<< 「死んだらそれでオシマイのひと... 男もすなる日記といふものを、女... >>
瀬を早み岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思ふ
崇徳院ざますよ、崇徳院。
この9月から始まったNHKの朝の連ドラ「わろてんか」。
NETぢゃないテレ朝の連ドラ「トットちゃん!」が最高に面白過ぎるせいか、「わろてんか」については挫折寸前の私でしたが、今週の「われても末に」は意外にもハマりました。だって、崇徳院ですもの、崇徳院。

崇徳院で私が思い出してしまうのが、2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」での崇徳院です。井浦新サマ演じる崇徳院。最後の妖怪っぷりは怪演とはまさにこのサマと思ってしまったのはワタクシだけではあるまい(え?ワタクシだけですか?)。

百人一首でも、落語でも、崇徳院の歌が、何でしょうね、心にしみいります。
詠み終えて、自分の呼吸をおぼえるとでも申しましょうか。余韻。

朝の連ドラはハッピーエンドの土曜となり、めでたし、めでたし。
来週も続けて視聴する気になれました。


le 16 décembre 2017, Alice


余談ですけれど、私、大河「平清盛」のオープニングが大好きで、元気が欲しい時に聴きたくなります。
太鼓がたまらんとですなのです。




[PR]
by ma_cocotte | 2017-12-16 21:07 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「死んだらそれでオシマイのひと... 男もすなる日記といふものを、女... >>