<< 今年の魔女は火にあぶることがで... Comme d'hab... >>
心身にギクシャクあらばシジュウになっても惑うだろうよ。
3月はじめに 独断で思い込んで消えてもらいまショウ というタイトルで自己中心かつ身勝手な思い込みが発端になった事件についてボヤいたが、それから一か月も経たないうちにまたも我が母國で何の罪もない9歳の男の子が縁もゆかりも面識もない41歳の男性によってビルの15階から落とされ亡くなるという事件が起きた。3月20日に発生したこの事件は9日後同じ場所で68歳の女性が襲われ一命を取り留めたことで急展開、4月2日に容疑者を逮捕した。なんとも脳味噌が瞬間沸騰してしまい言葉を見失ってしまう話である。

私が尊敬しているスペイン人の修道士は1955年来日直後から現在に至るまで少年院、鑑別所、刑務所で教誨師と篤志面接員を務めているが、いつも陽だまりのごとくナンピトも受け入れ話し相手になる彼が言うには、
1.この世の中には理由のないことは一つもありません。
2.この世の中には悪い人は一人もいません。
3.人間の幸せは人のために尽くすことです。
なのだそうだ。
そんな彼の言葉を心に置いてこの事件を改めて眺めてみたけれど、私にはまだ彼の言葉に黙ってこっくり頷けるほどの余裕はないようである。この事件を知れば知るほど納得いかないことが出てくる。例えば逮捕直後の容疑者は「殺そうと思って投げ落とした」とはっきり供述したそうだ。「落とした」のでもなく「突き落とした」のでもなく「投げ落とした」のだ。その後、彼はリストラや減給などを理由のごとく挙げているらしいけれど、自身の理由は何であれ、対象が罪びとであろうと、縁やゆかりや面識があったとしても「命あるものを投げ落としてはならない」ということを妻一人、子3人と共に住む彼ならわかっていたことではないだろうか?

どうも彼の供述を読んでいると、嘘がバレた子供が指摘した人物と目を合わせず、伏目がちに目をうろうろさせている光景を連想する。が、彼は41歳である。一昔前の男性なら四十歳を迎える年の年賀状には「今年、不惑を迎えますが」という書き出しで初心を述べるのが当たり前だった。「シジュウニシテ惑ワズ」という言葉も日本人の寿命が延びたことと平行して該当年齢が先送りされたのだろうか?んな馬鹿な、である。かなり前、玉の輿に憧れる女児に対してシンデレラ症候群、永遠に大人にならず子供でいたい願望をピーターパン症候群なんて呼んでいたことがあった。私もいちおうこれでも少女だった数年があるのでとてつもない夢を持ったこともあったが、それに気付いた親が「身の程を知れ。高望みはするな。」と私に注意してきた。きょうび日本の子供達は身の程や高望みを実感する機会があるのかな?とふと思った。欲しいと思ったものをねだると何でも与えられて育った子はどんな大人になるのだろう?例えばオリンピックで金メダルを手に入れるために「何でも手に入る」、「何でもデキる」という疑いのない自信を持つことは心理的に有効だけれど、競技競争を離れた普通の世の中には「どうしても手に入らないもの」、「努力したところで成し遂げられないこと」があることをわかっているのだろうか?

フランス語には homme mûr (オム・ミュウ)という言葉がある。「成熟した人間」という意味である。そこはかとなくラテン(=理性より本能が強い)なフランスでは子供が18歳にもなるとライオンが我が子を崖から落とすごとく家から追い出す親も多い。自立した「成熟のヒト」になるための第一歩である。こんな習慣があるから例のCPE問題で「失業して家賃が払えなくなったら戻る家もない」と騒いでいる若者がいるのである。

ところが、川崎の事件の容疑者は41歳である。不惑を過ぎたのに何を血迷ったのだろう。彼は妻子ある家庭人だが供述内容からして「一家の大黒柱」よりどこか自己中心の幼さを感じる。リストラされたら、減給されたら、彼の立場になれば私だってつらい。でもそれが原因で心にもたらされた悩み、苦しみ、苛立ちを他人を殺めたところで完全消去できないことぐらい私はわかっている。寧ろ、その行為によって更に深い混沌の獄に落ちることも予想できる。しかもこのようなことをしたら家族がどうなるのかも想像できる。彼は世間はもちろん同じ屋根の下に住む家族も見えなかったのだろうか?ただ自己のモヤモヤを回避するために彼は凶行に及んだのだろうか。

フランス人は「家族思い」が多い。終業10分前には身辺整理して時間が来たらすぐに退社する。夫婦共働きなら16時半に授業が終わったにもかかわらず学校で親の迎えを待ち続けている子供がいるので尚更である。日曜日は家族デーで、四季を通じ創意工夫して家族のきずなを強くしていく。夏休みの二ヶ月間、フランスのテレビは思いっきりつまらなくなる。家族サーヴィスに励め、ということである。そして出世すると休暇が思うように取れないと昇格を拒むヒトもいるくらいだ。現実、昇給率の悪いフランスでは給与ほどほどの方が国からの補助金をマックスに受給できるのも出世拒否に影響している。これらのことを夫婦のどちらか一方が怠り始めたら黙っているフランス人ではない。さっさと離婚して自分から苦痛と悩みを取り払って薔薇色になった気分になる。会社でのストレスも南仏の独身男女なら車のトランクに折りたたみ椅子とパラソルを常備して、帰宅途中に「いつもの」浜辺によって1,2時間日光浴という気分転換をするヒトばかりである。そこで新しい愛が芽生えちゃうこともあるそうだ。家族があろうとなかろうとフランス人は公私混同せず、ストレスを発散する要領も得ている。

