<< Américanisme アメ... ああ、そういう月だった。 >>
どっきん、どっきん。
b0070127_21575616.jpg
きょうは fête du Saint-sacrement 。
∴ 1ère communion des enfants 子供達の初聖体式なんである。
この日のために、勉強し、
この日のために、生まれて初めて罪を告白し、赦していただき、こころを純白にして、
この日のために、真っ白いおべべを着て、
この日初めて、Hostie オスチと呼ばれるパンをいただくのだな。

この儀式は日本の七五三みたいなもので、きょうの好き日を迎えた善き孫の姿を見るために
めかし込んだ親だけでなく、ぢっつぁま、ばっつぁま、ひぃ爺、ひぃ婆も集まる、集まる。

はじめてホスチアを口に入れた子供の神妙な顔、
他の子が口に入れたのを見ていたずらっぽそうな目で見つめる子、

おもしろかった。

le 10 juin 2007, Landry
[PR]
by ma_cocotte | 2007-06-10 22:01 | 『春』 Rien de special | Comments(13)
Commented by hi-vison_1103 at 2007-06-10 23:31
写真でも緊張してるのがわかります。
教会といえば、祭壇がたいてい東にあるって教えてくれてありがとねーー!!
遅くに今日、コメントに気づきました。
迷大人になってもこれから助かりますm(__)m
ってこの年でわからなくなるっていうのは....迷子でなく...byクロエ
Commented by ma_cocotte at 2007-06-11 04:48
>hi-vison_1103クロエさま、おお、緊張感が伝わってきますか。
一生に一度ですし、一日一族の主人公にもなれる日なので、親戚総出で
そわそわしているのですよ。男の子の半ズボンの長さが特徴あって
かわいらしいな、と思いました。

そう、私も以前、教会の祭壇は南向きだと思い込んでいたのです。
古い建物であればあるほど東らしいです。ゆえにシャルトルなどは
朝から日暮れまでいないと全ステンドグラスの美しさがわからない?
Commented by CALLAS at 2007-06-11 10:52 x
はじめまして
フランス語の勉強をしている23歳♂です
まずは単語を覚えようと仏語辞典の赤文字単語1万語を覚えようと
がんばって100日ちょっとで覚えたのですが、
カラスはキリスト教に疎いのも手伝って、
communion、hostie、などの単語はよくわかんなかったですけど
こういう感じなんですね
benitier とかはあまり関係ないですか?
文字的に意味はわかっても
絵的、概念的にわからないのがこの勉強法の難点です
fosse,rainure,rigole,tranchee などは
全て、溝、で片付けられてしまいさっぱりです
ほかにもほかにも、etc、etc …
うぅ、ぐちになってしまった
後ろ向いちゃってる女のコがカワイイですね★
それにしてもみんな背筋がいい
緊張してるからかな
Commented by leonie at 2007-06-11 11:34 x
写真から「どきどき」が伝わってきますね~。

わたしの息子は来年「初聖体」の予定です。
いま息子は、やる気満々、熱心にカテキズムを受けております。
私のParoisseでは復活の主日に初聖体です。その一週間後に「ミサ答え」の白衣をうけとり、「待者」デビューです。

近い将来、白衣を着て待者をする息子をミサで見ることができる日がくるなんて考えただけで感動します。

そのまま「司祭デビュー」してもらえたら、うひひ。
そのために、日夜お祈りと、「○○(息子の名)が神父様の服きたらかっこいい~!まるでペトロカスイ岐部みたい!しびれる~」といい続けましょう。(笑)

フランスの古い教会はたいてい祭壇が東向きですね。エルサレムに向けていると私のケッコンまえのParoisseの神父さまがおっしゃっていたような覚えがあります。だから、パリカトリック大学のお隣にあるカルメルの教会は北向きだったので「あれ?めずらしい、ここは土地の事情で東向きに出来なかったのかな?」と思いました。

Commented by papillon-e at 2007-06-11 12:21
かわいいですね。ドキドキ感と晴れ舞台の緊張感ってのも感じます。良き大人に成って欲しいです。
 ご無沙汰でした。なかなかお邪魔も出きず、うだうだしてました。昨日は久々に昔に通っていた教会に行き牧師先生の奥様と話をし、教会学校の先生達とお話をしてしばし昔を懐かしみ、また子供達の成長の話に花が咲きました。
 85歳の最長老の先生が「久しぶり」と抱きしめてくれたのがとても嬉しく、印象に残ってます。先生にとっては小学生の私の姿と今の私の姿はかわらないのだろうな〜。
 
Commented by peque-es at 2007-06-11 12:39
スペインのコムニオン、教会で見た事はないのですが、子供にとっては奇麗な服を着せて貰って、写真撮って、家族や親戚を招いて会食…ミニ結婚式みたいなノリかなあと思って見ていました。そういえばプレゼントも貰うのかな?

