<< 残されたもの やっと来れたので帰らない中國姐たち >>
もし『あなたは芸者?』と問われたら@欧羅巴 
日本國では「Sayuri さゆり」という名で出ていたこの映画、仏蘭西では「Geïsha 芸者」という名で出ていました。
b0070127_1728195.jpg
仏蘭西というか欧州では日本女性に対しての「芸者偏見」が21世紀になった今もあります。そりゃあ、国際儀礼の席上に関わる方々の間では会議場でも社交の場でも、オフレコ部分でしか「芸者」という単語は出てこないのだろう、と思います。が、そういう世界をビールの泡と喩え、泡を拭った黄金の液体部分を庶民の世界と喩えるなら、庶民の世界では「Geïsha」という輸入語はズケズケと出てきます。コスモポリタンな空間に紛れ込めば「あなたの国籍はどこ?」という問いかけがお近づきのきっかけ文句でもありますが、日本びと♀が「日本です」と返事をすれば、問いかけた本人がなぜかいやらしい笑みをたたえて「・・・芸者でしたか?」なんて聞いてくることがあります。もしかしたら日本びと♂だと「芸者の友達はいるか?」なんて問い返されているのではないでしょうか?

ファンデーション使用率が常に40%未満の仏蘭西びと♀にとって日本人女性観光客の化粧は厚化粧に見えるのは当然ですが、仏蘭西の燦燦とした陽光の下、日本以上に厚化粧に見えてしまう日本女性の実物や写真を見るなり「ゲイシャ!ゲイシャ!?」と喜ぶのはいかがなものかと思います。
私の場合ですが、国立職業訓練校に通っている時、研修中のスペイン語教師から「あなたは芸者でしたか?」と質問されたことがあります。また別のところで家族の写真を見たいと言われたのでアルバムを開いた途端、私の母の写真を指差して「ゲイシャみたいな化粧よ!」と高笑いされたことがあります。確かに私の母はファンデーションを塗り、眉をかき、紅を注すのが彼女の身だしなみでした。なんというか胃に何か重いものが落ちて言葉が出ないような感覚に襲われます。

学校でスペイン人♂から不気味な笑みと共に「あなたは芸者でしたか?」と質問された時はしばしの沈黙後、私が
「芸者がどんな職業だかあなたは知っているのですか?」
と聞き返したら、こいつは目をそらしてモゴモゴしやがりました。こやつも在籍していた国立職業訓練校が推奨するRobert 社の仏仏辞書で、Geïsha という語を引きますと
geisha  n.f.
Artiste professionelle japonaise qui divertit les hommes par sa conversation, sa musique et danse.
とあります。つまり「芸者(女性名詞) 会話と歌舞音曲で男性のウサを晴らすプロの日本人女性芸人」とでも訳しましょうか。

仏蘭西のような公教育の「はじめの一歩」から徹底的選別主義の下で育ったヒトビトには♂でも♀でも辞書を引くという作業ができない方が多く存在します。そういう教育ヒエラルヒが確立しているのです。悲しい事実ですが、仏蘭西において辞書も引かないヒトビトの間で Geïsha という単語は曲解されており「高級売春婦」のように短絡的に捉えられています。おそらくこの曲解は仏蘭西だけでなく欧羅巴での底辺における常識と化しているのではないでしょうか。しかも芸者は日本びと♀限定というより亜細亜びと♀というカテゴリーになっています。欧羅巴のどこかで「I am Geïsha」を売りに稼いでいるアジアん姐ちゃんがいるんでしょう。西班牙のIbiza かな?日本ではなぜか流れないことですが、欧羅巴のヒトビトは不道徳な行為を行う時に集う場所というものがございます。パンドラの箱ん中に自ら身を落とすとでも言いましょうか。どうもこの手の情報が日本國をはじめ亜細亜諸国には流れないために「秩序ある公衆」で浮かび上がる行動を取る亜細亜びとが多々おります。ただし永遠の快楽島Ibiza 以外は年々欧州内の快楽都市は移動するので噂に頼らねばなりません。21世紀に入り仏蘭西国内での快楽都市と噂されているのはSaint Tropez です。欧州中から快楽を求める方々が集まってきているようです。ニュウスなどでも犯罪率が高まることで取り上げられるので臭ってくるのでバレたりします。

「舞妓」や「芸者」はたまた「花魁」の世界をあんまりよく知らない現代っ子の日本びとにとってこれらの職業をガイジンに上手に正しく説明するのは難しいことではありますが、「あなたは芸者でしたか?」、「芸者の友達、知り合いはいない?」とガイジンに問いかけられたり、自分の愛する家族や友人の写真を指差して「見て見て、芸者よー!」なんて言われたりしたら、即座にビシッ!バシッ!と反論しないと、欧州ではご自身のアイデンティティそのものから誤解され続けますよ。もしこんなことを言われても日本びと♀がクネクネしてニヤニヤしたままだと、その後欧州びと♂の対応が変わってきます。迫られたりなんかして、その後「遊びだったんだよー。わかってるくせにー♪」などと冷たくお別れされちゃったりしますです。日本女性の恥じらいや躊躇いの仕草さえ誤解を生むきっかけになってしまうのです。あ、いえ、いい年齢ぶっこいた成人の日本びと♀だってガイジンとのあヴぁんちゅ~ると割り切っているのだったら、こんな婆の戯言は野暮だってことは重々わかっておりますよ。こういうことをガイジンに言われて私のようにムカっムッキッキーッ!とするひともいれば、その反対にウッフ~ン♡と喜ぶひとがいるのも21世紀なんだってことも。