中野島の事件を振り返るとやはり容疑者の心と身体の歯車がかみ合わずギクシャクしているのが伝わってくる。彼の生い立ちや家庭を持ってからの環境など社会背景や個人的事情を絡めて分析せねば殺意の動機や弁護のツボも見出せなさそうだ。彼は家庭でも学校でも一度も怒られたことのない優等生のまま大人の体格になってしまったのだろうか?友達と喧嘩したこともないのだろうか?道で転んで擦り傷をつくったり、ナイフで指を切ったこともないのだろうか?まさかとは思うが昨年9月の失職まで恥らしい恥をかいたことがないのかも。
失職は失望という感情を生み出すだろうが絶望ではあるまい。
私が昨年12月2日に帰省し19日に出国するまで日本のテレビニュウスは新聞三面記事の話題が主だった。本来ニュウスというものは政治や経済、教育の動向を伝えるものだろうに、今年に入っても国会では学級会まがいの見世物ショウを開催し、世間は大騒ぎしていた。そして「我が子のために邪魔を消した」と殺害理由を供述する母親が現れたりもした。どうもきょうび日本では容疑者の図体がデカいにも関わらず思考が幼すぎるという「心身ギクシャク事件」ばかりがあらゆる形で起こっているように思う。何が原因なのだろう?どうせ一度の人生ならヒトとして成熟もせず青い実のまま枝から落ちるより、人生の半ばで十分熟して他人に「味わいあるヒト」と言ってもらえた方が「自己満足」を得られるだろうに。不惑で熟したとして、それを境に朽ちて行くのか、熟成して更に深みを増すのかはその人の生き方次第だろう。

心を過ぎる暗雲を晴らす手段を知らず、考えあぐねて見出したものが「殺人」で、「他人を消して自己満足を得た」なんて台詞が聞こえてきたら、もう日本もオシマイなんぢゃないかと思う。自分を愛してくれるヒトがひとりでも頭に思い浮かぶなら、そのヒトを悲しませるようなことをしてはならないよ。


le 8 avril 2006, Julie

【Rétroliens*Trackbacks】
*あんとに庵◆備忘録 : 身勝手な精神

[PR]
by ma_cocotte | 2006-04-08 00:08 | 『?』なたわ言 | Comments(42)
Commented by hana at 2006-04-08 15:08 x
こんにちは。この犯人は40代ですが、日本は他国に比べて
50代の犯罪がとても多い国だそうです。そこらへんも関連性が
あるのかな、と思ったりもします。日本社会は働き盛りの
この年代の方たちが感じるプレッシャーに無頓着なのかも
しれません。
先日キャンデロロ氏の発言について質問しましたが、
氏は正式に「侮辱する意図はなかった」として
謝罪コメントを出したようです。やはり「日本人は
荒川さんの金メダルでおなか一杯でしょう」という
意味だったようですね。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-08 15:40
■hanaさま、50代の犯罪の種類はご存知ですか?
40(不惑)で熟して朽ちるのを選んだんでしょうね。
不惑で熟してその後更に熟成すべきなんだろうに。
仕事に没頭したあまり、失職ということで片腕をもがれてバランスを失った
のも推測できますが、そのバランスを元に戻すのは「殺人」ではありませんよね。
なんなんでしょうね。どうも最近の日本國における犯罪を見聞していると
自己の不満を消す手段として殺人まで選択肢に入っているように思えます。
変ですよ。
50代は団塊ジュニアですね。この世代を上司に持つと苦労することが多いです。

キャンデロロ氏ご自身が苦労して今の生活があるので、侮辱するのは
彼には難しいでしょうし、皮肉を言えるほどのセンスはないと思います。
彼は大金持ちになったのに、今もMaison Jumelle (二軒長屋)の
かわいいおうちに住んでいることはフランスで知られていますよ。
よく言えば倹約家(しかも一族で)。その話題になるとゲストはもちろん
彼です。
Commented by Paris at 2006-04-08 17:25 x
ma cocotte様 犯罪ですが、以下友人から聞いて驚きました。ご存知
でしたか?こんな風に風俗だけでなく男性がお金さえあれば何でもできる!?と思ってしまう場所があるのも問題かも。
「メイドカフェと言うのは秋葉原にたくさん有るらしいのですがゲームなどのオタクの人たちが集まる場所で少年漫画に出てくるような可愛い女の子(ロリコンの人好みのような感じの)のイメージで欧米のメイドさんの格好(黒いワンピースで白のフリフリのエプロンで頭にも白のフリフリのカチューシャ様の物をつけていて…)をした女の子たちがいるお店でお店にはいると「ご主人様、お帰りなさいませ」って迎えてくれて、喫茶店のように飲み物を頼むんだけど、500円で30分(お店によって時間は違うらしいけれど10分と言う所も有るそうです)女の子とゲーム(あっち向いてホイとかじゃんけんとかのたわいもない遊び)をできると言う場所。とにかく、お客さんがご主人様でメイドさんが何かにつけて「ご主人様」と連発して客をもてなしている。」 こういうのを作って流行らせる仕掛け人がいるのでしょう。少年漫画、劇画の類は、本屋から通常の本を駆逐してますし。
Commented by Paris at 2006-04-08 17:34 x
ma cocotteさま

