<< Ça va pas la tê... 21世紀から8年経っても、公私混同。 >>
あなた、どこの誰? D'où venez-vous? Where do you come from? 
4月12日から5月5日まで、共和国内はABCの3ゾーンで2週間ずつに分け、春休みに入っています。花の都おパリとその周辺のお子たちはこんにち19日から春休みが始まります。
この一か月、フランス国内で話題になったのは共和国内各地で催された中高生による、教育制度改正反対デモでした。
b0070127_2010230.jpg
2008年4月15日パリ市内の中高生デモ Photo par TF1/LCI

この一か月、私の小耳に挟んだ教育改革は、高校の修業年数を目的の違いなく3年に統一すること(現在は2年制高校が存在)、もうひとつは9月の新年度から教員数を削減することです。政府側の話では生徒数が減少した故、教員11,200人(このうち8,830人が中高教員)を削減するという計画です。ま、これにご不満な中高生がデモという形で意思表示をしたのですね。フランス共和国においてデモを行うのは共和国民に平らに等しく与えられた権利ですので、事前に開催日や規模などを地元警察に申請すればデモれます。こんにちまでの3週間でニュウスになるほどの中高生による大規模デモが行われたのは6回になります。共和国内の主だった高校生組合によりますと l'Union nationale lycéenne (UNL)の発表では40,000人が参加、la Fédération indépendante et démocratique lycéenne (FIDL) では50,000人が参加したと発表しています(ただし、これらの数字に対し警察は13,000人規模であったと発表)。

フランス政府が発表した改正案を知ったことで、フランスに納税しており、フランスの恩恵を受けている者が喜怒哀楽をデモにして手続やら段取りを踏んで表現するというのは共和国内の誰もが納得することです。循環ロジックになっております。

ですがね、先日のアノ話。

そう、パリ市内で行われた聖火リレーです。2週間近く経った今でも相変わらず尾を引いたままで、中國ではパリでの聖火リレーが上手く行かなかったのはフランスの責任という理由でフランス系庶民向け百貨店6店舗での不買運動が始まったとか。
b0070127_20235587.jpg
中國国内でのフランス批判デモ Photo par AFP

19日お昼のニュウスでも中國国内のインターネット利用者による不買運動街頭抗議行動の様子が流れました。なぜまたネット利用者とアピールせねばならんのでせうかね。おフランスのナレーターが中國では国民によるデモが認められていないのに、こうしてデモができるということはどういうことなのか考えて欲しいと言っていました。
¢( ・_・) ハテ?

.......しばし。


( ̄口 ̄;)!! あ、政府がさせてるデモってことね? 

ε= (´∞` ) アホクサ。註:日本の新聞では中国内のデモは許可制と書かれていたりします。
しかも、胡錦濤さまは2005年4月の反日デモ同様、無秩序な破壊につながる大規模デモを全力で封じ込めるとおっしゃっているとか。そんなことをおっしゃりながら、フランス大使館前に、「チベットは中国のもの」と中国語、フランス語で書かれたステッカーを貼った車両約15台が通り、沿道の窓からは五星紅旗が振られて国歌斉唱。主張させてから抑えるってか。そこまでのシナリオができているのかもね。出演料はいくらなんだろう。ε= (´∞` ) ぼふぼふ。

そもそも4月7日、花の都はおパリで聖火リレーの沿道を陣取っていたみんなたちですが、
b0070127_20284360.jpg
このヒトたち、どこから来て、どこに消えたンでしょうか?
写真ぢゃわかりませんね。
今一度、ビデオで見てみます?
La flamme olympique fortement chahutée à Paris par TF1
http://videos.tf1.fr/infos/media/jt/0,,3809774,00-flamme-olympique-fortement-chahutee-paris-.html

Les militants pro-Tibet s'invitent sur le parcours de la flamme par TF1
http://videos.tf1.fr/infos/media/jt/0,,3809782,00-militants-pro-tibet-invitent-sur-parcours-flamme-.html
ココはフランスなのに、なんで目に入るものも耳に聞こえてくるものも英語なんでしょね?
で、この警察に引き摺られつつ咄嗟の判断で英語をしゃべる人たちがデモに参加できるよう役所の手続したのは誰なんでしょね? 
ちなみに上のビデオ二本目のタイトル"Les militants pro-Tibet s'invitent sur le parcours de la flamme" を訳せば、「聖火リレーの沿道に呼ばれないのに押しかけるチベット贔屓の闘士(活動家)たち」となります。お呼びでないのか。こりゃまた失礼しました。

しかも、聖火がフランスを去ると同時に、英語をしゃべる彼らも消えちゃったぢゃないの?

