<< アンリ・サルヴァドォル、天に呼... あれから、150年 >>
盛者必衰の理を顕はす。
ハスの天ぷらが食べたひ。

週明けからくだらん話題がテレビから繰り返し聞こえており、ウザいであります。
何でも花の都はお巴里のすぐ西隣にあるヌイイ・スュル・セーヌ Neuilly s/r Seine 市(別称:Sarkoland サルコランド)の市長選に神聖皇帝サルコぢ一世の皇太子ヂャン Jean サマが立候補あそばされるとか。
b0070127_591830.jpg
Jean Sarkozy à Neuilly, le 11 février 2008 © Stephane de Sakutin / AFP

ヂャン皇太子は21歳の法学部学生でっせ?市長選は今年3月ですが、6月の後期試験のために勉強した方がいいんぢゃないかなあ。試験をしくぢったら太陽も拝めないまま部屋に篭って9月の再試験準備なんて皇帝サマの長男坊として恥ずかしいぞ。・・・あ、そっか、パッパがエイメリカ留学のためにお友達に寄付とネゴを頼むのか。

そもそも3月に行われるヌイイ市の市議会議員選挙にはサルコぢ一世が現在も上皇のままである政党UMP所属、かつ、大統領府主席広報官のダヴィド・マルティノン David Martinon 氏が36歳の若さでUMPの筆頭候補に選ばれ、UMPが勝利すればマルティノン氏がサルコランドの市長になるはずでした。Trahison à Neuilly ( Martinon - Sarkozy ) - par Plantu
b0070127_5371691.jpg
ENA(パリ政治学院)出のダヴィド© AFP

ぐゎ、ぐゎ、ぐわ、おル・フィガロさまの非公開世論調査で既にUMP敗北の予想が出、この発表と同時にヂャン皇太子がアルノ・トゥレ Arnaud Teullé 氏とマリ・セシル・メナァ Marie-Cécile Ménard 女史の三人で独自リストを作り、出馬表明をしました。一方、マルティノン氏は早々に撤退表明をし、大統領府広報官の職も退いたようであります。

サルコランドと呼ばれるヌイイ市ですが、1983年から約20年、皇帝サルコぢ一世サマが市長なんかをやってました。28歳でシチョさんになったのです。その地盤をヂャン皇太子が継ごうとされているのですね。進化論が本当なら現在の21歳は25年前の28歳と同等なのかもしれません。サルコの法則によりますけれど。

それにしても、なんだかなあ でございますわよね、奥さま。
この息子、なーに考えてンだか。(-。-) ボソッ
同じ2月11日ですが、皇帝サルコぢ一世の圧政について支持率が39%、不支持率が58%に達したことも公表されました。
b0070127_5523938.jpg
ガイジンの私にしてみると、当たり前だのクラッカーな数字です。神聖皇帝サルコぢ一世サマがフランス共和国大統領なんかに御身をやつしてからの何もかも呆れることばかりでございますし、そのせいで秋から現在に至るまでスト、スト、スト。昨日だったかストのせいでボルドーに行けない日本國柔道選手団だったかニュウスにボケーっと映りましたぜ。
支持率低下のはっきりした理由は明らかになっていないけれど、皇帝サマが臣民に強いる「働いて働いて稼いだ金でぢゃんぢゃか購買し、生活向上せいっっ」と命じたものの昇給率とインフレ進行率のバランスの悪さが諸悪の根源でもあるらしいです。・・・・というか、大統領が勧めるものを買うと、大統領のお友達がCEOの会社がウッハウハと儲かるのがあまりにもあからさまだからぢゃないのかしらねぇ。昼間でもライトをつけて運転したらガソリンが消耗するけど、値上がりしたガソリンを入れねばフランスでは行動さえままならない。でも、石油会社のオオナアってサルちゃんの昔からのお友達でしょ?どこの誰が大統領になる前からウルトラ大金持ちの皇帝サマの恋愛デエト費用を助けなきゃならないのでしょうか?今度の皇妃カルラさまのトリノのご実家なんてお城ですし、カルラさまが「赤い旅団」の誘拐ターゲットになったことで巴里に移り住んでからのお住まいはトリプレックスの2000㎡のアパルトマン。新婚初夜はヴェルサイユ宮殿で太陽王ごっこだけど、臣民に頼むよりカルラちゃんちにおねだりした方がよろしいのではないかしら。(もちろん既にしてるんだろうけど)

巴里全体のバランスに比して、巴里より大金持が住まうヌイイ市の住民の中には皇帝サマのおかげでガッポガポと儲けてらっさる階級の方が多ござあますが、UMPに投票なさいますのかしら?なさるのでしょうね。信じられないけれど、ボルドーであのアラン・ジュペ Alain Juppé が市長でいられるという摩訶不思議が起こるフランスですから、21歳の動かずしゃべらなければ結構イケるヂャン皇太子がヌイイ市のシチョさんになることもあり得るでせう。
(((゜Д゜;;))) あわわわわ。
フランス共和国大統領なんかに御身をやつしてらっさる神聖皇帝サルコぢ一世サマがどこまで自己を満足させるための栄華を極めようとしているのか存じませんけれど、栄華なるものは必ず滅びます。国土も臣民も「皇帝の野望」のためにこねくりまわされるのは勘弁。