>50代は団塊ジュニアを上司に持つと苦労することが多いです。

あ、もうちょっと教えてくださいませんか。急いでいませんので、気が向いたら、ということでけっこうです。対処法を考えたいのです。私は相手の年代でなく、育った環境によるかな、と思っていたのですが、そういう傾向が
その年代にあるとは思ってみませんでした。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-08 18:58
■Paris さま、メイドカフェについては存じておりますよ。
ブログのそこここで良くも悪くもこのKWが登場しますね。
昨年12月の帰国時に秋葉原に行く時間がなかったのですよ。
有楽町やら池袋のBCで済ませてしまった。後悔。
まあ、広尾のアンミラのおねいさんが愛想よくなったようなもんでしょ。

団塊世代&そのジュニアですが、おっしゃるとおり育った環境でしょうね。
戦後日本の教育改革の洗礼をモロに受けたのは団塊世代ですもんね。
これからどんどん団塊ジュニアなスピリットを持った子が湧き出てくるのでしょう。
Commented by Leïl@,je t'@ime at 2006-04-08 21:07 x
m@_cocotte様、今晩は。「M@s@sumi」改め「Leïl@, je t'@ime」です。

下記のブログの記事を読むと、我が國では50歳代と60歳代による殺人事件が増加傾向にあるやうですね。末世到来の予兆でせうか。

少年は凶悪化しているのか-「殺人」の場合
http://kasabake.jugem.jp/?eid=18
Commented by ma_cocotte at 2006-04-08 21:29
■M@s@sumiさま、告白せずともすぐに誰だかわかりましたよ。
へっへ~ん。
団塊世代とジュニアについてはこれからどんどん深刻になっていくと
私は推察しています。無理だよ、今更。アメリカンレッド&ッキョウソめ~。
です(笑。団塊世代の危機は彼らのアシをしていたOL陣はみな気付いている
と思います。私もそのひとりだったけれど、この世代の家族問題が多すぎる
のですよ。彼ら本人は超有名中高大卒でウルトラ一流企業幹部なのに
子供があるところまでエリート(帰国子女、超一流私立)だったにもかかわらず、突然拒食症、登校拒否、ニートと化す。どう眺めても家庭に何も
問題のない人の方がミノリテです。自分の周りのみかとアンテナを張ると
大手町、丸の内界隈では全社共通の謎状態でした。で、彼らが会社でど
うかというと異常な権威主義、世渡り上手、人使い荒く、本人は窓際でふ
んぞり返っているだけ、故にいきなり人事から子会社異動を命じられる。
そのロジックを本人は理解できず(というか拒絶ですね、頭に入れない)呆れるほど部下の目の前でのた打ち回るわけで。往生際が悪すぎ。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-08 21:31
■上述のごとき展開を同世代が同じように繰り広げるから不思議なんですよね。
ある意味、同世代間のみの病気、流行病でしょ?

M@s@sumiさんがお知らせくださったURLでおっしゃるとおり、殺人から
軽犯罪に至るまでこの親子二世代は非常に高率に該当するし、罪に
ならずとも「奇人変人」多いと思う。実はずーっと以前からこれについて
はわが頭に置いていることです。「愛するレイラ」さんは何かご存知?
そしてもうひとつ質問ですが、現在のM@s@sumi さんはイスラム
教徒ですか?
Commented by あんとに庵 at 2006-04-09 02:08 x
メイドカフェは単なるファンタジーですな。一度行った事があります。ぐりちゃんと。笑)
安い感じがして理解出来んかったが、まぁ「遊び」だと理解している分には害がないんだろうけど、そうじゃないアホ殿方がいると困るわけですね。

ところでうちの師匠はまさしくその団塊世代ですね。ど真ん中。ただし親の世代がうちの祖母の世代とかぶる。なもんで昭和一桁のうちの親父のような考え方をします。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-09 04:00
■あんとに庵さま、本場アキバハラへお二人でいらしたの?
濃すぎだ。それが猫耳萌えのきっかけにゃのか?
私は勝手にアンミラのおねいさんがもそっとサービス良くなった感じなのか
と思っていました。アンミラはピンクのワンピに白エプロンだったにゃ?

