<< 『矛盾政権の時代』が恋しや、ほ... 3月28日全国anti-CPE... >>
花を愛でる季節だと言うのに、
今年も花粉症を発症してしまいました。
半月ほど前から予兆はありましたが、昨年春に飲んだ錠剤が残っていたのでそれでしのいでいたのですが一昨日それが切れた途端、発症です。昨年 ほどではありませんが、昨日明け方3時にくしゃみと水っ洟が止まらなくなり何度も寝室とトイレを往復したことでココんちのフランス人♂が安眠妨害と判断し、「即刻、医者に行ってくれまいか」と自分のため私に命じましたので、昨夕病院に飛び込んで来ました。昨年は人相が引き出物の鯛のおかしらそっくりになるまで我慢し忍耐を売り物にしていたのですが、今年はそうなる前に病院に行っただけマシかもしれません。とは言え、予約をいれずに病院に飛び込んだのでアレルギーの専門医はおらず、一般内科での診察となり、2時間近く待つことになりました。日本の病院に比べれば2時間くらいは耐え忍ばなければならないことでありますね。先生は体育会系のさわやかなムッシュウで、終始和やかに時は流れ、お薬も無事手元に。

b0070127_231157.jpg
左から鼻の穴にぶちこむ薬、目薬。水色の小粒は錠剤です。

私には飲み薬が最も効き目があります。ヤクが切れると目やに、水っ洟がビョービョー。明け方のくしゃみもつらいものがあります。ただ不思議なのは毎朝、くしゃみで起床後2時間程度くしゃみと鼻水に悩まされますが、その後鼻水もくしゃみも止まります。これが花粉症の特徴でしょうか。

花粉症と言っても個人によって反応する花粉は違い、私はどんぐりのなる木や針葉樹の花粉に反応しやすいのです。かつての職場の同僚はブタクサ花粉のアレルギー症で、症状のピークになると顔が熱を持ってしまってお化粧もできなくなるほどでした。

私が花粉症を初めて発症したのは社会人一年目でした。社会人になったことがきっかけだったのか、単なる偶然の一致なのかは知りませんが、どうもフランスでも年々花粉症を発症する人が増えているらしく、薬局のショウウィンドウにもアレルギー対策のディスプレーが春先に出るようになりました。CPEの闘いが続けばストレスで花粉症を発症する老若男女も出ることでしょう。今日も国会中継を見ていたら《松町の大臣(ド・ヴィルパン氏)》はまつげまで白髪と化し、目のしばたきが強くなっておりましたよ。議場内はPS(社会党)より左の野次は止まらないので、おそらく大臣(おとど)はアレルギー性くしゃみでもぶっぱなして一掃したいと思ってらっしゃるかもしれません。いや、願いをかなえるハクション大魔王の登場を期待なさいませ。

毎年花粉症になると私はなぜか「シベロンブロック」という言葉を思い出しますが、私の手元にシベロンをブロックするものがないので子供の頃の鼻血止めのようにちり紙を鼻の穴にぶち込んでみたりします。これだけで不思議と安眠できるのです。SIDA(シダ、=エイズ)や鳥インフルエンザと並んで花粉症もこの世から撲滅して欲しい病です。世界中の研究者の皆さんたち、頑張ってください。

le 30 mars 2006, Amédée
[PR]
by ma_cocotte | 2006-03-30 23:36 | 『?』なたわ言 | Comments(18)
Commented by papillon-e at 2006-03-31 11:01
ma_cocotteさん
お気持ち,大変よくわかります。私も18の頃からそれらしき症状が出始め,アレルギー性鼻炎なんて言葉もなく,人様から「みんなが待ち遠しいと思っている時期にそんなんになるのは、よっぽど人として劣っているんではないか」とか「いい人ではないのよ」等と意地の悪い言われ方をされた覚えがあります。
 そう、鼻にチッシュを詰め込む方法は正しい。鼻から息が出来るような錯覚と鼻水が垂れてくるのを止める役割がありますよね。家にいる時はほとんど鼻にチッシュを詰め込んで、うろうろしておりました。時に,両方の鼻にチッシュをいれ、牛のようになってました。
 
