<< わかるひとにしかわからないたと... 我らを試みに引きたまわざれ >>
夜明けに他の世界に旅立つひとが続く
昨日の朝はこんぴーたに火ぃ入れてフェイスブックを開いたら、作家ヂャン・ドルメソン Jean d'Ormesson の帰天を知りました。本を読まない私がなぜ彼を知っているかと言うと、ひと昔前まで住んでいた南仏蘭西の小さな町の公営図書館に彼の名前が冠されていたからです。図書館の名になるくらいだから既に亡くなっているのだろうと当時は想像しましたが、なんの。生きていた。それからしばらくしてテレビを買ったので、この作家が結構テレビ番組に登場する人物であり、フランス・アカデミーの会員であることも知りました。苗字に「ド」が付いているだけに品の良い紳士に私には見えました。


作家ヂャン・ドルメソンは昨日の夜明け前に旅立たれたのに、昨日は夜になってもニュウスだけでなく討論番組のお題もヂャン・ドルメソンの追悼ばかりでした。最新報道が知りたいのにな・・・と不満を持ちつつ就寝。一夜明け、こんにちは(今こうしてタイプしている時点で外は未だ夜明け前の真っ暗闇ですが)、いつもどおり5時に起床して雑務を終えてテレビに火ぃ入れたら様子がおかしい・・・なんと、かのヂャニ・アリデ Johnny Hallyday がこの深夜に他界したというニュウス。・・・・超ウルトラ号泣です。私ぢゃなくて、ココんちの仏人♂が・・・何せ、ヂャニを疑うことなく信仰していましたから。



ただ・・・、先月のはじめあたりからだったか、ヂャニの入院やら転院について報道が繰り返されていたので、その時点でかなり厳しいとは想像していたし、先週だったかヂャニが退院し自宅に戻ったと報道があったので、もしかして・・・と覚悟は決めてはいましたが、こんなに早く。74歳。

今年はこうして待降節に入って、共和国の超有名作家と超ウルトラスーパー大スタアが天国に旅立ちました。
天国では手が足りないほど多忙なので、天の御使いがお二人をお迎えに来たのだと思うことにしました。
特にこんにち12月6日はサンタクロースの愛称で知られる聖ニコラの祝日なので、ヂャニは聖ニコラの集配のお手伝いに呼ばれたのかもしれません。ヂャニの歌でサンタクロースが世界中の屋根もないところで生きている人たちにプレゼントを配るなんて、ヂャニも喜んでお手伝いを引き受けるにちがいありません。

それにしても、ニュウスがヂャニアリデ帰天の話題しか流していない・・・今日一日、この調子なのだろう。それは、困る。


le 6 décembre 2017, Nicolas





[PR]
by ma_cocotte | 2017-12-06 15:02 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< わかるひとにしかわからないたと... 我らを試みに引きたまわざれ >>