<< 次期教皇は中南米から? 背中を向けちゃ >>
カステルガンドルフォが手狭になったので、
教皇さまは今後のヴァカンスをアヴィニヨンで過ごされると
決定されました。
ヴぃっくりしましたねぇ。今朝7時過ぎ、ポワチエ教区が運営するラヂオ局 ラヂオ・アコー Radio Accords のニュウスの最後にこの報道が流れまして、いや、驚いた。寝惚けながらも、こうなったらアヴィニヨンに引っ越すか、と思ったあたりで気づきました。

けふはエイプリル・フールだ...。 ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪


フランスですが、4月1日は報道番組でさえ嘘を流します。
というか、カトリックが嘘ついていいのかよ・・・ですわよね。
で、思い出すのが高校二年の遠足のバスの中。恒例の質問合戦になって担任のシスターに年齢を質問したら「25歳です」なんてふざけたことを軽やかな声でマイクを通しておっしゃったので、中山さんが「シスターはシスターなのに嘘をついて良いのですか?」と突っ込んだら、これまたシスターが軽やかな声で
「嘘も方便」と申します。
と返答されたっけ。そういえば、映画サウンド・オブ・ミュウヂックの中でもシスターが嘘をついていましたね(?)。マリアとタラップ一家を救うためにシスター方が暗闇の中で敵の車のボンネットを開けていぢってましたっけ。ああ、爽快。

それにしても、アヴィニヨンで教皇さまがヴァカンスを過ごされるとしたら、
b0070127_3453536.jpg
もれなくゲオルグとこんな感じ(↑)でアヴィニヨン橋の上でロザリオでせうか。

それはがーぶちょんな光景でございますけれど、この写真を見るなり、
あ、カール・ラガーフェルドだっ!
と叫んだ馬鹿な仏蘭西びとがココんちに若干一名...。( ̄ε ̄)b 不敬罪
見えなくもないのですよね、確かに。
b0070127_3563310.jpg
どうよ?

そもそもカステルガンドルフォが手狭になるなんてあるのでせうか?ψ(`∇´)ψ 嘘が甘い。
アヴィニヨンの宮殿は現在は博物館と化しておりますし、あそこで寝・食・宴会ってぇのはあまりに非現実だわなあ。だだっぴろく薄暗くて寒いもの。あ、旧教皇領にはイチゴの名産地とメロンの名産地 があります。それだけはうれしいかも。
これ、生クリームと生ハム&ポルト酒の準備を。 篤
b0070127_4521023.gif...ち、違っ。


le 2 avril 2008, Sandrine
[PR]
by ma_cocotte | 2008-04-02 04:24 | 『?』なたわ言 | Comments(6)
Commented by ガブリエラ at 2008-04-02 09:11 x
アヴィニヨンという場所は、教皇サイドにとっては
黒歴史(無かったことにしたい過去)の1つではないのかΣ(・∀・;)
公共の電波で堂々とエイプリルフールネタができるとは
お国柄でしょうか。
「私たちの教父ベネディクト16世」は、この写真のようなお姿が
なぜお似合いなんでしょう。
ロザリオ唱えない悪い子はいないか?と捜索中だったりして
(それは秋田のなまはげ)





Commented by ma_cocotte at 2008-04-03 16:25
❒ ガブリエラさま、
アヴィニヨンに教皇が捕囚されたことや、それによって教皇領ができた
ことでの負ではなく正の遺産や歴史も実はあったりしますが、なぜか
伝わりませんね。そこはかとなくほうぼうで宗教改革までは公にされても、
反宗教改革が軽んじられていることに通ずるような気もしたりなんかします。

そうそう、ロザリオ「なんか」唱えなくていい、と主張される派閥もあるようで。
どちらがどうなんでしょうね?
Commented by ガブリエラ at 2008-04-03 19:30 x
高校の時に世界史を(大航海時代まで)学びましたが
中世から近代までが「プロテスタント勢力がカトリック勢力より優勢だった」というノリになっていた気がします。
(それもこれも、きっと亜米利加さんの影響うわなにを@あぃcy)
宗教改革をのなか、イエズス会やアビラのテレジアのようなカトリック
内改革もおこなわれるんでした。歴史は複数の観点で見なくれはなりませんね。ご指摘ありがとうございます。
そういえば、日本でも平安時代に平清盛あたりが強引に遷都
(京都→今の兵庫県福原)しちゃいますが、おかげで神戸が
港町となったり瀬戸内海の海運関係が安定したりという効果もあったのでした。

ロザリオを毎日唱えない悪い子なので、教皇様に捕まりそうです…
ロザリオの信心も、歴史を振り返ると盛んになったり廃れたりを
繰り返しているようですね。
Commented by anbai at 2008-04-04 20:35 x
アンテナで引っ掛かって、釣られてしまいました。
フランスのエイプリル・フールに今頃................................orz
Commented by ma_cocotte at 2008-04-04 20:47
❒ガブリエラさま、
「カトリックは絢爛豪華で、お金がかかって、派手」云々という誤解が今も
まかりとおっていたりしますよね。世界史においてルターの宗教改革を頂点に
その後尻すぼみになるが故の誤解のような気がします。反宗教改革の
中身にもそっと触れていただくだけでも誤解が少しは解けるような気も
するのですが。
フランスのカトリックでは聖ヒラリオ(Saint Hilaire)が反アリウス派で
あったがために東に追放され、その後、東方で既に定着していた聖歌や
ニケア信条をフランスに持ち帰り、西方に神学だけでなく歌唱文化を
もたらしました。

カトリコの信心業はロザリオに限らず軽視派と重視派に二分しているのでは
ないかなあ。いかがなもんでほ?
Commented by ma_cocotte at 2008-04-04 20:48
❒ anbai さま、

...みーっかおくれ~ぇの便りを乗せてぇ♪ ネットうゎあ行くゆ~く♪

カステルガンドルフォが手狭になるって、あーた。(爆笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 次期教皇は中南米から? 背中を向けちゃ >>