Commented by papillon-e at 2006-03-31 11:01
続き
ところが、40の声を聞いたあたりから、花粉症がましになってきたのです。2月3月は『人間やめます』『早く人間にもどりたい』状態はほど情けなかったのですが、ましになってきたようです。23、4年ほどすると免疫もしっかり定着するのか?それとも身体のなかで変化かおきたのか、年齢による物なのかはわかりません。が、多少のくしゃみと鼻水はでるものの、以前ほどではない。50になる頃にはすっかり、すっきりしているのではないかと期待しているのですが・・・・。
ma_cocotteさん。この時期が過ぎてくれるのをひたすら祈るばかりです。がんばって乗り越えてください。
Commented by ma_cocotte at 2006-03-31 21:32
■ぱぴよんさまの周りには厳しいことをおっしゃる方がいるのですね。
京都ゆえ?の表現でしょうか?私は関東ですが、何度か京都の方々には
独特な感情表現があると聴いたことがあります。気にしちゃいけませんよ。
健康を過信するくらい恐ろしいことはありません。こういう厳しいことを言う
方々はご自身が思い通りにならない病になって他人のつらさがわかる
ことが多いです(残念ながらそうなっても自己中心で他人の気持になれ
ない人もいますが)。
鼻にティッシュは有効ですか?心理的にも有益なのですね。ほっ。
花粉症になるとなぜか午前3時頃にくしゃみが出まして、寝惚けながら
鼻にティッシュを突っ込んで寝るという日々が続きます。でも、これだけ
でもムズムズしないものですよね。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2006-03-31 21:32
■今は仕事をしていないので花粉症も自宅内謹慎で最小限に食い止め
られますが、OL時代だと実に不安。顔が腫れてお化粧のりが悪く
なったりしたら最悪ですね。会社や世間はそういうことを厳しく批判する
人が多いので、ストレスがますます増大になります。悪循環!!

私は年によっては発症しない性質なんですが、ここ数年は毎年発症。
自宅の周りが針葉樹林なので当然なのかも。おとといいただいた点鼻薬が
なかなか効いているみたいです。飲み薬より効いているかも♪
Commented by ぴよよん at 2006-03-31 21:44 x
幸いなことに今まで花粉症とは無縁だったのですが、今日は朝からいきなりくしゃみの連発、その後も鼻水と格闘を続け、鼻のかみ過ぎのせいなのか頭もボーッとしています。
ああ、いよいよ花粉症発症かしら?とどきどきしているところです。
知り合いは花粉の時期はマジに仕事にならないので、外からの電話に出なくてよいと職場で言われているそうです。
ぱぴよんさん(はじめまして!)の話は興味深いですね。
花粉症になったら一生戦い続けなければいけないと思っていましたが、そうではないのかもしれないんですね。
でも、今からかかったら、そうなるまでずいぶん時間がかかるということですね…(涙)。
Commented by ma_cocotte at 2006-03-31 22:26
■ぴよよんさま、微熱を感じる前に対処しませう。
微熱が出るとつらいですし、ほぼ同時に顔がはれぼったくなって化粧のり
が悪くなったりします。外出予定があるようでしたら早めに病院へAllez-y!
フランスも年々増えているようで、昨日薬局の前を通ったら花粉症対策の
ディスプレイでした。今頃は猫の発情予防ピルがスタンダードなのに(笑。
それだけストレスと環境悪化がフランスにも及んでいるのかも。
マロニエの花粉もつらいっすね。
Commented by ミリアム at 2006-04-01 11:53 x
私も16歳から今まで(かなり長い間)スギ花粉に大反応で、毎年薬を
手放す事が出来ません。
鼻ムズムズ&くしゃみ連発で人との会話も成り立ちませんよ(笑。
おまけにこの時期は鼻が敏感になってるせいか、日頃は反応しない
猫の毛とかにも少し反応気味です(^^;
鼻粘膜を焼いたりとか治療があるらしいですが、恐ろしくて飲み薬で
耐えてます!