le 13 mai 2006, Rolande
[PR]
by ma_cocotte | 2006-05-13 17:29 | 『?』なオイロッパ | Comments(48)
Commented by 枇杷 at 2006-05-13 20:46 x
今は、公娼というのがないので、まず、このくらいの区別のつかない人が増えているのではないかと。花魁道中というのを観光目的でやってたり、そのためのミスコンがあったり、芸者さんが減っているので。日本のこういう文化をあえて教えないで来たくせに華やかなところだけを利用することって如何なもんでしょう?
花魁というのも、芸妓というのも、秀でた芸がなければなれないものですから。綺麗なだけではなれないものだったんですから。太夫は客を振ることだって出来たわけでねえ。こういった日本の風俗を面白おかしく描くのはいいけれど、「さゆり」の原作も、取材対象になった方が訴訟をおこすようなことになっています。やはりただ性を売るだけの「娼婦」と言われるのは、芸妓さんのプライドが許さないでしょうし、非常に当たり前かと。
しかし、大変に失礼な。

遊廓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E5%BB%93
岡場所
http://www.tabiken.com/history/doc/C/C214R100.HTM
芸妓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B8%E8%80%85
舞妓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9E%E5%A6%93
花魁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E9%AD%81
Commented by ma_cocotte at 2006-05-13 21:06
■枇杷さま、「芸者」という仕事を誤解して信じ込んでいるのが欧州人ですね。
こんなところでも文字数制限ぢゃありませんが、内容を端折りすぎて誤解
を生んでしまい、それを改めるのに力が足らないとでも言いましょうか。
こちらの人が口から「芸者」という音を漏らす時の表情は独特ですね。
何でだろう?不快だ。にゃろめ。
Commented by winter_mute at 2006-05-14 01:48 x
平安から鎌倉・室町まで、恐れ多くも天皇陛下の妻妾には遊興の徒が数多く存在したようです。いわく女性の出産は所詮借腹であり、男系重視の家族制度の中では多少の差別があったとしも大問題になることはなかったと聴きます。結局血縁よりも家が大事だったのでしょう。平安鎌倉期には各種職業の紹介を行う書物や絵巻物があったそうですが、これらの職業は理不尽な職業差別よりも天皇や貴族でさえも検非違使や盗賊などと並べて紹介したようですから、現在の職業文化に比べてあえて反骨の意を表した物ともいえるかもしれません。たいして現在社会においては普通化偏重に見られるように各職業の”あえて”の平等間が薄れてきているように見受けられます。
あるいはドイツ的に普通科はエリートの登竜門になる少数の学校だけを残して工業専門学校を増やすべきかと愚考いたします。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 04:31
■winter_muteさま、きょうび日本は誰もが学士号を取れる国に
なりつつありますものね。最高学府という言葉は死語になりつつあり
ますか?
日本は父系ですから妾腹との区別は薄かったけれど、おそらく昭和30
年頃から厳しくなったように思います。戦前生まれの両親の話など聞くと
そんな印象ありです。平安時代は通い婚ですからにゃあ。久しぶりに
源氏なんぞ読みたくなりました。
Commented by Hiro-san@ヒロさん日記 at 2006-05-14 04:33 x
Bon soir! イギリスでのDVDリリースは6月5日、お値段は12ポンド=2500円です。チャン・ツィイーのファンとしては、買わないといけませぬ。6月末ぐらになったら、周辺のイギリス人に「Sayuriってどう思う?」とインタビューしてみましょう。「あなた日本ではGeishaだったの?」と言われたら、私の芸と美貌を認めてくれたのね、と30%喜んで、間髪をいれず、おみゃあさん、なめとんのかい!と70%反論しましょう。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 04:42
■ヒロさんさま、欧州における芸者話ですけれど説明が難しいですよね。
一見(いちげん)の説明をするだけでうざったい気分になってきます。
なんというか説明したところで欧州びとに雅やら妖艶なんだけれどそこ
はかとなくストイックな世界なんぞわかるまい、と思ったりなんかもします。
欧州における芸者偏見が改善されると良いのですが。がるるるる。
Commented by 伊望 at 2006-05-14 11:25 x
残念ながら、Geisha=Cortesanというイメージは欧米に根強いですね。芸者と花魁がゴッチャになっている。まともな美術書とかの浮世絵の解説でも服装からみるとどうみても花魁なのに芸者となっていたりしてがっかりすることがあります。

Geisha=Cortesanというイメージが欧米で出来てしまったのは、仏人作家Pierre LotiのMadame Chrysanthème「お菊さん」とそれのを基にしたプッチーニのオペラ蝶々夫人のせいです。蝶々夫人はオペラとしては素晴らしいですが、まったく困ったものです。それと敗戦後の日本でGI相手の娼婦達の一部が営業宣伝のためGeishaと名乗ってしまったのが悪い。

最悪なのは、今の北米だとGeisha Girlというと高級娼婦Cortesanというより、日本のただの娼婦一般をイメージするようです。多分これGIの経験からきてるのかな・・・

