<< 言いだしっぺは 贅沢な記者会見。 >>
其の コ コ ロ がやましいのでせうか。
カルラちゃんと既に結婚したのか、していないのか。
先週の木曜日に挙式だったのか、今度の木曜日に挙式なのか。
もよもよ、よ。
これほどコソコソするのが好きなフランス共和国国家元首も共和国の歴史上初めてではございませんこと?

====== ✝ ======


先日、フランス共和国大統領府公式HP Présidence de la République を拝見しておりましたら、昨年12月13日、大統領におん身を窶しておられる皇帝サルコぢ一世さまが、パリ大司教であらせられるアンドレ・ヴァントワ André Vingt-Trois 枢機卿はじめフランス・カトリック教会の高位聖職者方をエリゼ宮にお招きあそばされた時のビデオを発見いたしました。
b0070127_4554471.jpg

お写真はご覧のとおり、止まった画像でありますが、こんにちみんなたちにご覧いただきたいのは大統領府提供の動く画像での皇帝サマであります。
13-12-2007
Allocution à l'Archevêché de Paris devant le Cardinal André Vingt Trois
↑ コチラをクリックし、真ん中のメニュウで同じ日付とタイトルを
  更にクリックするとご覧になれます。
ビデオはヴァントワ枢機卿のスピーチで始まりますけれど、ヴァントワさんがスピーチなさっている間、左ちょい奥にいらっしゃいます皇帝サルコぢ一世サマが動きっぱなし。ぢっとしていることがないのです。
Pourquoi?  ぷるこわ? ¢( ・_・) ナゼ? 

なんなんでしょう、この無駄すぎる動きは?何度拝見しても落ち着きがないというか、そわそわしているというか、他のことでも考えているとでも申しましょうか。とあるご持病があるという噂は真かもしれないと思いました。

遡ること 11月24日にヴァチカンで枢機卿に任命されたヴァントワ師 へのお祝いとこの13日から一週間後に控えた皇帝サマの ヴァチカン公式訪問 を考えての会談だったと拝察いたしますが、今思えば、この12月13日頃は皇帝サマは出会ってまもない カルラ・ブルゥニ Carla Bruni ちゃんとネットリネトネト中ですものね。
違っ! ヽ(`Д´)ノ

この時は セシリア前夫人との離婚 という理由だけでも「一昔前なら神父さまは皇帝サマなんかに会ってもくれなかったんだからねっっ!」なのに、実は離婚の罪を赦してもらう前にカルラちゃんとこっそりいっちゃこいてたのでありますからねぇ。心のやましさに後ろ指さされたいのかしら。
皇帝、おぬしもやるよのぉおおおお。
この12月13日のフランス司教団との会合で皇帝サマが随行に選ばれたのがミシェル・アイォ・マリ Michèle Alliot-Marie 内務大臣です。
b0070127_5222182.jpg
この人選については「ああ、やっぱりそうか」と思いました。なぜなら、一年ほど前のラベ・ピエールの葬儀で彼女は典礼文を暗誦していたし、ヴァントワさんの枢機卿任命式にも彼女が大統領代行として出席された記憶がございます。彼女も当初、昨年の大統領選候補者のひとりで、予備選挙前だったかサルコぢ支持を表明したのでした。もし彼女が共和国大統領だったらプライヴェート面ではなんら注目にならず、大統領職についてのマトモな話題だけが耳に入っていたでしょうね、とふと思いました。はい。

le 15 janvier 2008, Remi

====== ✝ ======


1月15日朝から、ミシェル・アイヨ・マリ内務大臣が ラジオ局Europe-1 の番組内 で、サルコぢ閣下サマの末の息子、10才になるルイくんが昨年夏から殺人予告されている事実を認めたことが話題になっています。気になるところです。お昼以降のニュウスで取り上げられることは間違いないでせう。

Michèle Alliot-Marie confirme les menaces de mort contre Louis Sarkozy

かわいいさかりの息子が昨夏からこんなことになっているのに、親父の春ボケな話が同時に流れるフランスという国も「世紀末様」かもなあ。(-。-) ボソッ
[PR]
by ma_cocotte | 2008-01-15 18:53 | 『?』なサルコぢ屋 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 言いだしっぺは 贅沢な記者会見。 >>