<< 世界の其処此処彼処で 三日間で900g減り、昨日から... >>
葉月八月も14日となり、
今年は7月までに数度の酷暑の数日がありましたが、8月に入ってから連日の最高気温が20度程度の日が続きました。
ぐぁっ、しかし、こんにち14日早朝の天気予報によりますと、きょうは久しぶりの夏日になるそうで、ココんちあたり(そうさな、ラ・ロシェルとポワティエを結んだ線上)も午後には30度を超えるとのこと。

よくわからない心理ですけれど、わたくし、この夏日の予想を知り、なんだかうれしくなりました。
昨日まで10日以上、それは涼しく、今年はもう秋を迎えてしまったのではないかしら?と寒いくらいの横風やら高くなった空を感じ見ては思ったほどで、汗疹が出るほどの酷暑には辟易しているのに、夏らしさを満足しないうちに秋を迎えるのはなんとも胸中複雑でした。

昨日も犬の散歩中に家人とその話題になり、私のボヤキを聞いたココんちの仏人♂(=家人)が「今年は9月に夏らしい日が来るらしいよ」とポツリ。そして、歩を進める農道の際の茂みにドングリを見つけました。
b0070127_14272363.jpg
なんて立派なドングリ。
今は若々しい緑色でも連日20度前後だったらまもなく茶色から焦げ茶に変わっていくのでしょうね・・・しんみり・・・

と、おセンチ(← 昭和の死語ぢゃねー?)になったところでの夏日予想です。うっひょー。
靴の裏底を溶かすほどアスファルトが熱されることには納得行きませんが、それでも8月はやっぱり夏らしくあってほしいです。

閑散としていた旧市街のアイスクリイム屋さんもきょうは繁盛するのではないかしらん?と思ったところで、今日は月曜日だから定休ぢゃん、と気付いた私。ああ、なんて神さまはお商売音痴w

お仏蘭西におかれましては明日15日は聖母被昇天の国定祝祭日でありんす。
被昇天の聖母はフランス共和国の第一守護聖人なのです。
明日も夏らしい日となり、お昼頃にほうぼうの教会の鐘の音を聴きつつ、青い空を仰げれば、と希望します。

ぶんちゃっちゃ、ぶんちゃっちゃ、
マリアさまのこころ、それは青空、わたしたちを包む広い青空ぁああ♪
ぶんちゃっちゃ、ぶんちゃっちゃ♪ ですものね。うっふん。

le 14 août 2017, Kolbe




[PR]
by ma_cocotte | 2017-08-14 14:33 | 『夏』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 世界の其処此処彼処で 三日間で900g減り、昨日から... >>