ココさまも頑張って乗りきってくださいね☆
Commented by M@s@sumi at 2006-04-01 15:10 x
m@_cocotte様、今日は。

佛蘭西製の賣薬は日本製の賣薬よりも強力ではないですか。わたくしは佛蘭西製の賣薬は風邪薬ぐらゐしか服用したことがないのですが、日本の賣薬よりもかなり強いなといふ印象を受けました。

賣薬と言へば、中國製の賣薬は、痩せ薬で死者が出たことでもわかるやうに、日本製の賣薬よりも遙かに強力です。わたくしが中國の辺境(吉林省延辺朝鮮族自治州)の朝鮮族の高校で日本語を教へてゐた時に、日本で数年暮らしたことがある校長(朝鮮族)から「中國の薬は、安全第一の日本の薬と違つて、非常に強いから、風邪を引いても、勝手に薬局で薬を買つて飲んだら駄目だよ。死んだら大変だから。」と注意されました。それゆゑ、風邪を引いた時には、いつも北京同仁堂製の漢方系の風邪薬を飲んで凌いでゐました。

北京同仁堂
http://www.tongrentang.com/c_index1.php
Commented by ma_cocotte at 2006-04-01 16:41
■ミリアムさまも重篤な花粉症を持ってらっしゃる。
16歳というと高校入学頃でしょうか?私は社会人一年目で発症しましたが、
どうも花粉症患者さん達に共通して言えるのは環境変化の節目の年が
発症初年という方が多いということですね。私は目ヤニ、水っ洟、くしゃみの
三拍子です。昨年は我慢しすぎて顔が腫れてしまいました。朝はまぶたが
くっついて目も開けないほど。今年はそうなる前に(というか、夫の迷惑
顔に耐えかね)病院突入いたしました。ははは。
私は薬アレルギー持ちなので日本ではメジャーな注射だけでも抵抗あり
ですが、鼻粘膜を焼くというのは・・・鼻の穴の周りを黒く塗った自分の
顔を想像して爆笑!!!! 写真左の点鼻薬はなかなか効果あり、実感中です。

ピエール氏はその後いかがですか?ネストールはあいかわらず肩から
背骨がゴリゴリーノ君です。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-01 16:50
■M@s@sumi さま、おっしゃるとおりです。欧州のお薬は日本人には
強すぎますね。飲んだことでかえってクラクラバッタンQになることもあります。
倒れるまでにならなくとも胃をやられないように要注意ですね。
私は中國という国は仕事関係(でも私は常にトンキンにいる状態)でしか
存じませんが、食文化だけでもオーラッラー!なのにお薬でも念には念
を入れての注意が必要なんですね。内陸部のエイズ問題などの噂も
もれ伺ってはいますが、あまりの人口肥大で「ヒトひとりの死」の重みの
感覚が失せているように思えたりもするのですが。こういう倫理面でかの
国を警戒してしまいますね。M@s@sumi さんは校長センセに愛されて
いたのでしょう。命を守ってもらえて良かった!

北京同仁堂は確か池袋西武に入っていた記憶があります。
Commented by 7sept at 2006-04-02 12:15 x
ま さま おげんき?  ああ 忘れもしません
オランダには何度も行っているのにチューリップの頃に行ったことが無い
というので 花咲く5月に行ったのでした すべての花がいっせいに咲き乱れそれは美しかったことを覚えております 日本から来たというつつじの並木道がありました つつじは普通大きい木ではないのに背丈ほどもあるのでした その素晴らしさに目を見張っていたときです
突然 春の突風が吹き荒れました 花が大きく揺れて花粉が飛び散ったのです それを顔中に浴びた私は 目を異常なかゆみが襲いくしゃみが
とまらなくなったのです アレルギーへのキャパがなくなり体内のコップから反応水がこぼれ出た瞬間でした うげ~~いまでは白樺もだめで
猫ちゃんなんぞぞばにいたら くしゃみがとまりません  でもお医者行かない あは おフランスの RHIのふぇぶRAる のお薬が一番なの私
もっとも アレルギーでも無い時に飲むと 頭くらくらするのよん
Commented by 枇杷@お休み中 at 2006-04-02 15:05 x
私の花粉症は、関東に出た頃くらいからでしょうか。以来、地元に帰ってからもずっとお付き合いしておりますが、毎年辛いです。