おっしょさん、遅く生まれたお子さんだったのですね。
何なんでしょうね、団塊の世代とジュニアの特異な現象というか、共通性
というか。家庭と学校教育のバランスかしらん?
団塊世代からちょっと後の昭和25年生まれの「本当は東大だったのに」
という台詞を言いたがる人々も独特の思考を持つ方が多いと思います。

まあ、上述の容疑者は宮崎勤世代ですよね。うーん。
なんかやっぱり彼の心身のアンバランスが気になります。
Commented by あんとに庵 at 2006-04-09 13:42 x
まぁ別の用事、打ち合わせ等があって、そのついでに行ってみたのですよ。話のネタに。笑)
元ネタはアンミラ制服萌えからでしょうね。エロいし。

私はあまり世代でどうこうというのもナニだと思うんですが。というかどの世代にも共通に馬鹿がいるので。ただ数の多い年代は馬鹿の数も必然として多いので目立ちますね。

宮崎勤世代としてのわたくしとしては、ああいう篭り系の殿方は多いとは思いますが、うえの世代にはいなかったとも言い切れない。別の形で噴出していたのではないかと。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-09 17:09
■あんとに庵さま、アンミラのアメリカンスタイルのパイは美味しかったが、
なぜおねいさんがあの格好をしなければならないのか、不思議でした。
まあ、それより私が願うのは侍者カフェを作ってもらえないか、ということです。
間違いなく私は通うぞ。常連。
指名したいのはやはり赤いおべべに白いエプロンだな。次は美青年の黒
に白エプロン。キャスパータイプ(白一色のフード)はなあ・・・。店長も位に
よって紫(正社員契約)、赤(出向)、社長は白・・・。いや、いかん。妄想が。

話戻って本題ですけれど、いずれにせよ、「殺意を持つこと」、「それを実
行できること」、「実行したところで死の意味や残されたものの心痛を理
解していないこと」などが問題点でしょう。団塊世代についてはなあ、私
の運命なんだろうが、大多数の摩訶不思議くんに一縷の常識ビトという
円グラフかも。

Commented by Paris at 2006-04-09 21:02 x
レイラ様、犯罪URL拝読しました。ありがとうございます。
ma cocotte様 ええ納得です。有名私大教授の10代お嬢さんで長年登校拒否、食べる姿が人間でなく動物みたい、口も訊かないというのに、
パリの他人宅にその子を押し付けて日本に帰ってしまった母親と、50万円のみ送金してきて2か月半電話1本よこさない両親(50代)の話が不思議でしたが、(あくまで聞き伝えですが)なるほどね、この家だけじゃないんですねえ。通常のお子様でないので、預かってしまった奥さんは、ストレスで白髪だらけになったそうです。体力限界で、育児放棄だから早く迎えに来てほしいと国際電話をかけたら、感謝どころか他人に躾が悪いといわれたことなどない、と父親がぶんむくれ。以来音沙汰なしとか。
あんとに庵様、行かれたんですね。
私、浦島たろ子に改名しようかしら。どーも東京にはついていけません。
昭和40年代の頃の東京ってまだずっとのんびりしてたと思いますが。
Commented by Paris at 2006-04-09 21:09 x
ma cocotteさま

大和和紀の「はいからさんがとおる」の少佐とロンゲの新聞記者のお方ね、ああいう従者カフェ、けっこうですね。あと萩尾望都に出てくるような
美形ボーイも素敵。通っちゃうでしょうねえ。東京に、なんでこういうのは
できないのかしら?お金持ちのオバサマ方も、ヨン様とかよりそちらへ殺到するかも。金髪碧眼の美形も、東京ならいくらでもおいででしょうに。
古いところではオスカル?なぜオスカルカフェは当時なかったのだろう。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-09 21:26
■Paris さま、ああ、やはりですね。
ロジックがつながらないのですよね、彼ら。自己中というか自己防衛が
先に立つ。タイプもできずにタイプ専用アシスタントを置いて、自分が
書いた文章を清書しただけなのに、上から何か言われればいきなり
アシのせいにする管理職なんてぶった切りたいですね。人生はアシ
にだってある。彼らの人生を薔薇色にするためにアシの人生に墨を
落とすのは許せんこってす。

秋葉原はBCが新装開店したことで新しい顔を作りつつありますね。
どうなっていくのでしょう。京浜東北と総武線がクロスする駅だけに集客
しやすいでしょうね。楽しみです。

