<< 和食ではなく日本食の正統派@ふらんす 8年目にして初めて見たかも >>
来仏するには今!この時しかなかった安倍ちゃん。

金曜日夜8時のニュウスで日本國首相安倍晋三氏が来仏した、と流れた。
b0070127_20544483.jpg
安倍氏は到着後そのまま大統領府(=エリゼ宮)でヂャック・シラク大統領と会談した。翌日、安倍ちゃんは今年初夏の大統領選挙でほぼ絶対間違いなく最終二候補に残るだろうと予測されているヒダリに座します社会党候補のセゴレーヌ・ロワイヤル姐、ミギに座しますUMP(シラク氏も所属する与党第一党)所属の現内務大臣ニコラ・サルコぢ氏と相次いで会談した。

だけど、フランスではシラク氏の公私混同の日本狂 pro-japon が有名である一方、近未来の大統領であろうセゴ姐もサルコぢも病的中國贔屓 pro-chine であることが知られている。セゴ姐に至っては昨年社会党大統領候補に選出直後まず地中海東岸の旧フランス統治国(レバノン)とイスラエル、パレスチナを訪問し、先週は中国を訪問した。中国でセゴ姐がどのような活動をしたのかそれはコト細かく国営放送でも民放でも流れた。
b0070127_20375365.jpg
家庭では「同棲未婚の母」でもあるセゴ姐は中国滞在中にフランス語を専攻する大学生との座談会まで行い、女性的慈愛のアピールにも怠らなかった。(私の独断だけどね)

一方、サルコぢはおととしだったか中國訪問。そこでなぜか必要もないだろうに日本の悪口をくっつけてのスピーチを繰り返し、中國さまが手を叩いて喜ばれるという光景が繰り返しニュウスに映された。当時、サルコぢは大統領候補に選出されるための下準備をしている最中で、現大統領のシラク氏が親日であることと違いを見せ付けるためには自身を親中と置くのがいいと決めてのことだったようだ。そうだとしても サルコぢはちょっと日本をケチョンケチョンにしすぎだった と思うあるけれど。

てなわけで、安倍ちゃんは今、フランスを訪問するしかなかったように思う。
シラク大統領との会談においてシラクさんは日本の安保理常任理事国入りを強く支持する考えを示したそう。でも、シラクさんの大統領としての命はウルトラマンなら胸のサインがピコピコ赤く点滅しちゃっている状態である。果たしてシラクさんが安倍ちゃんに常任理事国入りを支持すると力強くおっしゃったとしても、それに至るまでの過程でシラクさんの大統領の任期が満了し、親中の新大統領になった場合、シラクさんの約束はどうなってしまうのだろう?

このエントリーを書くにあたり安倍訪仏についていろいろ調べてみたけれどあまり引っかからなかった。一方でセゴ姐の中国訪問は引っかかりまくり、セゴ姐の公式HP でも安倍会談については何も書かれていないのに中国レポートは特集になっていた。フランスのマスコミもフランスがアジアのヘソを日本から中国にずらし始めているのに対応してか中国関連事項を共和国民の目に触れさせることが多くなった。


長すぎたシラク大統領の時代はまもなく終わる。
新しい共和国大統領が誕生してからのフランスと日本は現状よりクールな関係になるのはまず間違いない。一度甘い汁を吸った日本国民としては甘い汁が冷め切って飲み難くなるのは残念だけどね。現大統領が公私混同で日本國とべったりべとべとだった関係が終焉してのツケがクールを通り越して冷遇になるかもしれないのは、何も日仏関係だけぢゃない。歴史として二者の甘すぎる蜜月は必ず苦味に変わる。当たり前な山であり谷なんだと思う。


