<< 病人が外出せねばならない国なのだ。 日曜日午前11時ちょっと前、 >>
The long and winding road @ココんち
ココ新天地に引越して3か月と12日ほどになりました。この新居を予約したのが2004年6月4日、新居に入居したのが2006年7月28日だったので、引越が実現されるまで2年と一か月と24日かかったことになります。確か2004年6月、契約書にサインした時に、引越は2005年末、遅くとも2006年の3月と聞いていたのですが、結局7月の終わり、しかも建築主さんが翌日から1か月のヴァカンスに入るので28日の17時までに来なかったら鍵は渡さないよ、とまで言われての引越でした。どちらが客なんだかさっぱりわかりません。この発言のせいで引越の移動計画を抜本的に修正しなければなりませんでしたから。

今回引越までの流れですが、契約書を交わした時点で価格の5%を納め、その後、土地を耕す段階で15%、壁を作る段階で10%、水道管を引く段階で15%、内装の壁ができた段階で20%、配管で20%、最後に鍵をもらう時に15%を払うというものでした。小切手での支払いになりますが、行き違いなどがあったりすると工事がピタっと止められてしまいます。

今年に入ってすぐだったと記憶していますが、建築主にこちらから連絡したところ6月には住めるだろう、と答えをもらったので当時の住居の売出しを始めました。運良く簡単に売れ、新しい世帯主と6月末に公証人の前で家を交換することにもなっていました。が、直前になって建築主から入居可能日が7月末に延びた、となぜかこちらからかけた電話でその事実を聞かされました。6月末に家を出なければならないのに入居日までわたすたちはどこにいれば良いのでしょう?7月はヴァカンス月なのでキャンプ場も値段が釣りあがりますし、ココんちには猫が3+1匹もいます。キャンプを借り、猫をSPAに預けたとしてもベンラボーな出費になります。しかも引越日が延びたのは
私たちのせいぢゃありまっしぇん。
こんなことってあるの???とニッポンびとの私は面食らいましたが、低姿勢で新しい世帯主に電話をし、7月末までアパルトマンを貸してくれないか、と出てみました。運良くこの願いを受け入れてもらえました。ラッキ。

改めて6月末だったか建築主に電話をし7月末に引越可能と返事をもらったのですが、その時に入居15日前までにEDF(フランス電力公社)と市役所に入居申請をしないと電気も水道も使えませんよ、と伝えられました。すぐEDFに電話をしましたが「7月28日入居ですか?工事は8月半ばですかねー。なにせヴァカンスですから。」と軽々しく言われました。「7月28日から8月半ばまで電気なしってことですか!?」と声高になったら「はい、そうですよ♪」という返事。これってヒドい!です。建築主に電話したところ、「似たようなトラブルがあるんですよー。もう一度頑張ってください。それより28日17時にこれなかったら鍵は渡せませんから知りませんよ。ガッチャン。」です。もう一度EDFに電話をしたら住所を聞かれ、新しい住所を伝えたら「地図に載ってません」という返事です。「隣は誰ですか?」とまで尋ねてきやがりました。こちとら800km離れた場所に住んでいるのですから、隣が誰かなんて知りません。というか、分譲地なので隣も空き家のはずです。しょーがないのでココんちの仏蘭西びと♂の親戚に電話をして4軒先の住人の苗字を教えてもらいました。が、EDFには「も、もし28日に電気がなかったらあたすたつはどーすんべ?」と言い続けました。

どうも建築主からもEDFに電話をしてくれたようでなんとか電気も開通。28日朝、新天地に到着しました。着いて驚いたのは家という三次元空間はあるものの、家の周りは未開発のまま、道は懐かしの舗装前の泥道状態でした。仏蘭西という国はほとんどの市町村が一番古い教会を中心に同心円状に広がり続けていますが、わが新天地も現在のところ最も外心円に当たる場所です。新居の目の前は牧草地!つまり入居できるまで2年かかるのも荒れ野を耕し、水道管と電気やガスを引き・・・というところから始まるのです。仏蘭西の住所は=通りの名前ですが、こんな理由で原野に道なき道を作っている最中なのでまだ地図に通りさえ載っていないのです。