私は時代錯誤な侍者(フランス語だとEnfant de Coeurですな)カフェ
が欲しい。抹香臭いの抜きで。にゃははは♡
あ、告解カフェ・・・ヤバ、個室になっちゃうか。もう止めよう・・・反省。
Commented by Paris at 2006-04-10 00:07 x
ma cocotteさま あんとに庵さまが言われるように、どの世代にも20対80の割合でいるのかも。働き蟻のうち、よく働いてるのが8割、さぼってるのが2割、さぼってた蟻全部隔離したら、残りの8割のうちの2割がサボり出すって読んだことが。今57歳くらいで、20歳頃から欧州に永住してる男性も、ちょっとネジが?と思うことが。自己中は、今の10代も負けてはいないと思うものの、はー今の50代にはちょっと特徴があったんですねえ。そのエリートもどきのジュニアは完全にコピーに育ってるでしょうね。でも今の母親達が子供の安全を全然見てないという指摘もよく聞きます。例えば家庭内怪我やら事故やら、屋外でも車の事故だけでなく子の堕胎に、母親がついてこないなど。海外駐在員妻が、スクールバスの出迎えに来ないとか。一瞬の隙でなく全く見てもいないらしい。
東京では地震になったらどうするだ?と思う場所ばかりで、最近はトンと行っておりません。人の波にも圧倒されまして。
Commented by hana at 2006-04-10 15:11 x
えー、どうやら女性用に「執事カフェ」なるものを
始めた方がいるらしいですよ。場所は知りませんけど。
そのうちテレビや新聞なんかで取り上げるかも。
まぁホストクラブよりは行きやすいかもですね。
あ、ジャニーズカフェなら私もいっちゃうかな。
現代日本にはあまりそういう主従関係が無いので
メイドや執事も新鮮なのかもしれませんね。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-10 16:21
■Paris さま、団塊の世代の義務教育要領に特徴があったと言われて
おりますね。それを無垢な彼らが鵜呑みにして社会で実践し、家庭で
布教するとでも申しましょうか。純粋培養のなせる業は団塊ジュニアに
浸透し、純粋培養のジュニアは団塊ザ・サードに布教するわけです。

こうやって着々と白がピンクやがて赤になっていくのでしょう。
恐ろしいことです。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-10 16:29
■hanaさま、これまたありがたき情報を。
執事となるとイシグロの大英帝國的雰囲気でございましょうかね。
「サートゥンリ Certainly」の世界かあ・・・。
うーん、だったら国粋主義者としては小姓カフェもよろしおすな。
蘭丸にちこーよってもらいたいぞ、がーぶちょん♡

戦後、世界究極の社会主義国は日本であると識者から揶揄されちょり
ますが、主従関係もほぼ完全に失せたゆえ、こんなもんが流行っている
ンでしょうね。今の日本、日本人を従者にさせたがっている人も一杯いる
もんね。なぜか従者になりたがっている日本人もいるし。普通の人なのに
他人を裁いたり、呪詛する勘違いもいるし。あ~あー。 日本はマジで
オシマイかもにゃー。

Commented by 7sept at 2006-04-10 19:05 x

ま・ここっとさま こんにちは

>>あ、告解カフェ・・・ヤバ、個室になっちゃうか・・・

ぎゃはは うけまくり なにをかくそう 私は告解カフェらしきものをいたしておりますよ 壁の向こうには神父さまならぬ 目には見えなくとも世間という審判のかたがたが「け 面白くも無い話をしているな」などとおっしゃっていらしても箱のこちらは個室の告解カフェ 自己中・自己顕示欲丸出し お相手の斟酌完全無視でしゃべっております お^^ほほ

さて 周りがどうあろうとお構いなし 世間がどう思おうと一切感知しない自己中心的な人間は昔からいましたが最近のその自己顕示欲たるや並々ならぬ状態のようで その行動の表し方が「殺人」では 空恐ろしいことですね 社会の風潮と切り捨てるにはあまりに短絡 では?何かというと皆目見当つかない  
 
家の娘を大好きな女の子がいました 彼女はとってもかわいい よく預かりました ですが娘のものを盗んでいく いえいえ困っているわけではない一人っ子だから皆にかわいがられている 怒っても平気な顔 それでいて親の前ではいいこちゃん


Commented by 7sept at 2006-04-10 19:07 x
つづきます
彼女が学校で「あの子」が私を殺すといったの~そう言うのでお母さんは鵜呑みにしてその「あの子」を学校から追い出したときは 血の気が引きました 私がいないときの話で もし知っていればと悔やまれました
もちろん「あの子」は問題児ではあったけれど ただ口が悪いだけで根っから悪い子ではなかった 
むしろかわいい顔して クラスの仲間を追い出す彼女 それを見抜けない親 騒ぎ立てる面倒な親に抵抗しない学校の教師 

娘がベビーシッターをいたします 親の前ではとってもいい子 陰に隠れて大騒ぎの狼藉 親は「うちの子に限ってそんなことする訳が無い」というのだそうな 高給でしたがさすがの娘も2週間でギブアップ
実はフランスの子供は 親の前でいい子が非常に多いとは昔から言われています
バイオレンスドメスティックも 近親相姦も多く 学校で女の子はスカートをはいてこないようにといわれたことが何度もあります 
この精神状態って 日本の殺人犯自己中人間と別のものでしょうか?
なんだかねー似てる気がするのよ~

Commented by 7sept at 2006-04-10 19:09 x
つづき~ますです
巴里で観光に来ていたどっかのおっさんが日本のサリン事件のときに
たまたまレストランで知り合った私にいいました 「私もねサリン作っていたんだよ 戦争中にも使ってね 200人は殺してるよ」旅行先で口が滑ったか旅の恥は書き捨てだったのか しかし 自慢げに言うことか! へどがでましたね 戦争だから何人殺しても罪にならず ビルから一人落とせば殺人犯
あらら チャップリンになってしまったわ 