僕はこういう話が出るたびに「Geisha はCortesanではなくて、Cortesanは日本語ではOiran。セックスはGeishaの仕事ではない」と言っています。こういうことって、外国人と触れる機会の多い僕らのような人間はしっかり言っていって、相手に日本文化をキチンと理解してもらいたいと思っています
Commented by 7sept at 2006-05-14 11:34 x
ブローニュの森の東欧からきた若いもぐりの売春婦に対し昔からいる立ちんぼお姉さま方はカリカリしています
「わたしたちはね、ちゃんと(?)税金払ってるのよ、もぐりの売春婦取り締まりなさいよ!」
たまたま通りかかったら 有り余る贅肉を惜しげもなく露出した下着姿を毛皮のコート一枚で羽織った 化粧もあでやかなお姉さまがおいで遊ばし フリックのお兄様に直談判する姿を目撃させていただきました
バンセンヌの近い我が家 取締りで美しい女性たちがどんどん警官に引っ張られるのを何度も見ております

若い日本人女性の尻軽は観光業界ではつとに有名 そんな恥知らずな尻軽女やそれらバンセンヌのお嬢様方と 「芸者」を一緒にされたらたまらない
私は徹底的に説明いたします
え?職業に貴賎はない?やることは一緒?
はい わかりました では あなたの奥様と同じです

そう言ってやりますね
ま・ここっとさま ただいま日本におりますです 海がきれいなの うふ
そうだ わたしもすっごい厚化粧 オゾンホールやバーンタイム怖い
Commented by 伊望 at 2006-05-14 11:47 x
追記*

同じ芸者を扱った映画ならMemoir of Geishaなんか見ないで『長崎ぶらぶら節』を見ろ!と言いたくなります。
Commented by xiaoli at 2006-05-14 13:23 x
ちょっと横レスすみません。

>若い日本人女性の尻軽は観光業界ではつとに有名 
この話は私も良く耳にするのですが、私自身の経験や、留学やワーホリに行った友達の話を聞く限り欧米の女性の方が性的にはずううううううっと奔放に見えました。なぜ日本女性「だけ」が尻軽だといわれるのでしょう?理由をご存知の方がいたら教えて頂きたいです。
Commented by 7sept at 2006-05-14 13:59 x
うんxiaoliさま
あなたのおっしゃることに一理ありますね
撤回します
一部の日本人女性といたします
なぜなら わたしも若いときにヨーロッパを3ヶ月ほど旅行いたしましたが
そのときあった方たちは本当に皆さんまじめだったしね(あ 夜を同じベットですごすから不真面目ということでは決してありません)

でも 私はよくホテルのラウンジでお茶をいただきますが
ホテルなどでつい気が緩むのか女性同士のお話 耳をふさぎたくなるようなことがあるし またバスの運転手の間では ちょっと声かければ
すぐついてくるのは日本女性だといいます
ヨーロッパの女性が奔放でないとは言いませんが最近はSEXレスカップルも増えていて社会問題になっている時代です
それに今回のテーマは奔放かそうでないかということではなく
「芸者さんが性行為に奔放であるはず」という考えは違う
それならむしろ 性行為に無頓着なのは普通の人の中に居るといいたかったまでです 誤解を与えてごめんなさいね
Commented by IW∩S∀S∀W at 2006-05-14 14:14 x
m@_cocotte様、今日は。

皆さんが仰るやうに、芸者は「芸を売つて色を売らない」といふのが建前だつたやうです。しかし、それは飽くまでも「建前」であつて、多くの芸者は借金返済のために体を売つてゐたといふのも事実でせう。それゆゑ、芸者が売春婦と見做されても仕方がない面がありますね。

Commented by 7sept at 2006-05-14 14:21 x
失礼しつこく書きます
前のはxiaoliさまの疑問にちゃんと答えていなかったなと思いました

尻軽女となぜ日本人だけが言われるか?日本人だからですね

(1)気軽に動き、動作がきびきびしている・こと(さま)。
(2)言動の軽はずみなこと。
(3)女が浮気である・こと(さま)。(辞書より)

フランス語でもありますよ
尻の軽い女 femme legere  volage, frivole
どんどん男性を変える方は やはりいろいろ言われていると思います
そこにはおそらく快楽を求める 性に精神的なつながりを求めない
そういうニュアンスが含まれるのかな日本人だけが言われるわけではないですね

芸者さんは 芸に秀でて 理知的でなくてはならずまた サービスのプロでなくてはならず 結婚の形態が特殊だというだけで 尻軽女と同等に扱えないと思ったのです ま 尻軽女 これも差別用語ですかしら^^きゃ
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 16:32
■伊望さま、「芸者」という単語が「畳」や「布団」「着物」「柔道」のごとく各国に
輸出されたとは言え、曲解されてしまったことは残念だと思います。
フランスは東欧や南米、アジア系の娼婦が増えており、日本女性も同類の
ごとくフランス「庶民」に勘違いされることがたびたびあります。芸者だけで
なく幼児売買もそうです。地図だと日本は東の果てなので簡易地図だと
日本そのものが消されている場合もあり、欧州庶民のアジアごちゃまぜ
誤解も年々厄介になりつつあります。