子供の頃、学校の図書室で手にした「ちいさなおうち」という真四角で水色の童話を思い出しました。あのお話のような世界の途中に今、わたしはいるのです。ココ新天地の近所には近い将来、ショッピングセンター群やサッカー場ができるそう。あの絵本の中のちいさなおうちのように我が「ちいさなおうち」も窮屈な環境になってしまうのでしょうか。ちょっと心配です。でもそんな心配なんかする前に・・・なんですが、無事新居について、鍵をもらって、新居の中に入ったものの、27日午前中、私たちより先に出た引越屋さんが新居に到着したのは8日後のことだったのです。
b0070127_2311967.jpg
引越屋さんが旧ココんちに来たのは木曜日だったので、土日は休業を前提に到着は火曜日だろう、と言われていたのですが、到着したのは金曜日午前でした。ココんちの仏蘭西びと♂の親戚がキャンプ用のテーブルと椅子、折りたたみベッド、調理用ボンベを置いておいてくれただけでも運が良かったかも。

7月下旬だというのに引越屋さんが到着するまでの間、冷蔵庫なしで過ごしました。 もちろんテレビもありません(T_T)。屋根と壁と床があれば雨風を凌げるのだし、電気と水道が通っていただけでもありがたいと思うべきなんでしょうけれど。建築主の説明不足で引越から丸2日間、お湯が出ない蛇口だった、そういえば(遠い目)。これについては夏で良かった。というか、お湯が出た日から寒波が押し寄せた新天地なのであった。
ちなみに電話が開通したのは引越から約2週間後の8月9日、ADSLが使えるようになったのは9月下旬でありました。新居の前は現在も工事中でありまして、この一帯が完全に工事終了になるのは順調に行って12月末なんだとか。(絶対、クリスマス休暇を理由に延長するよ!)
たかが引越なんでしょーが根性いります@ふらんす


le 9 novembre 2006, Théodore
[PR]
by ma_cocotte | 2006-11-09 23:14 | 『?』なたわ言 | Comments(14)
Commented by しぇリ~ at 2006-11-10 08:57 x
大変でしたね~。でもご親戚がお近くにいてよかったですね。
欧州では引越の時期は考えなければなりませんね。

我が家も8月に引越。しかも電話は入居前に手配済みだったのですが、つながらず。。
押し問答をした結果11月下旬に回線ボックスの腐敗が原因だったことが判明。それまでネットなし。携帯電話命の生活でした。そうそう、夏なのに暖房がはいっちゃって、寒くなったら入らなかったとか。。

友人から日本で「オランダは欧州随一光ファイバーが進んだ国」なるニュースが流れていたと聞いていたのですが、いくら光ファイバーがあってもこういうアナログな部分に欠陥があってはどうにもなりません。その一方でこちらでは「官民連携でアムステルダム40000世帯の光ファイバー網構築一大プロジェクト」などとニュースが流れてます。(苦笑)