>世の中に悪い人は一人もいない 

ですって?わたし・・・・・到底信じられないわ

ああ またやっちゃった
あなたの高尚な社会派分析に チャット話いれちゃったわね
まさしく自己中おばさんの独断話でした^^あは ではでは~
Commented by ma_cocotte at 2006-04-10 19:47
■7septさま、それはご商売なのです?
状況設定が今ひとつ我が脳では具体化せんぞ。

>彼女が学校で「あの子」が私を殺すといったの

これ、ゲンナリですよね。
「殺す」という動詞を軽々しく使う人物はナニジン、何歳であろうと私は
信用しないことにしています。まず他人に第三者について「あのヒト、私
を殺す気です」と言える人物ですが、心理的にヤラれています。ヤバい
と思っていい。なぜかと言うと、殺すという行為を実行できる心がどういう
心なのかも、もし自分が殺されるとしたらどういう痛みが伴う、どう世間が
騒ぐ、どう親類縁者が悲しむ、など理解していないからこそ軽口叩くよう
にこれほど重い行為を口にできるのですよ。狼少年ですね。知らないヒト
が聞けば「殺す」という状況判断ができる。だからそう叫んだ子をかばう
ように務めますよ。脅迫されたのか、と勘違いしますよね。
結局、こういう軽口をたたく人間がただ自己中心に「注目されたい」手段
が「私は殺される」という台詞を軽々しく口にすることです。アホらし。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-10 19:54
■この軽口は本当に気をつけねばならないことですよ。
最近そこここでこういう軽口人間(しかも成人)が登場して、知らぬ人々
が踊っている状況を垣間見るので、見るたびにこちらは勉強するのみです。
同類項にはなりたくありません。

人生熟す前の小学生ならこの手の発言の失敗をして親にこっぴどく
注意されるのが普通でしたが、きょうび日本の親御さんはそれさえ
できないヒトが多いですもんね。「あのおばちゃんの顔を見てご覧。
おこってきたら迷惑だよ。」と他人を持ち出して叱ったりね。違うよ、
子供の心から湧き出るものを修正しなくちゃダメだよ!と。

フランス人の「親の前ではいい子」は私もひっしり感じています。
あのスパルタ教育の裏返しでしょうか。夫も親には「Oui」しか言えません
でしたよ。こちとら聞いていると「なんでそれがOuiなの?」とずけずけ
質問したせいで、夫は親に意見するようになりまして、ええ、「あの
アジア女のせいで息子がはむかうようになった」ざます。不要なオートリ
テールの方が厄介ですよ。レスペ!の命令文で犬のように子を扱うの
だけはやめて欲しいですね。うう、止まらん。やば・・・。
Commented by xiaoli at 2006-04-10 20:39 x
フランス政府は新雇用策を撤回したようですね。まずはめでたし・・・でしょうか?

50代オヤジ、全員が全員ではないけどどっか行ってほしいと思う奴は多いですね。先日行きつけの飲み屋にいったらちょうどその世代のオヤジ(社名は明かさないが某大手新聞社に勤めているらしい)がトクトクと女子中学生をホテルに連れ込んだ話をはじめ、しかも「いやあ最近の中学生はハシタ金でへーきでセックスさせるんだ。どうなってるんだろうね。腐ってるよ。親の顔がみたい」としたり顔で話を締めてクラクラしました。オマエがどうなってるんだ。若者やコドモがオカシイのは大人がオカシイからです。大人がオカシイのにコドモが健全に育つはずがないではないですか。ふう。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-10 22:07
■xiaoliさま、そうなのですよ。「CPEは死んだ」とずっとニュウスが流れています。
私はいずれCPEは実施されると想像しているけれど、実施するためのベース
が必要。いきなりCPEぢゃ、世の中に高学歴浮浪者が出るのが確実。
これはユーロ以降の深刻な住宅問題が絡んできます。

そうそう、50代の話だけれど、私も変なロジックを一杯耳にしています。
例えば中高生がブランドに狂う。親が「家庭内暴力がイヤだから買い与える」
と平気で言ってのけるでしょ?なんか間違っていませんか?
団塊世代が受けたとされる義務教育の内容もしばしば取り沙汰されるけれど、
成長期の子供は教師に疑いを持てるわけもなく、純粋培養初代(=団塊)は
今や団塊三世を持つ世代になっている。犯罪傾向はおそらくこの周期で
現れることになるでしょうね。ということはこの三世の教育をナントカすれば?
となるけれど・・・。今の文部科学省の方針ぢゃ。3代に変化なしの遺伝と
あたしゃ見ております。
Commented by Paris at 2006-04-11 02:25 x
ma cocotteさま

>団塊の世代の義務教育要領に特徴があったと言われておりますね。

それを存じませんのでして、すみませんが、簡単に説明してくださいませんか?

