあたりではどうも今ひとつ盛り上がりに欠けているように思います。
それはなぜなのか。それはおそらくヌーヴェルアキテーヌの北西部がヴァンデ県に接していることでもわかるとおり、あの革命の後の革命政府によるカトリック迫害でこの地方で地元民を名乗るひとびとの中には殉教したご先祖さまがいることがあるから。ラ・ロシェルからヴァンデ県を抜けナントあたりまで、革命政府が破壊した教会聖堂や修道院の址が点在しています。現役の聖堂に入れば、当時、革命政府に命じられた棄教を拒んだことで斬首や溺死刑によって殉教したひとびとの名を刻んだ石碑を容易に見つけられたりもします。彼らの中にはすでにカトリック世界において列福された者もいます。日本語世界においてこういう革命の闇の部分に触れない。まるで共和国の万民が革命を賛美しているかのような印象付けが強いように思います。(まあ、そりゃ、7月14日の朝から晩まで軍事パレードやら華やかな茶話会やらコンサート、花火ばっかり紹介されちゃあね)。だから、革命当時の第二身分(貴族階級)のお恨み節とココんちあたりのひとびとの革命への疑問はちょと違います。
もちろんご先祖さまが革命政府の弾圧によって亡くなったことで当時のひとびとや子孫が全員「アンチ革命」になったのではなく、あまりの恐怖を味わったことで根っからの徹底した宗教嫌い、「ヒトは死んだらオシマイ」な現世主義に変貌したひとびとも多々います。つまり、革命政府の過激な粛清によって生まれたのはひとびとの二分、分裂です。このあたりで思い浮かべるのがきょうび「イスラム国」です。恐怖を見せつけて聖戦勝利、この世すべてをイスラームそのものにするという方針が生み出すのはひとびとの二分であって、一致や平和からいっそう遠のくということ。その前例がお仏蘭西の革命政府の過激な粛清だったりするというのがなんとも。


le 15 juillet 2017, Donald


[PR]
by ma_cocotte | 2017-07-15 18:13 | 『夏』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 小童っ!マクロンの粛清が始まる... 太る、太る、太るるるるぅ >>