ある意味はかり知れない魅力あふれる経験なのかもしれません。。
が、もうたくさんですよね??!!!
Commented by neco_no_koolon at 2006-11-10 12:45
日本でぬくぬくと暮しつつ海外の驚愕話をあれこれと聞けるなんて、
自分の幸福をひしひしと感じました^^
Commented by ma_cocotte at 2006-11-10 16:27
■しぇリ~さま、実は「大変でしたねー」という過去形ではなく、現在も
進行形なのでありますよ。(T_T)
夏のヴァカンスシーズンは引越業者にとっては稼ぎ時(通常料金より
はるかに高い)ですが、こちらがケチったばかりに家具は傷だらけ。
大した家具ぢゃないのが救いでしたが、電化製品についてはお恨み
申し上げちゃう次第です。(T_T)
穏やかな生活に戻れるのはいつのことやら・・・。
フランスに光ファイバーなんてもんが使える日が来るンだろうか?
この世にいるうちに一度くらいは使ってみてーもんだな。
Commented by ma_cocotte at 2006-11-10 16:30
■くーろんさま、日本國の理路整然とした物事の運び方について今改めて
賞賛でございます。こちらでは庶民の盥回しは当たり前、コネもいまだに
重要です。17時までに来なかったら鍵をわたすのは一ヵ月後、と言い
放った建築主にも呆れました。客という意識はまるでなし。こんなことでも
ニポーンじんにはストレスにつながりますなあ。
ぶらヴぉ、ニポーン ヽ(T▽T)人(T▽T)
Commented by らぴ at 2006-11-10 19:11 x
いやぁ、タイムリーな話題。我が家の引越しも9月半ばのはずだったのに、じりじりずらされ、まだ鍵引渡しのxデーを連絡してもらえません。今の希望は11月末。でもそれからいろんな手続きが12月に果たしてできるのか?とイラついております。幸い今のStudioの大家さんは義両親なので、住むとこは確保されてますが。

しかしまぁ、コチラでは何かが期待よりうまくいったときの達成感がたまらないですよね。日本ではできて当たり前のことなのに。
Commented by ma_cocotte at 2006-11-10 20:20
■らぴさま、おお!
うちは一度、12月引渡しと言われましたよ。あの時はどーなるかと思い
ましたが、こうして「家」という建物の中に私はいますが、現に目の前はまだ
工事中ですし、未完成の家も多々あります。
らぴさんは12月のノエル前には引っ越したいでしょう?今から建築主に
ぢりぢりプッシュした方が良いですよ。
うちは現在、台所をどーするかで大モメ中です。毎日3度使う場所なので
他のどこよりも最初に改善したいところなのですが。
達成感は本当に。健康保険のカードがいつになったら届くンだろうなあ。
確か8月に住所変更手続をしたのに未だ手元に届かず。コマッタもんです。
Commented by hi-vison_1103 at 2006-11-10 23:43
読んだだけでも疲れたのに....(;ーー)
ご本人達は.....すごい!!!
ハランバン夫人になってる〜。
でも、だんだんとそれに馴染んでいってるまここっちゃん、ちょっと感動中。
いろいろと少しでもうまくいきますよう、ニッポンからもぱわー送ってみました!
とりゃ〜っ!byクロエ
Commented by Hiro-san@ヒロさん日記 at 2006-11-11 05:02 x
Bon soir! 針路を北西にとって、その後、音信が途絶えた経緯がよ~くわかりました。冬場の引っ越しでこんなトラブルがあったら、大変ですね。万が一わが家がフランスに引っ越す計画が持ち上がったときには、準備を周到にいたしますだ。
Commented by ma_cocotte at 2006-11-11 16:58
■hi-visonクロエさま、私の脳天が「モヤシらが」養殖場になってしまう
こと、ご理解いただけますでしょうか。最近はこめかみプッツン、心臓
バクバク症状もございます。人相、悪いよー。ヽ(`Д´)ノ
生活は夢ではなくて現実なので一夜にして実現するわけぢゃない、と
わかっていても根性と忍耐が必要ですね。今は何を頼んでも「クリスマス
休暇」を理由に「来年ですかねぇ」です。sigh・・・
Commented by ma_cocotte at 2006-11-11 17:02
■ヒロさんさま、おらが町は英國人と愛蘭人だらけです。昨日も郵便局で
愛蘭人母子に出っくわしましたよ。うちの斜め前の家も英國ナンバー車が
いっつも置いてありますし。フェリーに乗ってどんぶらこっこと皆様で
いらしてくださいまし。
真冬に温水が出なくなったら?電気が止まったら?・・・想像するだけで
心臓バクバクです。実は昨晩はインターネットが使えなくなりました。
半月で二度も同じトラブル。お祓いが必要でせうか。
Bon weekend!
Commented by くるぶし at 2006-11-11 22:56 x
うわ~・・・引越しで、そんなことがあったなんて。
ニッポンではほんと考えられないですな。
まず、ヴァカンス。ふらんすにおけるヴァカンスは、あらゆる出来事がかなり左右されてしまうようですな。