「一見(いちげん)」制度など私でも知らないことが多いので上手に説明
できない自分がもどかしく思ったりもしますが、この手のことを言われて
こちらがビシっと言い返さないと誤解は大きくなるばかりですよね。うん。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 16:38
■7septさま、季節もよくなってきたので街道沿いの出張ねいちゃんズも
そろそろ稼ぎ時になりましたにゃ。東欧の勘違いねいちゃんズは南仏
にも多々パラサイトしていますよー。うっかり結婚したフランス♂が結婚後に
彼女が母国から子供や親やら全て呼び寄せて大変なことになったり
しています。いずれエントリします。騙される方も悪いよね、ヒトのいい
男性だったりしますよ。

こちらの正規プロスチチュエ(売春婦)がライセンス制というのもなぜか
日本では黙秘事項ですね。労働組合まであるんだぜ、べいべ。(笑。
Commented by アバクラタラリン at 2006-05-14 16:44 x
はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいています。

さて、「尻軽日本人女性」の話ですが、私自身の経験を話させて頂きます。
以前、スペイン語通訳の友人とドライブ中、彼女が知っている、××国(南米某国)のレストランの前を通り過ぎました。珍しいもの好きの私が
入りたい!とごねた所、「女だけで入店すると、××人が勝手にテーブルに座ってきて、一方的に話しかけてくる」と言って、絶対に首を縦に振りませんでした。「無視してりゃいーじゃん!」としつこく食い下がると、「次の日には何にもなくてもその男と寝たことになってる、連中はあちこちに言いふらすから絶対駄目!」とかなりきつく言われてしまいました。

 世の中いろいろな人がいますから一概には言えませんが、結構こういう
ケースもあるんじゃないでしょうか?

ぜんぜん違う話ですが「暴力温泉芸者」っていうバンドありましたよね?
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 16:45
■xiaoliさま、思うンだけれど、はじける場所が違う気がする。
はじける具合とかツボも。
おそらく日本人の目には「なんでこんなところで?」というところで彼女
たちは大らかにはじけるんだと思うけれど。
欧州の女性からすると日本人女性の手練手管がまず理解できないし、
避妊に対して自己防衛がおろそかなことも彼女達には疑問。それと
万が一妊娠した時にアジア系女性が大騒ぎするのも彼女達には信じら
れない。というのは、彼女達、父親がいなくても命が腹にできたら産むん
ですよ。
で、最近聞きずてならないのが、シングルマザーの優遇を悪用するアジア
女性、これには日本人♀も含まれます。滞在手段。非常に評判悪いです。

Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 16:51
■7septさま、そうそう、街中で小耳に挟んでしまう日本人女性たちの
会話、というのは近年、問題になっていますよね。
私ですが「子供を産めば結婚しないままフランスで楽しい夢のような
生活ができますよ。」と勧められたことがあります。その人、現在も非婚
カップルかつシングルマザーでハーフの子をフランスで育てるという内容
でHPを開いています。こういうことに感動する日本ビトがいるんですよ。
どーなっちゃってんだか。

あなたは芸者でしたか?にやっ

という問いかけは本当に嫌悪します。あのニヤっが許せん。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 16:58
■M@s@sumi さまがおっしゃる状況は花魁だと思います。
芸妓はきっかけはどうであれ、置屋での生活で個人的に身体を売っている
時間はないように思いますが?
知人がたまに京都で遊んでおり、話も漏れ聞いていますが、彼女達との
一夜はむしろストイックな世界ですし、客もあの世界での作法を知り尽くし
ています。知人は或る華道の若宗匠からの紹介で遊びに行けるように
なりましたが、江戸っ子の彼はあの中での所作を覚えるのにまず苦労
したようです。私が知る限りですが、万が一彼女の方から売ってきても
そう簡単に殿方は彼女を買いませんよ。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 17:05
■7septさま、話それますが、なんで日本でシラクの隠し口座について
何一つニュウスにならないんでしょう?東京相和絡みだから?フランス
ぢゃDGSEが入っているのでそう簡単には払拭できないと思われ。

エスピオナージュだもん、きゃっ♡

7septさんがおっしゃるとおりで、どうも欧州女性とアジア系女性の
はじけるツボが違いますよね。私の知人(フランス♂)はスウェーデン
女性と恋愛関係に落ちて、ガキができて・・・捨てられた!彼はトラウマ
になっていましたよ。「子供は欲しいけど、あんたはいらない」って言われたって。
それでも父親だから半年に一度はスウェーデンから子供を引き取って養育
です。彼女はそういう権利については病的にうるさい。
なんというか日本女性と抜本的構えから異なるように見えますね。
大きな声ぢゃ言えないが、空を飛ぶ職業女性なんぞ各国アヴァンチュール
の度が過ぎて有名だったりしますね。彼女達は金があるから買っている
そうだけれど。恥。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 17:11
■アバクラタラリンさま、はじめまして。
日本人観光客の「怖いもの見たさ」の「掟破り」も国際的に知られていますよね。
その土地を知る人々が「怖い」「行ってはならん」というところに行きたがる
代表国籍が日本人です。近年、イラクやアフガニスタンでの事件もそうです。
NYCやフランスでも地元のヒトが「行ってはならん」と指定した通りに足を
運んで怖い思いをしている日本人がいますよ。しかもそういう思いをした
途端泣きじゃくったり、他人のせいにする。こういうことをまず欧米人は受け
入れません。ロジックじゃないから。

