<< ド・ヴィリエ将軍が去るなり、ル... 小童っ!マクロンの粛清が始まる... >>
小童っ!の傲慢は日々、膨張し続けております。
b0070127_18064475.jpg
昨日までの熱暑が10度も下がって涼しい朝を迎えることができたのにハエに代わり先ほどからテレビも電脳画面も速報、速報、速報と五月蠅くてなりません。その速報の中身はココでひとつ前に掲載した仏陸軍参謀総長のクビが発表されたことです。なんとまあ、金曜日を迎える二日前に小童!マクロンろん、実行しやがりましたです。たいしたもんだ、小童。



今から数年後になって、あの時のクビについて裏で夫人が強く意見したとか占い師の予言に振り回されただの話が飛ばないといいですけれど。・・・とありえないであろうことを裏返して言いたくなるくらい、小童!マクロンがこうしてひけらかした愚かしい決定が今回の仏陸軍参謀総長のクビ決定だと私は思います。

話が吹っ飛びますが、ちょいと前にカトリック教゛会のヲールドにおいて仏国軍教区の長上である司教さまがストラスブール教区の長上に異動が発表されました。仏国軍の長上だと「司教」ですが、ストラスブール教区の長上ならば「大司教」、俗世の尺度で測れば「栄転」という語が当てはまるのかもしれませんが、しかも発表からかなり早急な異動でもあったので、フェイスブックの仏軍教区ページでは悲しみうろたえる方々の様子を拝察することができました。その彼、リュック・ラヴェル Luc Ravel とおっしゃいますが、かなーり格好いい神父様、司教さまでらして、あたしゃ、数年前にポワティエの大聖堂でナマをお見上げ申し上げたことがござる。胸きゅうぅうううん。外見だけでなく、世界の7つの海にちらばる仏蘭西共和国軍を支えるあらゆる柱のうちの一本としてラヴェル師の導き方はまっことすんばらしかったのです(もちろんその導き方は今、ストラスブール教区で生かされているのでありますが)。

フランス共和国軍において精神的な導き手のリーダーがラヴェル師だったとするならば、実務においての導き手はド・ヴィリエ将軍でしたでしょうに、たった数か月の間にお二人が共和国軍の世界から離れてしまうことになります。うぅううん、これは痛いです。まあ、カトリックヲールド方面は既に新しい長上さまが任命されましたけれどね。なんちゅうか、ド・ヴィリエ将軍の後任には小童!マクロンに「御意」しか言えないマクロンに絶対服従のおぢちゃんだかおばちゃんが任命されるのでしょーから、これからの5年はやはり長く感じることになりそうです。

なんでしょうね。
この頃の地球、プゥチンにしろ、トランpにしろ、ヂョンウンにしろ、なんちゃらアサドやマドゥロと時代逆行を好む君主ちゃんが四方八方でパラサイトしていませんかね?

もしかして地球そのものの終わりがそんなに遠くないのかもねぃ。
フアティマに命乞いすっかね。あたしはしないけど。


le 19 juillet 2017, Arsène ←アルセーヌ!

[PR]
by ma_cocotte | 2017-07-19 18:31 | actualite 現時点の現場から | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ド・ヴィリエ将軍が去るなり、ル... 小童っ!マクロンの粛清が始まる... >>