ともあれ、いまは無事でなによりです。
はやく快適生活ができることをお祈りいたします。
冬にライフラインでなにか不具合が生じると、命にかかわりそうですね?!

日本でのADSL開通もえらく時間がかかり、面倒ですが、そちらにくらべたらマシなのでしょうか?
しかし、そういうのもすべて含め、フランス国なんだということを、改めて勉強させていただきました。
Commented by あぐねす at 2006-11-11 23:25 x
いや、大変!絶対クリスマス前までには全て(!)済ませて欲しいですよね!私も、お祈りいたしますわん。
私は、EDFが来るまで、1週間ぐらいは夜は月の光、日中はお日さま頼り
で過ごしました。幸い、まだ日が長く寒くはなく、割と近くに知人がいたので、食事、シャワーご馳走になって、なんとか過ごしました…
あと、トイレのぶっといパイプから水が漏れて、帰宅したら廊下水びたしとか..こりゃ、今でもちっとも懐かしいとは思いません。ぷろんびえ・配管工なんて職業、それまで日本ではあんまり耳にしたことなかった…
ちと前にはやった、ぷろんびえポロネじゃないけど、需要が高い職業だってこと、実感しました。
友だちも、ADSL開通まで、一ヶ月半かかりました…
ほんと、確実なことってないですよ、おフランス!
Commented by ma_cocotte at 2006-11-12 04:16
■くるぶしさま、フランスは新学期が9月なので夏休みは引越シーズン
でもありますが、ヴァカンスシーズンでもあります。新居なんですが、
床の柄が間違ったものだったのですよ。ですが、建築主も販売主も8月
はヴァカンス完全休業で、ヴァカンス明けすぐ床の柄が違うことを話した
けれど「もう住んで一か月ですよねー」と退けられちゃいました。_| ̄|○
ひどいと思いません?まあ、見たくないほど嫌な柄でもないので妥協
しましたが、たまーに今でも納得いかない気持ちになったりします。

新居は電気のみなので何かあったら怖いですね。って丁度一週間前の
土曜夜、電気がいきなり止まったのですよ。何でも独逸の発電所の異常
だったとか。・・・ここはフランスなんですが。ヽ(`Д´)ノ

ADSLは昨晩いきなり止まりやがりましたよ。2週間で二度のトラブル。
涙、な~みだーです。(T_T)
Commented by ma_cocotte at 2006-11-12 04:24
■あぐねすさま、あい、万聖節休暇が明けた途端、今度はノエルが
やってきます。新居で残るは庭に木を植えることなんですが、11月に
植えるといわれながらも未だナシノツブテ。どうなりますことやら。
プロンビエはなー、その単語を聞くだけでムカつく私です。エレクトリッシャン
もムカツキワードかも。真面目に見ろよ、二度と来るなよ、ですよね。
しっかも彼らは出張費だけでべんらぼーに高いのです。っずぁっけんな、ざます。
んなわけでカストラマやらルロイ・メルランなど日曜大工店が栄えるの
ですよね、おフランスは。私もよく行くけれど、パッションやらモチベの高い
ムッシュウでごった返しておりますよ。
あたすのADSLは昨晩も突然ぶっ壊れました。今朝はハヨからお電話
指導の修理です。ゲンナリです。なんで勝手にイタリアの会社と合併
するんぢゃー!フランス系とイタリア系の合併なんて、_| ̄|○
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 病人が外出せねばならない国なのだ。 日曜日午前11時ちょっと前、 >>