<< 裏切られたような気分、とはこの... 2007年8月15日@お仏蘭西 >>
ムズカシイコトは抜きにして
円急騰だそうです。

昨日、おフランスのニュウスでやたらトーキョ、トーキョと聞こえてくるので、ナンだ?と顔を上げて見たら、円急騰。
週末の東京外国為替市場は一時、1ドルが@112.78円、なんと 111円台になった瞬間もあったそう。 ついでにユーロも日本時間18日金曜日午後1時の時点で前日比4円52銭円高・ユーロ安の1ユーロ@151.45前後で取引されているそうです。・・・・・で、週末に突入と相成ったのでした。
昨日が155円台で、きょうが151円台ね。___φ( ̄^ ̄ ) 
たった一日で4円の差というのは大きいですね。旅行中にインターナシオナルカードで引き落とししたり、お買い物をしたら1ユーロにつき4円違うのですものね。大きい買い物をすればするほど有り難味も増すというか、「昨日買って損した」と凡女のあてくしなどは素直にそう思ってしまったりします。

が、この円急騰が今後も続くと日本経済界に打撃が来るそうで、欧米も大変なことになるのだそう。テレビ画面にも経済界のエラいひとが登場して「大丈夫です」と繰り返していたけれど、国益も経済界の損得関係も無視するなら、私にはこの円高は涙が出るほどうれしいニウスであります。

数か月前、1ユーロが@170円前後だった時期があり、あまりのショックでそれ以降、何を買うにしても円に換算するのは控えていましたが、悲しいかな、日本びとの私はどうしても円に換算してしまっていました。円を無視してもフランスはユーロ好景気だかなんだか庶民の基本食料品の値上げが物凄くて、つい先日も9月から乳製品の一斉値上げが発表されたばかりです。そーいや電気料金も上がりますね。庶民にとってはバゲット(細長いフランスパン)が共和国の物価バロメータだったりしますが、2001年のフランからユーロ以降後、なんと1.5倍強の値上がり、しかも細く短くなっていたりするのです。2001年当時のバゲットの値段やサイズを維持しているのはいわゆるHypermarché, supermaruché の全国チェーンの大型店舗で売っているものです。以前ならスーパーのパンもパン屋さんのパンもそれほど値段差なく、非常時にスーパーで買ったりする余裕も庶民にありましたが、ここ数年、スーパーでしかパンを買わない共和国民が増えていたりします。

カルシウムの不足を乳製品で補う共和国民にとってチーズはじめとする乳製品の値上がりも(私には)「いじめ」にしか思えないですけれど、大統領閣下は「お金があれば何でもできる。お金があれば美味しい所で美味しいものが食べられる。」を身を持って体現されてらっさるし、なんでも学校教育まで英米のように大学別入学試験を導入して「格差」をつけようとなさっているとか。そんなにこのフランス共和国をエイメリカとまったく同じにしたいのなら
あんたがそっちへ移住したら?
と、ついうっかり口角から漏れてしまったりします。ユーロ景気で国益ウハウハ、大統領閣下の公私混同生活も財閥から国家元首が出たような持ち上げようですけれど、バゲット一本さえ気軽に店に飛び込んで買うことができなくなった庶民の気持を大統領閣下は微塵でも考えたことがございますのでしょうか?
ムカつく。
この世の中の難しいことをまったく抜本から抜き取ると仮定するなら、ユーロがドルと同等の単価@112円台くらいになってくれないかと呪詛します。ヾ(`◇´)
b0070127_18112574.jpg
Photo par AFP

15日間のNew Hampshire ニウハンプシャア州Wolfeboro ウルフボロですっかりaméricanisé アメリカニゼされちゃった大統領ニコサルちゃん、きょうの朝、パリに戻って来ちゃうんですと。アメリカかぶれはパリでどのように痒くなり始めるのでしょうか。ε= (´∞` )

le 18 août 2007, Hélène
[PR]
by ma_cocotte | 2007-08-18 18:17 | 『?』なたわ言 | Comments(14)
Commented by しぇリ~ at 2007-08-18 19:05 x
アメリカ好きでも英語ができないとは情けない。。。
任期中にネイティブ並の英語力をつけることが先決かもしれませんね。

なんだか無理がある「プチ・ブルジョワショー」。奥方の奔放さをメディアが擁護してますが、就任後、マルタへの豪華バカンスにご招待してくださった方が関係されているのでは?と勘ぐってしまいます。

アメリカのような学校教育になれば、文盲が増えるだけですよ。

まさか医療(保険)、年金までアメリカ版にしようとしているのでは??



