<< どうやら奇跡が起こったらしい。 寒が戻って、なごり雪 >>
年に二度の、掻き入れ時
b0070127_16574838.jpgこの週末、3月23,24,25日の3日間はどのチャンネルに合わせても画面の片隅に 110 という数字が添えられた赤いリボンが出てきます。このマークは毎年恒例の Sidaction シダクシオンによるメディアを利用した募金活動が開催され、放送局もそれに賛同している証です。SIDA シダはフランス語で AIDS エイズを意味します。この団体は一年中募金を受け付けているものの、この3日間で医療、開発、患者などあらゆる面からのエイズ救済援助金をどっどーんとかき集めようと試みており、24日夜には芸能人総出演のコンサート中継も放映されることになっています。今年も共和国内11テレビ局と5ラジオ局が賛同しており、例えばニュウスでもエイズに関する話題を取り上げ、視聴者に募金を呼びかけています。
・・・・あれ?
似たようなことが2週間前にもありました。
b0070127_1721178.gif3月9,10日の2日間、共和国内中のスーパーマーケットの入口には何十もの買い物用ビニール袋を持った人が数名立っており、入店しようとする客にその袋を渡しており、一方、出口には中身が満たされたその袋を受け取ってカートに集めている人が数名陣取っていました。これは Les Restos du Coeur (レ・レスト・デュ・ケール、=心のレストラン)という団体の活動で、年間を通じ共和国内で食べることがままならない人々に無料で食料を配布しており、毎年この時期、イーパー&スーパーマルシェ店頭で来客する人々の善意を受け取っているのです。この二日間もフランス国内のメディアは一斉にこのムーヴメントを盛り上げる動きを起こし、ニュウスで取り上げ、10日夜には芸能人総出演のチャリティー・コンサート番組を放映しました。この番組内で唄われた歌が毎年CD販売され、その収益金が募金にあてがわれるのも恒例になっています。
b0070127_19213757.jpg
フランスではSidaction や Les Restos du Coeur の他にもこの手のマスメディア、芸能人が一体となった募金活動組織がありますが、これらの組織が共和国民に大々的に援助を募るのは年に2回の同時期に集中しています。ひとつは今、3月というひと月、もうひとつは11月下旬から12月末にかけてです。フランスの暦において前者はCarême (カレム、=四旬節)と呼ばれる復活祭前の40日間であり、後者はAvent (アヴァン、=待降節)と呼ばれる約30日で、両方ともフランスの長い生活習慣において「節制」が行われていました。節制は食生活で日常との具体的違いがありましたが、この期間には節制の一方で「善行」を行うことが奨励されていました。cf. 待降節、私たちにできること。
 
というわけで、1905年の政教徹底分離から102年が過ぎ、共和国民の非神論者数が上がっているにしても、まだ善行だけはこの時期に行いたいという心理に駆られる人が多いらしく、募金を募る各団体もマスメディアもこの心理を利用して、年に二度、元々はカトリックの習慣である「四旬節」、「待降節」という節制月に大イヴェントを合わせて、共和国民に具体的、目に見える「善行」を促すのです。スーパー店頭で食料品が集められている、というニュウスを聞くなり、「あら、行かなくっちゃ」といそいそ出かけるヒトも多いのがフランスです。
手ごたえある収益があるのは間違いないようです。
年に二度、寄付をすることに喜びを感じることに慣れてくると、スーパーの店頭で渡された袋の中身の選び方も変わってくるから不思議です。私の場合、初心者だった頃は自分が食べたい物を袋に詰めていたけれど、それがいつからか相手が食べやすいものを袋に入れるようになりました。例えば火にかけなくても美味しく食べられるもの、湿気にくいお菓子などを選ぶようになりました。この知らぬ間に身についた感覚が共和国の第四標語といわれるSolidalité (ソリダリテ、連帯)はたまたカトリックにおける Charité (シャリテ、相互愛)なのかなあ、とぢわぢわ実感しています。心身で実践することで理解に至る、でしょうか。
それにしても、おフランスの徹底政教分離法って俗側の狡猾さが目立つよね。

le 24 mars 2007, Catherine de Suède
[PR]
by ma_cocotte | 2007-03-24 16:57 | 『春』 Rien de special | Comments(4)
Commented by hi-vison_1103 at 2007-03-25 01:18
この写真のアイディアもすばらしい!
そして↓天気、全然違ってるんですね。私は短いけどちょうど気候のいい時だったんだ。Giboulée ジブゥレ、覚えておくね!byクロエ
Commented by ma_cocotte at 2007-03-25 03:19
>hi-visonクロエさま、
んもー、きょうなんか真冬のような寒さです。どーしちゃったのでしょうか。
クロエさんがいらした一週間は本当に気持ちの良い日が続きました。
運がよろしいですよ。
ジブレは毎年3月頃に到来するそうです。お気をつけあそばせ。
Commented by らぴ at 2007-03-25 21:57 x
なるほど、あのマークにはこんな意味があったのですね。
最近やっとケーブルテレビデビューをしまして、フランスのテレビ番組初心者なのでma_cocotteさまのフランス事情解説、重宝させていただいてます。
Commented by ma_cocotte at 2007-03-26 01:21
>らぴさま、日曜日夜まであのマークが画面の端っこに出ています。
いいですね、ケーブルテレビ。大統領選挙が近いのでフランスの番組も
面白いと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< どうやら奇跡が起こったらしい。 寒が戻って、なごり雪 >>