友達の中に、コムニオンで告白したくなかったというマセた(?)のがひとりいましたが…あと若い人たちは、自分自身は宗教を信じてないとか、普段教会に行かない人が結構多いと思うのですが、自分が親になったら、やっぱり子供のためには行事としてやってるような気がしますね。
Commented by ma_cocotte at 2007-06-11 16:17
> CALLAS さま、はじめまして。
単語一万語制覇・・・うらやましいほどのパシオーンです。
benitier ですが、聖水盤ですね。
カトリック教会の聖堂に入ると入り口周辺に水が貯まった置物がありまして、
それを指します。フランスだと大きな貝殻の形をしたものもかなりあります。
上手に言えませんが、これは「清めの水」のようなもので、聖堂に入る
前に、指先を水につけ、祭壇に向かって拝礼しつつ、おでこ→みぞおち
(あたり)→左肩→右肩の順に十字を切ってから聖堂内に足をさらに
運びます。カトリックの習慣所作ですね。

tranchée トランシェの音だけ聞くと、私はどうしてもパン屋さんを連想
しちゃいます。いつもパンを切ってもらうのにTranchez, svp を使って
いるので。

>それにしてもみんな背筋がいい

おお、そういえば!
フランスの成人男性はなで方の猫背が結構多いのですよ。
でもこの写真はごミサ入祭直前なのでド緊張だと思います。かわいいですね。
Commented by ma_cocotte at 2007-06-11 16:34
>leonieさまの息子さんは侍者になられる予定ですか。ヾ(T▽T)ノ゙ ヾ(T▽T)ノ゙
なんとうらやましい。侍者装束が赤のスータンに白エプロンなら究極ですね。
初聖体の準備やお式を拝見すると幼児洗礼のお子たちが羨ましくなります。
なんというかあの日、一日の華やいだ雰囲気はこちらまで高揚すると
言うか。昨日もご家族がそわそわしちゃって大変で、神父さまがミサ後に
写真を取れるのだからミサ中は写真を控えて、と注意したにもかかわらず
こそこそカメラやビデオを取り出しているご家族ばかりでした。ご聖体を
口に入れる瞬間がどうも取りたいらしい。(^_^)

しかもleonieさんは息子さんの召命を願ってらっしゃるのですか!?
凄い・・・・leonieさんはmonicaだ、小テレーズのご両親のごとくだ。
フランスですが最近、若い神学生、司祭の間でスータンやローマンカラー
着用が復活し始めています。いいですよね~。

教会ですが北東~東~南東の間のどこかに祭壇が向いていることが
多くありませんか。パリカトの教会、美しいですよね。先日、ここでの
神学生のミサがFrance 2で生放送されました。Pas mal
Commented by ma_cocotte at 2007-06-11 16:37
>Papillon さま、おかえりなさい。
心配しておりました。どうぞゆっくり快復に向かってくださいね。
私も祈ってます。
フランスのカトリックはだいぶくだけちゃったので初聖体の洋服も
いつもの普段着よりは白い程度ですね。女の子はベールもかぶらないし。
日本のカトリックだと女の子はベールをかぶって「小さな花嫁さん」っぽい
雰囲気です。かわいいですよ~。
Commented by ma_cocotte at 2007-06-11 16:47
>peque さま、フランスもミサで親戚が介し、ミサ後は正餐ですね。
今の時期はスーパーや郵便局でも Communion と明記された
関連商品が並びます。郵便局で売っているカードが結構かわいきれいなのだ。

>友達の中に、コムニオンで告白したくなかったというマセた(?)のが
>ひとりいましたが

幼児洗礼の場合、初聖体前に初告解があるのでまずそこで緊張する
らしいですね。9歳くらいのお子たちなのでたいていは「パパ、ママンの
言うことをききます。兄弟姉妹仲良くします」みたいなconclusionらしい
ですけれど。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2007-06-11 16:47
>若い人たちは、自分自身は宗教を信じてないとか、普段教会に行かない
>人が結構多いと思うのですが、自分が親になったら、やっぱり子供の
>ためには行事としてやってるような気がしますね。

これはフランスもそうですよ。左傾カトリックの主張です。洗礼を受けた
権利が最優先であり、初聖体などは「文化継承」という考え方です。
カトリック教会で婚姻した場合、子育ての条件を宣誓し、そこに洗礼以降の
諸条件があるのですが、なぜかこれを忘れる夫婦が多いですね。
子供の洗礼は「子供本人の希望に任せる」というのがそもそもカトぢゃ
ない。それでもそのパターンが増えて来ているし、私の夫のように幼少時に
親が離婚した場合は洗礼のみでその後の秘跡はまったく受けていない
「自称カト信者」も多いですよ。欧州全体(引くことのアイルランド(爆笑)
だと思います。
Commented at 2007-06-12 18:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2007-06-13 03:19
>18H54@120607鍵さま、

おお!届きましたか!
既に送ったことを忘れておりました(^_^)
試験にでも使います?うぷぷぷp
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Américanisme アメ... ああ、そういう月だった。 >>