Commented by ma_cocotte at 2007-08-18 19:20
> しぇリ~さま、
もしサルコがフランスの国家元首として、レゼタズュニでフランス語と
フランス文化を知らしめる役割を果たすなら私は文句ありません。
ブッシュの新しい飼い犬になるとしても残り1年・・・
共に終わってください、ですよ。
米国新大統領が誰になるかわかりませんが、このチビサルがどういう
行動に出るか、ですね。
伝統破壊と公私混同、こんなショーがいつまで続くんだか。
共和国民のことを考えるのは首相任せということですか。

医療や年金制度が英米のごとくですか・・・・。そうなるまでニコサルを
放置する共和国民ではないと見たいですけれど。(T_T)
Commented by rice_shower at 2007-08-18 22:22 x
マイケル・ムーアの「SiCKO」が評判ですが、インタビューでムーアは「フランスの医療制度がベストだ」と言っていました。
私自身、右翼保守派だと(でありたい)思っていますが、マイケル・ムーアを見ていると、アメリカのリベラルの底力、胆力を感じますね。
フランスではどんな評価なんだろう?
Commented by ma_cocotte at 2007-08-18 22:36
> rice_showerさま、
SiCKO はこちらでは9月5日封切りだそうです。
医療制度はベストかもしれませんが、医者の態度は悪いですよ。
口半開きでガム噛みながらの診療は止めてもらえんかね?とあたしゃ、
言いたい。
医療制度はいいですよ。国保と個人的に互助組合に加入すれば医療費は
全額免除(もちろん互助組合でかけた内容によりますが)です。お財布を
触らずに済む場合もあり。
低所得者向けには国保+互助組合(CMU)がセットになっており、これも収入
証明を保険事務所に提出審査するだけで登録できます。学生などは
大方、このダブルパッキングではないでしょうか。
フランスだと高い医療費を払って診察したり、入院したりというのは
かえってワケアリと冷ややかに見られたりするかも。
Commented by rice_shower at 2007-08-19 15:45 x
調べるとフランスの公的債務残高はGDP比60%程度なんだな...。
日本はこれ。 http://www.takarabe-hrj.co.jp/clock.htm
戦後の社会主義的体質の政体は似たような部分もあったのに、日本とのこの差は何なんだろうなぁ。 

ところでシラクの隠し口座の一件、そちらでもfade outしたでしょ?
日本では、前もお話したように、フジサンケイの鹿内一族と皇室、日本美術協会との関係、中曽根、瀬島龍三の関わり、日本会議を通じての安倍政権の絡み、等々、実に複雑、剣呑な話で、現仏政権が如何にその気になっても日本サイドの協力は全く期待できないでしょう。
さすが筋金入りの知日派シラク、そこまで読んでの悪巧みだったのか?
Commented by ma_cocotte at 2007-08-19 16:36
> rice_shower さま、

シラクの隠し口座の件は全然消えてませんよ。現在、炭火で内輪で
煽られ始めるのは来月です(現在、おヴぁかんす中ということをお忘れ
なきやふ)
この件、ド・ヴィルパンやらリュクサンブールのCS社絡みでサルコぢの
私怨で大事件に発展するというのが私の予想です。サルコぢ独裁で
恐怖を共和国民に見せ付ける絶好のブツではありませんか。
しかもこの件、政権というよりDGSEやDSTが絡んでいるし、サルコが
長いこと内務大臣だったこと・・・・日本で消えてもこちらでは消えませんよ。
この秋からの共和国民のお楽しみ事項だと思います。
Commented by フランスの医療制度がベスト? at 2007-08-20 04:02 x
あんなに赤字を抱えてるのにか?!
Commented by ma_cocotte at 2007-08-20 04:56
> フランスの医療制度がベスト?さま、