le 15 janvier 2007, Rémi
[PR]
by ma_cocotte | 2007-01-15 21:03 | 『?』な日本國 | Comments(15)
Commented by 山猟師の六太夫 at 2007-01-15 21:33 x
 フランスが、日本よりも中国贔屓になりたいのは、きっと中国の経済成長を見てのことなのでしょうね。日本もいい加減中国支援をやめればいいのにと思います。6カ国協議にも、大バカ野郎の住む北○○、拉致問題も全くあいつらには日本の立場が解ってないし、共産圏だからはじめっから、協力したい気持ちもなかったんじゃないかな?おまけに、国連常任理事国入りを願うのを反対して国の中も中国はいる。日本も高い金払ってまで、常任理事国入りをしたいのかね?と疑問に思うわ。閑話休題。それでいて、中国共産党は、「日本は経済的支援を続けて欲しい。ねっ、お願い・・」といわれてハイハイ調子でいつまで行うのか?アホかっちゅうねん。
Commented by ma_cocotte at 2007-01-15 23:02
◆山猟師の六太夫さま、はじめまして。
EUにおけるフランスの立場としては今年1月1日に加入した欧州最貧国
のルーマニアとブルガリアを他のEU国並みに引っ張り挙げることが優先
課題なので、これまで中国に下請けさせていた製品をこの二か国製に
移動するはずです。多分、アジア拠点を中国に据えているのだろうけれど、
山猟師の六太夫さんがおっしゃるとおり、欧州では「日本以上の力」を
アピールする中国が一方で日本にはまだ経済支援を要請し、しかも
その資金がどこかでよどんでいるわけでこの辺のよどみをまず一掃
するのが「国際」ですよね。
フランスの次期大統領最有力候補のお二人ですが、どちらも内政向きです。
外交音痴なのに大統領職に就こうという野望ばかりです。ε= (´∞` )
Commented by 山猟師の六太夫 at 2007-01-15 23:21 x
 中国の海外向け衛星放送を見ていたら、結構、軍事上の最新型戦闘機の中国人設計者の話や映像なども流れています。一機、数十億円するようなものを何基も保有するわけですから・・日本の援助金もおそらく、中国電子台からは絶対流されないような、一般国民の生活には使用されず、このような資金に廻ってる可能性もなきにしもあらずです。また、中国人の言うには「日本はいつまで社会主義やってるの?」と、そのような表現をしていました。笑いますね。しかし、共産圏の流すニュースも信じられないものが多いような気がします。米国のなんとかいう国務長官がパレスチナ代表とイスラエル代表と会見というか会っている映像が流れていましたが、中国の放送ではパレスチナ代表との会談の方が長く放送されていました。これも対米国意識かなぁ~。
Commented by ma_cocotte at 2007-01-16 00:19
◆山猟師の六太夫さま、
フランスでは最近、大金持ちになった中国共産党員がフランスの美術品
や歴史建造物を買い漁るドキュメンタリーが頻繁に流れています。
これを好意的に見るべきか、共産主義の矛盾として見るべきかは視聴者
の自由なのかもしれませんが、私個人は後者です。共産党員として
事業に成功して裕福になってこその自由にも、富裕格差にも疑問。
どこが共産主義なんだかわかりません。
今年の大統領選にも共産主義者、トロツキストとそれぞれ出馬すること
になっていますが、彼らが主張する「富の共同分配」は中国はじめとする
共産主義各国の内情を知るとあまりに矛盾だと思います。

>「日本はいつまで社会主義やってるの?」

思想的に見ると日本ほど究極かつ完成された社会主義国家はないそうです。
Commented by 山猟師の六太夫 at 2007-01-16 02:03 x
 共産主義自体は、非常に素晴らしい構想だとは思います。みんなで働いて、持ち寄って分配する。・・・が、人間がそんなことを絶対確実に行うと思っていた時代は倒壊しているはず。今は、権力者が美味い汁を吸って、「反抗する人間は殺す」・・ロシアの女性ジャーナリストがいい見本です。それでも彼女は、自分ののやることを行っていったんだから、偉いと思います。松本治一郎という社会党議員だった人は、ソ連で観劇に招待された時に、特別席を見るなり「ここにも、このようなものがあるのか?」と疑問に思ったらしいです。ここまで、徹底できれば良いのでしょうが、ロシアも中国も北朝も、所詮は権力者構造のピラミッド社会です。中国は、共産主義国家と謳っていますが、実際には資本主義を導入していますし、国家上層部はいい目を続けるためにそう言わざるを得ないのでしょうね。卑怯千万。
Commented by 山猟師の六太夫 at 2007-01-16 02:11 x
 関係ない話ですが、国際社会は、なぜ、インドのカースト制度問題(差別構造をいまだに是認させられている社会。上層カーストが、下層カーストの女性を暴行しても裁判沙汰には絶対ならないような問題も含めて)に突っ込んだ議論を持ち出さないのでしょう?北朝鮮の人権に巻にしては、耳にしますが、中国の人権問題は聞きますか?インドのカーストに関しては全く聞かない状態です。利権がらみでないと国際社会も動かない、動いていない気がします。日本のODAも結局は、日本の企業の都合のいいように整備されているだけ(ネシア近海における日本漁船の海老漁による海洋汚染とネシアの漁民が受けている迷惑。フィリピンの道路舗装の先には、日本人の買春市場がある・・とか)です。ほんと、利権利権で明け暮れしている世界です。
Commented at 2007-01-16 02:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2007-01-16 23:42
◆山猟師の六太夫さま、

