<< 小雨まじりの初金の朝、マルセイユから いま出たお湯がもう水になった。 >>
ドつぼにハマって、さあ、大変。
1月2日からフランスでは何もかも平常営業に戻りました。

まずはこの日、冬のバーゲンが花の都おパリで始まりました。フランスの夏冬バーゲンの開始日は政府によって厳しく決められていますが、パリにおける先行1月2日バーゲン開始だけは毎年恒例のようです。ちなみにココんちがあるブッシュ・デュ・ローヌ県の2006年度冬季バーゲン開始日は1月11日です。隣町のカルフールには「1月11日午前6時オープン」というポスターが貼られていました。ところでコートダジュールのモナコ公国ですが、ここだけは飛び地して1月2日からバーゲンが始まりました。ですからモナコ周辺のフランス庶民はまず1月2日からモナコはモンテカルロのおしゃれなブティックでのバーゲンを楽しみ、1月11日から地元の生活に密着したお店のバーゲンに挑むと二度楽しめるのだそうです。

1月4日の朝は気持静かに明けました。幼稚園と小学校は毎週水曜日が休日なので、朝8時頃聞こえてくる恒例の車のエンジン音が若干少なくなります。子供を送る母親の軽やかなおしゃべりの声も聞こえてきません。私が実家に戻ったたった18日間の間に日本では3件の幼児誘拐殺人、1件の少年行方不明事件がありました。「なんとかせねば」とテレビから声高に聞こえてくる割に、外出すると子供達だけでフラフラと帰路を歩いているのを見かけたりしてしまい、どうも願いと実行の強さや速度に違いがあるように思えました。せめて学校の門から各児童の自宅玄関まで子供が決してひとりにならない方法はないものか考えて欲しいですね。両親が共働きで送り迎えが難しいならば、おじいちゃん、おばあちゃん、近所のヒト・・・なんて私が子供の頃には簡単に閃いた解決法ですが、現在は小家族だったり、近所との交流が薄れたことで他人を信用したり、頼ることができなくなってしまったのかもしれません。私が住むようなフランスのド田舎ですとまだ隣組のような感覚が残っており、例えば毎朝道の角々にヒトがぽつんぽつんと立っています。彼らは仕事仲間の車を待っているのですね。数人で当番制にして仲間をピックアップしつつ会社に向かいます。今も相乗り出勤&退社の習慣が残っており、こうやって互いに助け合って、互いの節約を応援しています。地方ゆえの信頼関係でしょうか。都会の便利さは人間関係を希薄にするのかもしれません。

さて、水曜日午前、私が昨年12月17日実家からココんちに郵送した小包が届きました。
b0070127_18305891.jpg
至る所、穴ぼこだらけ。まるで日仏友好の証のように日仏双方の郵便局のガムテープが縦横無尽に貼られていても、穴ぼこだらけ~ぇ。こんなにテープが貼ってあるのも穴が開いたから貼られたのか?それとも穴が空けられたからテープを貼ったのか?謎でございます。知る由もございません。ただちょっと頭に過ぎっているのは、箱が超人ハルクのごとく膨れて爆発したかもしれない、ということです。というのは、今回、この箱の中に圧縮袋に入れた布団を詰めたのです。素人判断ではありますが、それが気圧のせいで膨らんで、貨物室で
ひとりハルク
状況を想像すると虚無感に襲われたりもします、いやシカと見てみたかった気もしますが、ニッポンのユーセーコーシャーのテープが貼ってあるということは機上前に既に成田でハルクしていたのかもしれませんね。

それはいいとしてこの穴ぼこハルクをココんちに持ち帰り、箱奉行ぷろすぺえるの前で開封しました。確か私が実家で詰めたものは入っていました。・・・が、しばらくすると「あれ?本はつめなかった?CDを入れなかったっけ?」なんてことが頭を過ぎり始めました。ユービーンから集荷にいらした方に中身を問われても「ゴミしか入っておりませんのよ。ヴぉーふぉっふぉっ」と私が豪語したことだけは妙に鮮明に覚えており、ゴミしかつめなかったのだから詰めたもののリストなんて作りもしませんでした。いや、幼少の頃より「根深いンぢゃないかい?」と疑われるほどの記憶力を持っていたので、大したものを詰めなくてもゴミの内容くらい記憶しているという過信が私自身にあったのかもしれません。が、今回はものの見事に記憶が曖昧。人生、下り坂。どよよよーん。

ハルクな箱の容積のほとんどは布団で占められていましたが、布団に守られるように猫グッズやら手荷物で持ち込めないものなどを詰めた記憶があります。「足ツボサンダル」なんてものもあり、実家に置きっぱなしで誰も履かないものをココんちの室内履きとして履きましょう。かつてこの各突起に関連内臓部位が書かれたおしゃれから程遠いサンダルを購入した私が、このサンダルにとって満足ゆく一生を与えねばなるまい。そんな使命感を抱えてサンダルに足を入れて、歩いた・・・。サンダルの突起が足の裏に当たって、今の私は

生き地獄

まるで素足で火渡りするがごとく、まともに歩けないほどよろめいてしまうのですが、もしかして私のツボというツボ全てが病に冒されているンでありましょうか?履き始めに痛みを伴うのは存じてはおりますが、これほどの強烈な痛みははじめての経験でございます。刺激、感激。もしかしてこの痛みを乗り越えれば「蘇る金脳」?いや、「蘇る煩悩」・・・。

le 5 janvier 2006, Édouard




【川】 お湯は流れる、あなたの胸に 【川】

・・・なんて口上は程遠く。
1月4日朝、電気屋さんに連絡したものの「担当者から折り返し電話します」と言ったきり、その日一日、折り返しの電話はありませんでした。ま・ここっつぁんがひっくり返って給湯器底の蓋を取り、赤いポッチンをポッチンとしたのが1月3日夜のこと、案の定1月4日夜にお湯は水と化しました。