日本人の勘違いで如実なのが「日本人なら大丈夫」という異常な自信も
ありますね。宗教を聞かれて「私は神を信じない」と言えば助かる、と
思っているのは日本人に多いのも事実かも。
Commented by IW∩S∀S∀W at 2006-05-14 19:37 x
m@_cocotte様、今晩は。

m@_cocotte様が仰てをられるのは京都・祇園の超一流の芸妓のことでせう。そのやうな超一流だけが芸者だとするならば、仰る通り、「芸者は芸を売つて色を売らない」のだと思ひます。しかし、芸者と云つても、全国津々浦々に超一流から末流までゐる訳ですから、祇園の超一流だけを以て一般化するのは無理があるのではないでせうか。m@_cocotte様の基準では、『腕くらべ』の駒代も『雪國』の駒子も芸者ではないといふことになつてしまひます。

>万が一彼女の方から売ってきてもそう簡単に殿方は彼女を買いませんよ。

そのやうな「通人伝説」については、わたくしも仄聞してをりますが、本当なのでせうか。若い頃に祇園に通ひ詰めて親の遺産を蕩尽した谷川徹三先生の話を昔、聞いたことがあるので、わたくしにはちよつと信じ難いのですが。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 20:42
■M@s@sumi さま、う~ん。
欧米における「芸者」が三味線芸者を含むのか?ですよね。
祇園の芸妓と新橋や神楽坂の芸妓だって異なりますし、そこに温泉宿の
芸者も混ぜたと、こちらが慮って欧米人の解釈に「oui」と返事すべきなの
でしょうか?彼女達は一流云々という分け方より、組織が異なると思います。
祇園に通い詰めてお金を使い果たしたってぇのは暁星時代のおひょいさんも
そうでしたが、座敷の中で何があったかはそれこそ秘め事なので野暮
になります。内容は抜きにして「遊びで放蕩した」としか表現できませんよね。
放蕩息子をかの世界から抜かせるために、親が置屋に金を払ってお気に
入りの芸妓に消えてもらうなんて話はよくあることです。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 20:43
■欧米における「芸者」という定義が良かれ悪かれ、女性の私としては
「あなたは芸者でしたか?」という質問や母の写真を見て「芸者!芸者!」
と笑われるのはたまったものぢゃござんせん。M@s@sumiさんがおっしゃる
定義なら私や母はどう見られたんでしょうね?私は勘違いされるような
挑発的格好はしませんし、学校でもマグレブマダムが「この子は猥談が
嫌いよ」と庇ってくれるほどで、なんでも日頃机を並べれば私の言動で
わかるという話でした。
エイジ・オクダ夫人は新橋芸者とイヌカイ氏との間にできたお子ですが、
彼女のエッセイなどでは置き屋で成長したご自身の話などが語られたり
していますね。面白いです。あー、ユキジ・アサオカさんの母上も確か新
橋芸者です。このあたり、winter_muteさんのコメントでのご指摘のとおり
日本という国は父系が重んじられていると思いますよ。
Commented by xiaoli at 2006-05-14 20:49 x
「日本女性は尻軽」説についての疑問にお答えいただきありがとうございます。弾けるツボが違うっていうのはなんとなくわからないでもないです。

>避妊に対して自己防衛がおろそかなことも彼女達には疑問
これは私も本当に本当に疑問です。
「彼がつけるの嫌だっていうのー」
「じゃあピル飲んだら?」
「薬を飲むなんて体に悪そう。副作用があるでしょう?危険だわ」
「・・・(じゃあ好きにすれば)」
という会話をネット上でもリアルでも何度したことか。それで妊娠した!って大騒ぎしてもねぇ(苦笑

>彼女達、父親がいなくても命が腹にできたら産むんですよ。
うーんでもこれは社会状況が違うのでなんとも。もちろん日本の状況でも産むのだと決意できる女性はすごいなと思いますが。

制度の整っている国でそれを悪用するのは同胞として恥ずかしいですね。
Commented by xiaoli at 2006-05-14 20:49 x
で、本来の芸者話ですが、日本でも扱いはビミョーですよね。文化の伝承者として尊敬する人たちだって自分の娘が芸者になりたいと言ったら歓迎する親は少数派でしょう(実は子供の頃舞妓さんになりたい!と親に言ったらこっぴどく叱られた経験があります)。ましてやガイジンさんにはわかるまい・・・。
「あなたはゲイシャ?」と聞かれるのは、日本=ゲイシャ、サムライくらいしか思いつかないっていうのもあるんでは?アメリカ人はカウボーイ、中国人はカンフーの使い手、みたいな。というのは楽観的すぎますでしょうか。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 21:08
■Xiaoli さま、フランスで「私はピルを飲んでいません」と言えば、遊び
のつもりの♂はまず逃げます。妊娠しても保障がしっかりしている国の
子はデン!としていますね。このあたりも「泣くならなんで遊ぶの?」と
日本婦女子のロジック破綻を問われたりしちゃう点かもしれません。
夫の母ですが42歳で初孫を持った時点でピルを飲み始めたそうです。
アバンチュールやはじけまくりたいならそういう欧州人が集うIbiza 行
を勧めます。パンドラ島なんで何してもいいそうです。なんでこの島が
日本で今ひとつの認知度なんだか不思議だったりします。エイズを
持ち込まれるのが怖いのかな?他の性病も含め。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 21:09
■私も実は・・・なんですが、私ではなく母が祖父の芸者遊びを傍観していて
自分も大きくなったら芸妓になりたいと口にして、遊んでいる本人(=私の
祖父)から相当叱られたそう。後にも先にもあれほど叱られたことはなかった
と述懐していましたよ。なんというか一見(いちげん)というルールがあって、
そう簡単に覗けない世界なんだ、と説明したところで欧州の人は変な封建
制度とか独裁政権などとんでもない話に発展しちゃったりします。確かに
民主的ぢゃないが(爆笑。説明して理解してもらえる世界ぢゃないことは
痛切に感じています。
あ、侍の誤解も凄いですよ。「あなたのおとーさんは侍で腹きりしたことが
ありますか?」なんて質問されたことあります。熱心な仏教徒=ソ~カ
という誤解もあるでよ、しかし・・・(失笑)。
Commented by xiaoli at 2006-05-14 21:24 x
>変な封建制度とか独裁政権
なんでそうなるの?ヨーロッパにだって一見さんお断りみたいなトコって絶対にあるでしょうに。別に遊びの世界にまで民主主義を求めなくても(苦笑