いま、微熱状態。
鼻水が止まらず、夜中にくしゃみで眠れず、睡眠不足、鼻や喉の粘膜が痛いです。雪が降ったりしたんで、もうちっと、と病院行きを伸ばしていたら、粘膜を傷めすぎたようで医者に叱られました。
やっぱ薬がなかなか効きませんです。そう、ブタクサとかイネ系の帰化植物は私もアレルギーで秋にもう一度辛い季節を迎えます。目はそんなに影響を受けませんが、症状は人それぞれなんですね。顔が脹れる方というのは初めて知りました。

ごく軽い時は、(漢方系の売薬なんですが)ホノビエンという薬で対応してるんですけど、これが効かない数週間が地獄です。頑張って乗り切りましょうぞ。

(・_、・)ズル
Commented by ma_cocotte at 2006-04-02 16:59
■7sept さま、お薬を教えてくださってありがとうございます。
私は普段健康過ぎるので、この時とばかりにMutuelle 利用!
今回は飛び込みだったのでMedecin generaliste による処方箋。
点鼻薬は効き目を感じるのですが、肝心の飲み薬が効いているのか
よくわからない物足りなさを感じるものです。もそっと様子を見てダメ
なら専門医行きですね・・・。ったくなあ、花の美しい季節にこういう病気
というのは美しくない。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-02 17:04
■枇杷さまもやはり生活に変化が現れた年に初発症ですね?
ストレスなども関係しているのでしょうね。はー。
微熱状態に入って味盲になってしまうと悲しいですぞ。病院にレッツラゴー。
友人はブタクサで人相が変わるほど腫れ、しかも熱を持っている赤ら顔
になってしまいました。職場だとお化粧していないとそれをクリティックする
男性などもいるので、かわいそうでした。
若葉の季節は大好きなので、今以上悪くならないよう努力してみます。
Commented by しぇリ~ at 2006-04-03 22:00 x
日本ではカスピ海ヨーグルトがよいと言われているとか。
腸を丈夫にすることでアレルギーを緩和させるらしいです。
なので、ヨーグルトを食べてみてはいかがでしょうか?
悪くならないように祈ってますね。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-03 22:14
■しぇり~さま、ヨーグルトはほぼ毎日食べているのぢゃあ。
腸を丈夫にするとなるとビフィダス系のヨーグルトが効き目あるかしらん?
Commented by しぇリ~ at 2006-04-04 23:55 x
ちと違うかも。。。

カスピ海ヨーグルトはビフィズス菌でつくるヨーグルト(高温発酵ヨーグルト)と違い常温発酵するヨーグルトなので、牛乳本来の栄養素であるカルシムやたんぱく質も摂取することができるそうです。
そしてカスピ海ヨーグルト特有の粘り成分である粘性多糖体には抗腫瘍作用や免疫活性化作用があると言われています。ただ、解釈によっては、免疫活性化が原因で花粉症が起こるという説もあるのですが。。

冷え性の私はヨーグルトアイスクリームが苦手。そしてオランダではカスピ海ヨーグルトが手に入らないのと比較的ヤクルトが手に入りやすいので、私はヤクルトを飲んでいます。なぜか、ヤクルトを飲むときは歯磨き同様に腰に手をかけてしまいます。。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-05 00:22
■しぇり~さま、ほー。
グレックヤウールはしばしば見かけますが、カスピ海となるとBIO屋さん
で調達でしょうか?薬局ぢゃないですよね?グレックで代用も無理ですか?
引っ越したら生乳でも飲みますかね。リンゴ林のド真ん中で!にゃはは。
ああ、ジョアのレモン味が飲みたいよー。大好物でもちろんヂューヂュー
と吸えるだけ吸いますです。えっへん。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 『矛盾政権の時代』が恋しや、ほ... 3月28日全国anti-CPE... >>