それと、最近の20代30代のフランス人やドイツ人に、日本ブームが
あるんでしょうか。アニメお宅もいるみたいですね、フランスの若い人が
アニメおたくツアーで東京まで行ったと聞きました。アキバで漫画のキャラクターの衣装をおみやげに買うんだとか。鳥居をred doorと訳しているんですね。何のこっちゃ?と思いました。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-11 03:32
■Paris さま、戦後の新教育要領を一から受けて育った世代ですよ。
1947~49年生まれ。Wikipedia には以下のように書かれております。
《団塊の世代はその膨大な人口が他の世代と比較して目立つために、
幼い頃から学校で知らず知らずに競争を繰り広げた。そのため、青年期
を迎える頃には、他の世代に比べてとりわけ自己主張が激しくなった。ま
た「平等」に強いこだわりを持ち、他人の足を引きたがる傾向が強い。》

平等に強いこだわりを持つ、というのが戦後直後の教育要領の特徴ですよね。
フランス人のアニメおたくは有名ですよ。私も同級生にひとりいましたよ。
アニメに夢中で二流して退学。空軍に行ったはずです。義務年を終えたら
AFのコンクール(=就職試験のことです)に挑戦して日本と気軽に往復
するのが夢だと言っていました。
Commented by Paris at 2006-04-11 06:10 x
ma cocotte様 万年脳天気の私に辛抱強くご指導いただきまして、ありがとうございます。データの点が面になり、ああそうか、という感じです。

フランス人はアニメ好きだったんですか。くれよんしんちゃんのフランス語版が、パリの普通の本屋にあって驚きました。他にも漫画はたーくさん。アニメを見て育ったフランス人ってどんな大人になるんでしょうね。親日家にはなるんでしょうか?手塚治虫のも放映したらよいのに。
日本へ出張がある会社で働きたいということだったのかしら?
Commented by 7sept at 2006-04-11 13:00 x
ma cocotte さま  ごめんなさい またジコチューにしゃべっちゃったね  つまりね 日本もフランスも 親の教育がなんかずれているといいたいのよ でも じゃどういう教育育成マニュアルがいい?そう思っても見つけるのは困難 結局は道徳?宗教観を伴った(もちろん行き過ぎはだめ)モラル(=日本語のほうのモラル)を高める教育が自己を律するのではないか・・・うげげ ごめん 書けば書くほど答えが詰まんないね  それより >「あのアジア女のせいで息子がはむかうようになった」ざます。不要なオートリテールの方が厄介ですよ。レスペ!の命令文で犬のように子を扱うのだけはやめて欲しいですね。うう、止まらん。やば・・・。
あは ご苦労様~ 普段は口泡飛ばして 間違っても間違ったとは絶対言わない私の友人がママンの前ではとってもいい子になって何でもウイとしか言わないのには驚きましたよ  軽口言葉の汚いのは貴女のおっしゃるとおり気をつけたい とにかく ジュ ヴェ チュエ! チュ ヴァ ペイエ!と簡単に言うし 学校で必ず聴く言葉 グロ モの数々を娘から聞く度にぞっといたします 私はきつくしかります  うん ほんとだってば^^
Commented by ma_cocotte at 2006-04-11 15:35
■7septさまの意見があたっていると思いますよ。まず親が受けた教育
背景を考える。フランスの今だと親世代の多くはもろミッテラン世代ですね。
ミッテランの教育改革の功罪は大きいですよ。昨秋の郊外暴動もミッテラン
あっての暴動だと言い切っていいと思います。日本は団塊世代から
ジュニア、そして近未来は三世に似たような犯罪傾向が出るのでは?
これを止めるのは教育なんでしょうけれど?と話が元に戻る。ロジックですね。
子供の水曜日の使い方もサントルデールを作ったのはいいことだったのか?
うーん。水曜日ひとつでアンソシアブル・ガキが大量発生しやすくなる。

簡単に「あんた、あたしを殺す気?」、「殺すわよ」なんて言う人は「死」
そのものをわかっていないゆえ、と言いますね。「愛する者の死、別れ」
の意味を知らないことが根底にあるらしい。うーん。
Tu vas payer でラケットかよー。っていうか、大学だとDOMTOMや
関連救済国の留学生がラケットでなくてもこの手を使いますね。絶対
戻ってきません。でも彼らがたかるのは金自慢する富裕国の留学生
というパターンがはっきりしています。双方アホです。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-11 15:40
■Paris さま、私の夫は日本のアニメ育ちです。今よりいろいろゆるやか
だったのでテレビ登場率が高かったみたいですね。夫はキャンディキャンディや
ゴールドラックという名前に変えられたロボット主役のアニメが大好きだった
そうです。
以前はモンテカルロTVなどで「はいからさん」「エースをねらえ」「小公女」
など放映していました。懐かしかったです。最近はFrance 3(2かもしれません)
がコナンを流していましたね。
Commented by 枇杷 at 2006-04-14 23:41 x
http://wonder-parlour.com/butler.html

検索していてみつけました。たぶん、このお店?>執事喫茶
Commented by ma_cocotte at 2006-04-15 00:21
■枇杷さま、期間限定でしょうか?
やはり赤いおべべに白エプロンの美少年にちこう寄ってもらいたいのぉ♡
Commented by 枇杷 at 2006-04-15 14:03 x
…で、「愛いやつ、愛いやつ」(笑)。

あと、足洗いの儀(…)なんてのは、商売にしようと思えば出来そう。
バルサムのアロマオイルを使って疲れもとります、とか。

http://www.aoyamafoot.jp/reflexology/success.html

接客とかメニューとかは何がいい?メイドさんは「ご主人さま、お帰りなさいませ」ですが…司祭だったら「わが子よ、お帰り」とかだろうけど、侍者の場合はどうすんでしょうね?パンとワインは必需品ですよね?「最後の晩餐セット」「カナの婚礼セット(最初はより最後にいいワインが出てくる)」「パンと魚(5,000人限定)セット」「日曜限定デザート・麦の穂」…パンはお口に入れて差し上げるのでしょうか?