赤字だろうが共和国内在住者にはなかなかよろしい制度です。
Commented by rice_shower at 2007-08-20 07:08 x
(長くなるが、スマン)
そちらでは未だ火種は確固と赫奕と燃えているかね...。
このニュースには私自身興味津々で、鹿内一族の特異な物語、信隆氏の芸術を介した(利用した)皇室、保守政治勢力及び海外の政治、文化の象徴的巨魁達との関係確立及びフジサンケイの統治(オーナーでも何でもない鹿内家は箱根や軽井沢の美術館を根拠としフジサンケイ全体を統治するスキームを作り上げた。 これはすごい!)、瀬島龍三、日本美術協会の歴史などを事前に学習し、事件のブレークを待っていたのだが、内幕を知れば知るほど、これは無理筋だと感じるようになったんだ。
(口座の有ったとされる銀行は一旦破綻して外資に売却されている。 従って、金融庁等関連機関は内容を把握しており、その気になれば直ぐに資料は出せる状態のはず)
現皇室は、有る意味戦前、戦中よりもその存在感が重くなっている気がする。 禁忌が解かれるほどに、国民もメディアも政治も、これ以上触るのは止めようと自粛してしまっている感。 日々政官財の体たらくが露わになるにつれ、唯一信頼に足る存在として(たとえそれがフィクションでも)相対的に光度を増しているような感じかな。
Commented by ma_cocotte at 2007-08-20 16:27
> rice_shower さま、シラク氏の裏献金疑惑は対日本だけでなく
Clearstream というリュクサンブールの会社も絡んでいますし、現大統領
を失墜させようと当時の大統領と首相がたくらんだことなどこの事件の
火を簡単に消すのは仏蘭西では難しいと思います。シラク氏の大統領
特権剥奪期限と同時に事情聴取が始まり、シラク氏が弁護士を代えた
ことも既に報道されています。
対日本についてうやむやのまま終わったとしてもド・ヴィルパン氏やシラク氏
については明らかな結果を見る日が私達にもあると拝察しますが、
いかがなもんでしょ?
Commented by rice_shower at 2007-08-21 09:28 x
クリアストリーム事件なるものを、全然知らなんだ。
なるほど、こちらは筋の良い案件かも知れんな。
日本の方だが、そもそも“日本美術協会”のことだと分かっていながら、全メディアが“謎の文化財団”というフランスの報道をそのまま垂れ流した。 皇室絡みということで、最初から腰が引けてしまっている。 無理だな。 
検察? 残念ながら検察は“そもそも検察の捜査の本質が、権力体制と企業社会を守護するためのものだ。 つまり全て国策捜査だ”との元検察の大物が語っている。 
ホリエモン逮捕でフジサンケイに借りが有るから(フジサンケイはライブドアの買収を阻止するため、取材で得た情報をせっせと検察に垂れ込んでいたそうだ。 これが無ければホリエモンの逮捕は無かった、と言われている)
期待できるとしたら共産党だけかなぁ...。
Commented by ma_cocotte at 2007-08-21 17:07
> rice_showerさま、
Clearstorm 事件は面白いですよ。先日話しましたとおり秘密警察やら
スパイまで登場します。シラク氏については大統領特権が終了した翌日
から手厳しい聴取が既に始まっており、今静かなのは「おヴぁかんす」
だから、ただそれだけ。

拙文ですが、以前このブログにエントリーした関連事項です。
http://malicieuse.exblog.jp/4534671

(ご笑覧くださったことを前提に)ちゃんちゃらおかしいと思いませんか?
サルコが内務大臣だった期間は長いというか、ラファランが首相辞任
したことでシラク氏が後継をサルコに打診したら、彼、首相になるのを
断った・・・内相でいた方がそりゃあ彼には幸せでしょう。内相時代が
長かったことで、共和国内の警官のサルコ支持は頑強になったのも
事実。この事件を炭火で残しておいてサルコは大統領就任後、シラク
氏の特権失効日を待っての今・・・これ、決してモヤモヤでは終わらない。
絶対根元とその周りを囲む土さえ絶やすと思われ。
(((゜Д゜;;)))ガクガクブルブル
上のエントリーにコマを進めると更にサルコの裏事情がrice_shower
さんになら見えてきますよ。
Commented by rice_shower at 2007-08-21 18:35 x
うん、オモロイな。
日本のメディアはあてにならんので、進展が有れば、是非またエントリー下さい。

しかし、フランスは中国更に北朝鮮とも戦略的な関係を維持しながら(北朝鮮のウラン鉱石埋蔵量が世界第二位であることを知る人は案外少ない)、一方でミラージュやフリゲート艦を台湾に売る。 例えばイラン・イラク戦争の折、中国は両方に軍事物資を輸出して、シレーっとしていた国だから(知り合いの中国解放軍傘下の商社がやっていたのを知ってるのだ、あたしゃ)、文句の言える筋合いが無いことを認識した上でやっているんだよな。

故児玉誉士夫、故鹿内信隆、中曽根、ナベツネ、瀬島龍三...、こいつらが政治経済の最前線で活躍していた頃の日本は、実は綺麗ごと抜き、国益最優先のpower politicsが為されていたんだ。 今の政官財のトップ達とは“覚悟”が違った。
この国はどんどん劣化して行く。 石原慎太郎じゃないが、(日本人を覚醒させるため)、ジョンイルに日本にミサイル数発射ち込んでくれと言いたくもなる。 
また、ダラダラ愚痴ってしまった、赦せ。
Commented by ma_cocotte at 2007-08-21 21:32
> rice_showerさま、ド・ヴィルパン元首相の次回事情聴取は9月13日
です。確かシラク氏はこの件で弁護士をシモーヌ・ヴェイユ女史(政治家
の方です)の息子に頼んだとか。シモーヌ・ヴェイユ女史は今回の大統領
選挙でサルコぢ支持だったのですよ。

来年の北京での大運動会の諸施設の設計と建築施工はフランス企業が
関わっているそうで、選挙中、セゴ姐がダルフール問題他現中國政権の
問題を挙げてオリンピック・ボイコットも視野に入れていると発言したことで
サルコが猛反撃したのも事実。サルコが中国訪問時に日本の悪口を
しゃべりすぎたのも事実。

私見ですけれど、サルコぢは勘違いして罪でない人に罪を塗ってでも
自分の気に入らない者を消しかねないですよ。

日本のメディアはこちらでシラクの日本隠し口座で騒いでもまったく
取り上げなかったことでアテもヘッタクレもないと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 裏切られたような気分、とはこの... 2007年8月15日@お仏蘭西 >>