<< 田舎、ヴぁんざい。 おいしかったですけれど、 >>
親を思い出す日
こんにち7月26日に仏蘭西で手に入る暦をながめますと、Anne, J などと記されています。これ、正確には Anne Joachim で、つまりカトリック教¨会の世界のラテン語発音だと「アンナ ヨアキム」にあたります。このお二人は聖人ですが、もそっと核に触れますとかの聖母マリアさまのご両親で、アンナが母親、ヨアキムが父親です。ココでも過去のどこかでこのお二人について触れたことがあったと記憶しています。婚姻後、長年子供に恵まれなかったヨアキム&アンナ夫妻が祈りに祈って誕生した赤子が聖母マリア。アンナとヨアキムは赤子が女児だったにも関わらず、祈りが聞き届けられたことを感謝してマリア(幼児名はミリアムだったそうですが)を初子の男子と同じように神殿に連れていき、神に生贄と共に捧げたとのこと。以上、聖書にはひとっことも書いてありませんが、外伝で今に残るお話でありんす。これ ↓ がユダヤ教の神殿でマリアちゃんを捧げるヨアキム・パパのご絵です。聖霊の鳩ぽっぽがマリアちゃんの頭上に。このご絵、赤ん坊のマリアちゃんがあまりにかわいらしくて、私のお気に入りなのです。過去に、ほうぼうに何度も掲載しました。
b0070127_14305643.jpg
仏蘭西共和国内の旧教の教会聖堂を訪問するとたいてい聖堂内のご像の中に母アンナと少女マリアの像があります。アンナがマリアに本を見せている像など見つけやすいかもしれません。きょうび教育ママの見本は聖アンナか、はたまた孟母三遷の聖モニカ(かのアウグスティヌスのおっかさん)あたりなのかも。例えば、こんな聖像(聖堂の外だけどさ。)オトナの女性が聖アンナで、少女が未来の聖母マリアさまです。
b0070127_14541576.jpg

その聖アンナですが共和国内だとブルタアニュ地方の守護聖女で、ブルタアニュ地方にはサンタンヌ・ドレェ Sainte Anne d'Auray という巨大巡礼地が存在します。国境を取っ払って仏蘭西と言うと「ルルドの聖母」の出現があまりに有名ですが、ここサンタンヌ・ドレェは17世紀に聖母マリアさまのママンがご出現し、多くのひとびとの根っからの改心、つまり回心に導いたのです(← 断定)。

私はサンタンヌ・ドレェには2015年の9月7日に行きました。お天気が良い日でしたねぃ。
b0070127_14453165.jpg
ブルタアニュ巡礼の初日でしたし、あたしゃ「ブルタアニュ」のBの字も知らないのでいろいろ不安もありましたが、この巡礼地はブルゴオニュの某超ウルトラ有名巡礼地(ヒントは聖心)とは違い、相当なトラッドに思えました。抹香を焚いて司祭が導かれる聖務日課をしっかり守っているし、敷地内には永久聖体礼拝所もある。司祭だけでなく修道女会の修院も隣接しているので、ガイドを頼むと聖職者、修道者が案内してくださいます。敷地内には地元戦没者の慰霊聖堂やブルタアニュ地方固有の美術品を展示した博物館もあるので、聖堂訪問はしなくてもそちらでおべんきょできることもあるのではないかと思いますた。はい。

この巡礼地の参道のお土産屋さんにもしっかり聖アンヌとマリアさまの、ブルタアニュスタイルの聖像が売っていました。買えば良かった・・・後悔。
b0070127_15023769.jpg

そして、巡礼地内の博物館で見つけた、これまた大昔の、とってーもブルタアニュな聖像。
b0070127_15033493.jpg
この聖像 ↑ 、脳内をほぐして見ないと、気付くまでにちょいと時間がかかることがあります。一番のオトナの本を持つ女性が聖アンナ、母アンナに寄り添う少女が聖母マリア、その少女が抱きかかえる赤子がヂーザスです。おもしろい。

聖母マリアさまの母上に比べ、ヨアキム・パパの存在が薄く思われますが、それもヨアキム・パパの崇敬はかなり後になって始まったのだそうです。でも、聖アンナや聖母についておさらいすればヨアキムに必ず触れますし、不妊に悩んでいたのは洗礼者ヨハネのパパとママンだけではないということも知ることができました。新約聖書によりますと聖母マリアさまはその洗礼者ヨハネのママンであるエリザベトが懐妊してから3か月もの間、エリザベトのお手伝いに出ていますからね。その日々の中でマリアさまはエリザベトに「ほら、私のママンも高齢出産だったでしょう?」と励ましながら話していたのかもしれません。うん。

私の亡き母も難産で私を出産したのだっけ・・・。今日は私が誕生した当時の親についてあれこれ振り返ってみよう。

le 26 juillet 2017, Anne et Joachim



正教会のイコンのようなご絵を見つけた。





[PR]
by ma_cocotte | 2017-07-26 15:12 | 『巡礼』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 田舎、ヴぁんざい。 おいしかったですけれど、 >>