しかしこれやったら、ヴァチカンブッちぎれでヤバいかもしれん。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-15 17:52
■枇杷さま、告解カフェはいかが?
個室タイプのビミョーな距離。金網の向こうに「どうなさいました?」と。
言い方変えれば「面会カフェ」、こちとら横縞シャツ着用。
これに似たラーメン屋が六本木にあるらしい。変なの。

セットメニューは妄想域に至るのぉ。
カナの婚礼セットが個人的に興味あり。なぜかカレーとナンが頭に浮かぶ。
年に一度のマナ提供(どうも豆まきを連想するのだが)も必要かも。

侍者カフェについては赤おべべ×白エプロンタイプ、白フードタイプ、フラ
ンシスカンタイプなど指定できるとよろしおすな。高校生くらいの黒おべべ
×白エプロンもぜひ。店長はやはり本社員(赤×黒)、出向(紫×黒)の
制服でぜひ。だ、だめだ、妄想が・・・。
Commented by 枇杷 at 2006-04-15 23:26 x
告解カフェですかあ。つか、やったことがないからなあ。
取調室とか拘置所カフェとかいうヴァージョンのほうが考えやすいような。

「**さん、今日、当店に来られた動機というものをお伺いしたいのですが?」
「え、あ、あの…」
「今日という風の強い日、そして平日の昼間。いまはお昼休み、といったところですかね」
「は、はあ」
「そして、あなたは、お腹がすいている。間違いないですね!」
「スイマセンでした、***セットお願いします…」

こ、これでは火曜サスペンスにも劣る…
Commented by ma_cocotte at 2006-04-16 16:14
■枇杷さま、一昔前の告解ボックスは装飾といい何とも言えませんよね。
ううう、隠微ぢゃの。取調室だとメニュはやっぱりカツ丼のバリエかしらね?
拘置所カフェだと麦飯かなあ。
告解カフェを去る時、御簾の向こうからのお別れ文句は「めでたし、100」
少なくとも年に一度、いや、週に一度の告解がよろしおす。ひひひ。
Commented by 枇杷 at 2006-04-16 19:41 x
大体、告解カフェのメニューが思いつかない…。

それをしながら何を食べ、何を飲むのか?やはり罪の林檎系ですか?
私がお邪魔している場所のは電話ボックス2個連結方式ですが、
それだとお給仕をどうするのでありましょうか?
マルタ騎士団とかだと、病院+巡礼の宿泊所とかをしていたようですから、
お給仕とかが得意そうですが。コスプレ度も高し。

って救世軍がカフェやればいいんですよ。あの軍服を着て。
Commented by ma_cocotte at 2006-04-16 20:19
■枇杷さま、デザートにリンゴだね、こりゃ。
アップルパイやらリンゴシャーベットやフルーツいかれポンチが選べる。
となると、主菜はヘビ料理・・・になりますかね・・・参ったな、こりゃ。
フランスだとチーズにいちぢくジャムを乗せて食べたりするのでこれは問題なし。
給仕は司祭にまず渡し、司祭からあの小窓ごしに料理を出すというのは
いかが? 
もしや病院+巡礼宿泊となると「貧困院」?
となるとブルーのおべべに奇怪な折帽子をかぶったおねいさんが給仕かえ?
だめだ、今さっきスイス兵500年記念番組を見たばかりだで、どうせなら
スイス兵カフェでひとつお願いしたい。マルタ騎士団のマントもいいわ。
夢でオールスターで登場していただきたい。枕によだれ染み確実♡
Commented by 枇杷 at 2006-04-16 21:17 x
へ、へびはあんまりっすよ。コースとなると、
食前酒:シードル、メインで卵、魚、子羊、いちぢくなどの料理でいかが?
オリーブなどもふんだんに使えます。メニューは聖書をめくりつつ、
妄想会議で決定。パンとワインも忘れずに。デザートは林檎でいかが?
一皿一皿に、聖句と司祭さまの薀蓄つきで召し上がれ、、、

…国内だったら、神言の多治見ワインで乾杯?
Commented by ma_cocotte at 2006-04-16 22:38
■枇杷さまったら乙女チックですこと。
・・・アダムコースとイヴコース、いや、悪魔の試みコース(40日通うこと)。
いちじく、リンゴ、ヘビに加え、背骨まで食べられる料理も欲しいかも。
なるほど日本全国の修道院物産を利用して。レデンプトールとトラピスト
クッキー詰め合わせがお土産ってことで。これで浄財を。
神言会ってワイン製造販売されているの????
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今年の魔女は火にあぶることがで... Comme d'hab... >>