>共産主義自体は、非常に素晴らしい構想だとは思います。
>みんなで働いて、持ち寄って分配する。

これは素晴らしいのだけど理想論ですよね。フランスではトロツキストの
大統領候補(本人は郵便配達さん)がトーク番組に引っ張りだこになる
ほどの人気者(おしゃべりだから)ですが、聞いてすぐは「いいぢゃん!」
と思っても熟考すると「でもニンゲンには個性があるから無理だよ」と
熱が冷めていくのがわかります。中国が一度人民服を強いたところで
続かなかったのも没個性だったからでしょうか。
インドのカースト制度は宗教問題だからアンタッチャブルなのでは?
フランスではチベット問題ではかなりな騒ぎになりました。ダライ・ラマの
夫人がフランス人だからかもしれません。
Commented by ma_cocotte at 2007-01-16 23:43
◆2H14鍵さま、承知いたしました。
早速ググってみたら落語とグルメにばかり引っかかりました。
Commented by マックス at 2007-01-17 04:58 x
 ダライラマって結婚してたの?知らんかった・・。インドのカーストは宗教的立場からと言うよりも人権問題だと思います。
Commented by ma_cocotte at 2007-01-18 00:10
◆マックスさま、ダライ・ラマはフランスでは日曜朝の仏教番組に定期的
に登場しますし、共和国内中、講演して周っています。スイスに近い
アルプスの山中にお住まいとか聞いています。
Commented by Hiro-san@ヒロさん日記 at 2007-01-18 09:30 x
このニュースのドサクサ?に紛れて、1956年にフランスが「英国連邦に入れて~、おたくのエリザベスを元首として拝ませて~」と頼んだ秘密文書が公開されました。
http://uktv.co.uk/index.cfm/uktv/History.news/aID/580213
ご参考まで。臨時ニュースでした。
Commented by ma_cocotte at 2007-01-19 01:53
◆ヒロさんさま、フランスでもこのニュウスの方が大々的に流れています。
日本のシュッショさんが来仏したことについて、翌日に左右の大統領
最有力候補の二人に面談したことについてを合わせても1分にならない
と思います。日本なんてそんなもんなんでしょう。っくーっっ。
フランスがコモンウェルスの一国になっていたらどうなっていたのかなあ。
・・・と考えようとしたら、私の家のまわりは英国人だらけってことに
気付きました。どんどん英国からの移住者が増えておりますよ。
Commented by Hiro-san@ヒロさん日記 at 2007-01-19 08:36 x
まここっとさま、フランスの方が扱いが大きくて当然でございます。イギリスでは主要7紙のうち、中記事にしたのは2紙程度でしたが、もしも英仏統合が実現していたら今頃イギリスは・・・・、とこんな勝手なことを書いてましたよ。
①列車は(TVGのように)定刻で高速だったはず。②おいしいクロワッサンが食べられたのに。③でも、失業者はフランス並に溢れかえっていたはず・・・。
イギリスの列車はちょろいです。今日みたいにちょっと風速20mになっただけで、線路に木は倒れる、フェンスは倒れる。あたしは2時間半閉じ込められましたです。
Commented by ma_cocotte at 2007-01-19 16:25
◆ヒロさんさま、ひえー、兵糧攻めですか?
昔、東京に住む友人が大阪に住む恋人に会いに行くために関が原で
兵糧攻めに遭うことを想定して駅弁を5食くらい買って乗り込むのを
冬の間続けていましたよ。
私はエジンバラからニュウカッソー(←エリザベス風にぜひ)まで特急に
乗りましたが快適でしたよ。TGVはなー、ストが多すぎくんです。これが
恐すぎ。ストは共和国民の権利だっちゅうけど権利ありすぎ。
失業者の問題は移民問題が絡むのでね、英國の旧植民地は石油ガバガバ
国が多いから英國のパトロンになってもらえるけれど、フランスは現在も
旧植民地の向上援助で大変です。世界の最貧国のほとんどは旧仏領
でこれらの諸国の国民についても特別な優遇政策がうんざまんざと
あります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 和食ではなく日本食の正統派@ふらんす 8年目にして初めて見たかも >>