ココんちには暴れん坊の猫がいるので、蓋をはずしたままたわわと垂れ下がる電線を晒しておくことは不可能。そうかと言ってお湯が水になるたびに蓋をはずして赤いポッチンをポッチンなんて作業は質面倒臭い作業であります。

1月5日朝、他の電気屋さんに電話したら「午前中に伺います」という色よい返事を貰いました。故に昨日頼んだ電気屋さんに断りの電話を入れたら、「今日行くことになっています。電話あったでしょ?え?なかったの?それは彼がかけなかったんだから私のせいぢゃない」といういつものフランス式攻撃口調が受話器から飛び出てきました。時系列で今朝こちらが頼んだ電気屋を断れ、だってあんたが昨日頼んだ電気屋はあんたのために今日行くはずなんだから!とまで言いやがりました。

なんか納得いかんけど、電話の向こうの仁王立ちシュッシューな口調も怖いので、今朝頼んだ電気屋さんにキャンセルの電話を入れた途端、昨日電話すべきはずの電気屋さんがとぼけた口調で電話してきました。今日(5日)午後、いらっしゃるそうです。
本当に来るんだろうなあ、おい。
1月5日、夜明け前から氷雨が降っておりますよ。

【追記】午後4時45分頃、電気屋さんから電話あり。交通事故に遭ったんですと。
明日(1月6日)午前10時までには絶対、必ず行くから・・・だってさ。本当かよーっっ!?
[PR]
by ma_cocotte | 2006-01-05 19:28 | 『?』なたわ言 | Comments(8)
Commented by mms at 2006-01-05 20:05 x
ma_cocotteさん、

新年明けましておめでとうございます!
今年も楽しみに覗かせていただきますね。

ところでこのダンボールの穴、我が家に届く日本からの小包と全く同じでございますよ。穴の場所まで一緒!
私も『詰め過ぎ、重すぎで壊れた?』、『税関(?)でチェックしている?』と訝っていたのですが、やっぱりどこかで故意に開けているのではないでしょうか??
Commented by ma_cocotte at 2006-01-05 20:57
■mmsさま、あけましてぼなね。ぼんぬ・ふぇっと。ぼん・さんて。
穴の場所が同じですか?・・・となるとやはり税関が空けているのかしら?
今回はたまたま布団だったので中身が落ちずに済んだような気がして
いるのですが、申告金額0円のゴミなのに箱に穴を空けるとは!
今回は地元の郵便局ではなく、倉庫の方から連絡が来たのも気になる
点です。
Commented by miepon61 at 2006-01-05 22:09
そうそう、ひさしぶりに健康サンダル履くと、ほんと何があったの?
と言いたくなるほど痛いですよね(経験アリ)
でも慣れると裸足でいても足裏ぽかぽかになるし。
がんばってツボ刺激して、健康体をゲットして下さい。
Commented by ma_cocotte at 2006-01-05 22:23
■mieponさま、やはり日本は東洋医学や美容意識ではグンを抜いて
いますね。優秀だと思います。足ツボサンダルですが、昨日からヒーヒー
叫びながらマゾ状態ですわ。どうも十二指腸、尿管、膀胱あたりがヤバい
みたい・・・。
Commented by dragon-act at 2006-01-06 01:31
電気屋さんきましたかー?
今日のおふろ、まここっとさんを思い有難くいただきました。
健康サンダル、誰でも久しぶりに履くと痛いものなのでご心配なく。
本場脚ツボマッサージやってもマッサージ師が悔しがるほど痛がらないわたくしですが、サンダルは飛び上がる程痛みを感じます。
Commented by ma_cocotte at 2006-01-06 01:39
■veloさま、電気屋さんは来ませんでした。
交通事故に遭ったんですと・・・。
で、明日遅くとも午前10時までには必ずや訪問します、ということでした。
本当かなあ・・・。
サンダルは生きナマ地獄だわさ・・・。確かむかーし実家ではちゃんちゃら
笑いながら履いていた記憶があるのに。なんか全身が病なんぢゃないか?
と思い始めた(笑。

脚ツボマッサージ、一度経験してみとーござる。
Commented by さくらくら at 2006-01-06 05:59 x
あけおめ♡ 今年もよろしくお願いします♪
しかし、、お湯が出ないというのは辛いですよねぇぇ
明日、ほんとうにちゃんと電気屋さんが来たなら、
「今日は事故らなかったんですね」とか皮肉のひとつや
ふたつ、、言っちゃうな、、私なら(^^;)

Commented by ma_cocotte at 2006-01-06 06:18
■さくらくらさま、おはようございます。朝6時だ!
そしてあけましておめでとうございまする♡
こちらこそ今年もよろしくおねがいいたします。

なんといいましょうか、昨日は「折り返し電話する」で折り返しなし。
今日は「午後うかがいます」と言って「事故のため行けません」と午後
5時近くに電話。ずーーーーーっと待っていたのに。

フランスはこういう国なのです。日本がうらめしや。

明日は事故ったヒトの代わりに偉いヒトが直しにいらっしゃるそうだ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 小雨まじりの初金の朝、マルセイユから いま出たお湯がもう水になった。 >>