私もアメリカで知り合いの子供に「あなたのお父さんサムライ?ニンジャ?」と聞かれたことありますよ。「誰にもナイショだよ!」と「ニンジャの修行法」を教えたら喜んでました(育ちの早い草を植えて毎日飛び越えるとすごいジャンプ力がつく、というやつです)。

>熱心な仏教徒=ソ~カという誤解もあるでよ
ソーカは有名なんですねえ!びっくり。
Commented by IW∩S∀S∀W at 2006-05-14 21:25 x
m@_cocotte様、再び今晩は。

仏蘭西人にとつて、「芸者」のイメージといふのは『雪國』の駒子のそれではないでせうか。わたくしの妻も学生時代に仏訳の川端康成全集を買つて読んでゐたと云ふくらゐですから。

ところで、我等がm@_cocotte様に対して「芸者!芸者!」と囃し立てた阿呆どもといふのは、阿弗利加系の貧困層に属する人たちではないですか?もしさうなら、そいつ等は別にm@_cocotte様や御母堂のことを芸者だと思つてさう云つたのではなく、m@_cocotte様と御母堂の高貴な風貌に嫉妬してさう云つたのでせう。以前、「アジア人はここで勉強するより、四つん這ひで床を拭いていればいい!」と罵倒されたことをお書きになつていらつしやいますが、わたくしはその件りを読んだ時に、「ははあ、m@_cocotte様は阿弗利加人に嫉妬される程の知性と容貌の持ち主なのだな。」と思ひました。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 21:49
■xiaoliさま、どうも欧州の人達は芸妓に簡単に会えると思い込んで
います。はとバスの花魁ショーのごとく(失笑)。「見たことない」と返答
するとすぐさま怪訝な顔をしますね。大体、私自身が「芸者ぢゃない」と
否定しているのだから彼らが妄想する淫靡な世界なんか見たことないのは
ロジックだと思うのですが(笑。

亜米利加のお子たちは忍者亀の影響もあるかも?亀忍者?あれ、忍者亀?

ソーカですけれどフランス各地にシャトーを所有しています。
南仏にもエクス-ニースの途中に馬鹿でかい研修所ありざますのよ。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 21:56
■M@s@sumi さま、驚かないでください。私の母を芸者と指差して
笑ったのは夫の母です。マリ・マグドレーヌ(マグダラのマリア)という名
の彼女に笑われちゃたまりませんよね。フランスのド田舎の無学な欧州
びとの頭はこの程度ですよ。インドシナ蔑視丸出しです。彼女のかーちゃんは
ピエノワールなのに、ふん。

四つん這いしろ!と私に言ったアルジェリアんですが、知能テスト、
数学、仏文法もろもろ会話以外に敗北を見たようです。筆記が
美しくない同胞の女性(AFPA正職員)さえ勘違いの罵倒をしていました。
筆記が汚いと頭が悪いと思い込んでいたあるよ。あ、私が叩くキーボード
の音でも炸裂して怒っていましたよ。誰もが彼女の子供はテロリストに
なるだろう、と失笑していました。ザカイアス・ムサウィのママンみたいに
なっちゃうんだ・・・参ったな、こりゃ。
Commented by kanekatu at 2006-05-14 23:13
ma_cocotte様
>私の知人(フランス♂)はスウェーデン女性と恋愛関係に落ちて、ガキができて・
「スウェーデン食わぬは男の恥」。

アルジェリア旅行の弊エントリーに早速コメント頂き、有難うございます。
ご指摘の点については、これからの記事の中に反映させて頂きます。
アルジェリアでは運試しにと思って、朝昼晩の3食に生野菜と果物を食べましたが、何も起きませんでした。どうも内臓に耐性が出来上がっているようです。
サハラとカスバは素晴らしかったのですが、ホテルのひどいのには参りました。人間の生理的限界を越えていますね。