皇帝サルコぢサマは生まれてまもなくカトリック洗礼を受けながらも、ユダヤんのママンの手ひとつで育てられたのだからダヴィド王の栄華とその後についてもご存知だろうに。

le 13 février 2008, Béatrice
[PR]
by ma_cocotte | 2008-02-13 05:34 | 『?』なサルコぢ屋 | Comments(6)
Commented by rice_shower at 2008-02-13 07:05 x
御曹司、なかなかの美形だが、さすがに皇帝殿は我らがコイズミみたいに息子を俳優に、なんて勘違いはしないのだな、と思っていたら、さすがに勘違いのレベルが違った。 ここまで来ると、何か潔さを感じる。
ところでアメリカだが、もしヒラリーが二期務めると、ブッシュ&クリントン家で28年間大統領職が回される、と嘆く向きが少なくないが、実はその後をブッシュJr.-Ⅱ(前フロリダ州知事。 何故かカトリック)が狙っているとの話も有ると聞く。 するとその後、あの不細工なチェルシー・クリントン
(現在ヘッジファンドに勤めているのだと。 インサイダーにご用心!)がちょうど“お年頃”なんだよなぁ...、とどうでも良い興味を引くだけアメリカの政治は活気が有って良いのかも? 
>当たり前だのクラッカー
ところで、あーた歳いくつ?
Commented by ma_cocotte at 2008-02-13 08:00
❒ rice_showerさま、

最初36歳ぽっちで市長だと~ぉ、と書こうと思ったところで先の大阪府知事選
の結果を思い出して止めました。
皇太子ですが、昨日までニュウス映像がゴマンとあったのになぜか今日は
検索できませんでした。皇帝サマの思し召しかと存じます。TF1は皇帝サマの
私設局と化していると聞きました。皇太子ヂャン(妙に庶民的な名前)サマ
ですが、写真はよろしくてもしゃべり方が父親と同じでゲンナリ。蝋人形が
よろしいかも。

チェルシーちゃんはしばしば巴里にいらっしゃいますね。確か全仏
オープンになるとチェルシーちゃんが紹介されます。

年齢は、rice_showerさまよりは下だと思います。
実はミノル・シラキはうっすら記憶にござるが、この台詞そのものの記憶は
なく、「テレビ探偵団」という番組で知りました。
Commented by しぇリ~ at 2008-02-13 08:42 x
フランスの政治も日本の政治同様にワイドショーにネタが提供できるレベルに落ちたね。。と夫が悲しげに言ってました。
支持率が下がっても露出度は家族総出すれば高し??
さすがメディアを操ることに専念するだけあって視聴率狙いでは??

マルティノン氏はカリスマ性がなく、サルコ、現市長という役者ぞろいの後では難しいかもと友人が話していたところでした。

そういえば、ジャンが2005年に起したスクーターでの交通事故は、タクシー運転手から損害賠償を求められ、違反行為もろもろ昨年12月(10月だったのを12月に延期)の裁判で判決が下りるはずだったのですが、メディアが全くとりあげなくなりましたね。
交通違反というよりも、その後の彼の態度が悪かったと素行の悪さが問題視されていた記憶あり。

交通違反だから別に市長選には関係ない?これがアメリカなら相手勢力が乗り出すことまちがいなし??という私もワイドショーに汚染されています。。。。
Commented by ma_cocotte at 2008-02-13 16:41
❒ しぇリ~さま、

テレマタンがストで放映されませんでした。今朝の情報収集はラジオしか
ないぞなもし...._| ̄|○

ヂャンの行動は帝政の敷石では。
そのうち大統領年期無期延長、終身大統領制宣言だったりして。
そのために共産主義諸国ときずなを深めているのかも。

・・・・・妄想意欲をかきたてるおっさんですよね、サル。(^_^)

ヂャンの事故の話はカダフィ息子のシャンゼリゼ逆行暴走もみ消しを
思い出す話でした。

国母さまにつきましてはいくら変えても、毎回、見習いたくもない道徳を
醸し出すおねいさんばかり。サルの心の反映ですね。
Commented by siojake at 2008-02-13 20:34 x
テレマタンの代わりにBFMを見始めたら、「テレマタン視聴者の皆様、
ようこそ!」とアナウンサーがおっしゃってました@朝8時
どうやらヌイイの候補者は別のお方になられたようで、一連の出来事は
お騒がせ目的のサル芝居…なんですかねぇ。何なんだ一体。

マルティノン氏をTVで拝見するたび、何故かサザエさんに出てくる
「アナゴさん(ノリスケさんの同僚)」が必ず目の前に浮かんできます。
Commented by ma_cocotte at 2008-02-13 21:14
❒ siojake さま、テレマタンが好きな私には朝一番から参りました。
日本ではありえないストライキの方法ですよね。
Sarkoland だけでなくthéâtre à «Sarkoville»なんて譬えもあるのですね。
今、Jean Sarkozy でググると930も引っかかりますが。
サル茶番はせめて月一のペースでいいです。カルラ皇妃でムーヴメント
が皇帝サマのねらいから外れたこともあるのかもしれないけれど。

アナゴさんには笑った!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アンリ・サルヴァドォル、天に呼... あれから、150年 >>