本エントリーの議論は随分盛り上がっているようです。私の幼少時には周囲に芸者も娼婦もいましたので、彼女達の生態を実際に見てきました。芸者の多くはパトロンを持っていますが、お客の花代だけでは、芸者の必要経費を到底賄えないのですから、当然です。
娼婦をやめて結婚し、立派な家庭を築いた例も少なくありません。以前はそうした女性達への世間の目は、もっと鷹揚でした。
外国人から「芸者」呼ばわりされるのが不快であるのは当然ですが。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-15 00:27
■kanekatuさま、無事のご帰国何よりです。お腹が無事だったことも
何よりです。マグレブ三国で観光に最も遅れているのはアルジェリア
だと思います。既にモロッコやチュニジアは欧州人に人気の観光地です。
次回はぜひどちらかに。モロッコは料理も楽しめますよ。美味×∞

私の母の世代だと女学校の同級生に妾腹がいること多々ありで、母から
いろいろな話を面白おかしく聞かされました。昔は父系がしっかりしていた
こともあり、母が誰であれ兄弟姉妹が仲良かったりしますね。思うに
昭和40年以降、このあたりの意識が改悪された気がします。

ガイジンが芸者という名詞を街道筋に立つ売春婦と同じにするのは
私は納得いきませんね。寧ろ、ムーランルージュの踊り子などが
比較対照にされるべきではないかと思ったりします。
Commented by hi-vison_1103 at 2006-05-15 01:19
ほ〜〜(・_・)そんなふうに見られてるって知りませんでした。
最初のポスターになんでそんなローマ字?と読み進めていって
(@_@;).....。。無知に一筋の光がぁ....。
そして
>ガイジンに言われて私のようにムカっムッキッキーッ!
まここっつぁんについていきます!byクロエ@脳にスジが1本増えた!
Commented by ma_cocotte at 2006-05-15 02:42
■hi-visonクロエさま、深夜にようこそ。
ニッポン婦女子はまず「芸者」、男児は「侍」ネタで話題を広げられたり
します。いえ、底辺の底のカスのみかもしれませんが。
日本女性の化粧が欧州びとから見ると独特なのもなぜか芸者を連想
してしまうのかもしれません。日本で人気のファンデーションや口紅は
フランスの太陽下だと白浮きのタラコ唇に見えてしまうのも原因かも。
10000kmの距離で文化が変形してしまうとでも言うか、偏見はつらいです。
Commented by ruru at 2006-05-15 02:50 x
こんばんは、通りすがりです。
実家@京都ですが、芸者になりたがる子は地方の子が多いようです。
やっぱり店でも地元の子だったりすると扱いが違うっぽいとか聞きます。
わたくしはメスなので実際に行ったことはありません。

わたくし、外国の人に「一見制度」を説明するとき、
ここ最近はSNSだといっています。
こういうと大概の外国人は簡単に理解してくれますよ。
といっても、主に北米のホワイトカラーの方達なので、
おふらんすの一般の方にどうかはわかりかねますが、、、

なんでそんな制度を始めたのか、とってるんかと聞かれたら、
そこらの道端おねえさん達と違って、
安心・安全なサービスと信頼を売っているから
本当に信用できる人にしか紹介しないんだ、とかいってます。

余談ですが、中国語では芸者=売春婦という意味だそうなので、
そっち経由のイメージもあるのではないかなと思っています。

ま・ここっとさん、日本のためにアレー!!!
Commented by ma_cocotte at 2006-05-15 16:14
■ruruさま、はじめまして。
一時期、関東の女性が確か舞妓として修行し始めたことが話題になった
記憶があります。
仏蘭西に果たしてSNSがあるのか??(笑)だけれど、私自身が知らない
世界なのでスマートに説明できないもどかしさが私側に出てきたりします。

中国語の影響かもしれません。仏蘭西国内には中国語を使う人が多い
ので話が本当になってしまうのは人数の多い中国語解釈ですね。
ということは「手紙」も気をつけないと!!!

私個人としては欧州のライセンス元祖売春婦と芸者は別の位置に置きたい
です。応援、ありがとうございます(ぺこり)。
Commented by velo at 2006-05-16 02:54 x
おひさしぶりです。その節はおせわになりました。マジで怒涛の日々をおくっていました。お金を稼ぐって楽じゃないですのう。
今仕事で欧州の会社のコンサルティングをやっているのですが、その本社に滞在している間に知識職の方からお尻をねっとりとさわられるという屈辱的な仕打ちをうけました。アジア人だからなのかとおもったらだれにでもという常習犯のようでしたが、会社の人々は”真面目にうけちゃだめ、笑い飛ばさないと、あの人変態だから”といわれ唖然。変態なら糾弾すべきではないのか!それぞれの国においてそういう事への受け止め方もちがうのか、と愕然とした数日間を送っています。この映画は見ていないのですが、アジア女性への偏見を増長するような影響がない事をいのるばかりです・・・・うーん、はなしがずれますが、ショックだったのでここに書き込んでみました。芸者の定義がどうであれ、一般的な職業ではなかったってことだけでも知っていただかないと・・・・・
Commented by ma_cocotte at 2006-05-16 03:12
■veloさま、おひさしぶりです。
この時間の書き込みというとキミは今どこに~?
こちらこそその節はありがとうございました。楽しかったよー。
上の映画の評判は誤解の種を撒いて豊作状態みたいですよ。
そのセクハラCadre も実は映画を既に見ていたりして?

その方がラテン系だとすると変態的かもね。耳年増の私の見解だけど
やっぱ西班牙と伊太利亜は動物的だと思う。本能は必ず知性に勝つ。
この手の話以外においてもスポーツやゲームでもこの性格をうまく利用
していると思いますね。
いずれにせよ、そんなことされても笑い飛ばさねばならないのはveloさん
です。笑えって言われても笑えませんよね。私なら肘鉄食らわしちゃうかも。
えっちなムッシュウにはココんちの夫のお尻を貸すんだけどなあ。
「引っ掻いてー、そこそこ、あ、そこ」くらいは喜んで言うのに。

Bon travail!Bon courage!Bonne chance!

Commented by 琵琶 at 2006-07-23 12:43 x
通りすがりのもんです。
一見おことわり ですか
向こうには 会員制サロン といったたぐいの物は
ないのですか? お茶屋遊びも そのようなものと
説明したらどうでしょうか

一見おことわり の理由 。。私 ヲタなので
いろんな方の話や 書いた物や ネットの書き込み等々
いろいろ拝見聴しましたが・・
どうやら お茶屋遊び にマニュアル がない
という ことが一番の理由なのかな という結論に達しました
マニュアルがない ので 客が自分の教養レベルや 仕事 その日の
都合 に応じて お茶屋の女将に様々な要求をしてきます
舞妓や芸妓を呼ぶだけがお茶屋の利用法ではないらしいのです
プライバシーを保護しつつ 様々な事に利用できる「貸しスペース」
が お茶屋というもの。
Commented by 琵琶 at 2006-07-23 12:49 x
時に無茶?をお客から言われても(まぁ客も多少は考えて
言わなきゃいけないでしょうけど)なんとか対応します!と
女将さんは 頑張ります なぜなら お客とは信頼関係で
結ばれているから・・・リスクのあることでも対応できる
これが 簡単に 予約をキャンセルしたり お座敷で
物を壊したり 暴れたり または花街の外では漏らしていけない
事を簡単に話す ような 客だったら・・それは無理。

お茶屋とお客がきちんとした信頼関係で結ばれるためには
それは 厳しい ルール が存在しているらしい です
お金もかかるけど・・・それよりも お茶屋 とつきあうことが
難しいらしいのです

その代償として・・・どんだけ頑張っても手に入らないはずの
公演のチケット・・女将に話すとあれ・・?どこからか手に
入れてくれる

芸妓さん舞妓さんからは 政財界のマル秘情報を
それとなく教えてもらえるかもしれない

等々 いろいろなメリット がある・・らしいです

けど 日本の古い芸能芸術 に興味がなければ
楽しくは感じない気がします 
Commented by 琵琶 at 2006-07-23 12:50 x
(お薦めサイトどす ぜひ行ってみておくれやす)
京都祇園観光案内 の中の 「ごまめの歯ぎしり」
http://www.kyoto-gion.sakura.ne.jp/archives/cat_3.html
祇園 いまむかし
http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/story/story_index_3
京の太夫さん
http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/story/story_index_9
嶋原太夫と輪違屋(リンクのページもぜひ!!)
http://kyoto.cool.ne.jp/tukasa21/
Commented by ma_cocotte at 2006-07-23 15:47
■琵琶さま、はじめまして。
おそらくサロンはあるはずですが、庶民に話題が漏れるものではない
ようです。ゆえに庶民において日本の「舞妓、芸妓」の世界が他の似たようで
遠い世界と混ざって伝わり、誤解されてしまっているようです。
例えば私が一見お断りの話をして、私にはツテがないのでその空間での
詳細は知らない、というとクビを傾げられたりします。私の知人は京都の
茶屋に通っており、そこでのクラシックな遊びも漏れ聞いてはいますが、
すべてではありません。ま、それで私個人は満足に至る話ですが(笑)。

お話だけでなくいろいろサイトを紹介くださったこと感謝です。
Commented by 琵琶 at 2006-07-23 17:41 x
私のごちゃごちゃな話につきあって下さり
感謝☆です。
それとは別に上に紹介したサイト は
個人的にすごくいいなぁ と思っています
よかったら 遊びに行ってみてください


Commented by ma_cocotte at 2006-07-23 20:57
■琵琶さま、とんでもありません。
いろいろ教えてくださってありがとうございます。
知人からは彼を紹介してくださった方(華道の家元です)との話から、
そこでの遊びなど聞いて素直に面白いと思いました。テレビゲームに
慣れた今の日本人には物足りないのか、新鮮なのかはそれこそ一度
その空間を知ってから本人が決めることですよね。私が男性なら多分
何度も足を運びそうです(笑)。
今朝は水菓子などを思い出していたら、偶然にも「水無月」ですか。
食べてみたひ。
Commented by valvane at 2009-09-28 21:20 x
ま・ここっとさん。お久し振りです。来月「ロボゲイシャ」なる映画が封切られるそうで、こちらにトラックバックさせていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
Commented by ma_cocotte at 2009-09-29 00:34
◎ valvane さま、
前回も同様のトラックバック送信についての報告コメントを頂戴しましたが、
今回も前回と同じようにこちらにトラックバックは届いておりません。
既に貴ブログではエントリーが公開されておりますので、いちおう拙ブログにて
お知らせします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 残されたもの やっと来れたので帰らない中國姐たち >>