フランス語を話す連中だって怪しいもんです。
中國内の大学でフランス語を専攻するおにいさんもおねいさんもさぞかし楽しい修学旅行だったでしょう。フランス語が流暢な中國の方々も使命を果たしたことで、共和国内のそれぞれの持ち場に戻ったようです。お疲れさまですよね、サルコぢがご贔屓の中國サマと技術&商業提携している各企業に、中国語が堪能ということで在仏中國人留学生がそのまま就職し、こんな自分をフランスに行けるように、長期間住めるようにしてくださった「愛する本国」から出張の命令連絡があれば喜んで馳せ参じるんですもん。cf. やっと来れたので帰らない中國姐たち

長野での聖火リレーは1週間後、26日です。

全国の中国留学生、長野に集結計画 聖火リレー応援で
2008年04月18日18時44分

 長野市で26日にある北京五輪の聖火リレーに、日本全国から大勢の中国人留学生らが応援に駆けつける計画を立てている。全日本中国留学生学友会などの呼びかけで、すでに500~600人が参加を申し込んでいるという。
 同会によると、参加するのは全国の100前後の大学の中国人留学生やOB・OGらで、最終的には約2千人の参加を見込んでいる。東京など首都圏からはバスを借り切って長野に向かい、日中の国旗や五輪の旗を振って聖火リレーを沿道から応援するという。
 同会の李光哲会長(36)は「五輪の平和の理念を広め、中日の友好を促進するための活動」と強調。反対派などと衝突しても暴力は避け、「日本の警察当局にゆだねる」と述べた。
 一方、別の在日中国人の団体も大阪、京都、広島などから長野に向かう計画を進めており、千人以上が参加する予定という。


http://www.asahi.com/national/update/0418/OSK200804180058.html



どっかで既に繰り広げられた事実と似て遠からぢなお話ですけれど、愛国心の大波が長野に押し寄せることになるのでしょうか。英語が上手なプロちゃんも日本ならば日本語で叫ぶのかなあ。フランスぢゃバレちゃったもんね。こちとら、デモ慣れしてんだよっっ。ヾ(`◇´)
日本國内とは言え、治外法権下での主催国の好き嫌いに日本人が精一杯気を使った聖火リレーになるかもしれません。中國に関わる皆さま方に日本國でのショウに満足していただけたら、現在フランスがされているようなことを中國内で日本國(関連企業、役所)がされることはないでせう。国境も時空も超えてピョンピョンお気軽に飛んで騒いでいることだけが現代を感じる話です。中國内?暗黒の中世時代のようなもんだーね。

le 19 avril 2008, Emma

【ついでに】 国営放送France 5 で繰り返し放映されている Pekin 2008, Double jeux というスイスメイドのドキュメンタリーですが、中國内での北京オリンピック関連報道規制の様子の隠し撮りなのですよ。抜粋版ですが、コチラ。面白いですよ。どうも”Human Rights”というKWで難聴になるみたいです。どはははは。ご笑覧くださいませ。
http://www.dailymotion.com/video/x4v3hu_doubles-jeux-extrait_news
[PR]
by ma_cocotte | 2008-04-19 21:44 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(8)
Commented by 伊望 at 2008-04-19 23:16 x
いまの中国が怖いのは、政府の政策と自己の意識を一体化させすぎている国民の多さ(これはある程度までロシアも同じ)。だから政府主催のデモであっても、何の疑問も持たない。中国とロシアの政治策動は近年特に気持ち悪いです。経済的成功の裏でここまで愚民化政策が成功している、いや経済的成功があるからこそこの愚民化政策が成功しているのが本当か・・・

善光寺が聖火リレーを拒否。同寺の自己の宗教的信念を貫いた姿勢は立派だと思います。
Commented by ma_cocotte at 2008-04-20 00:08
❒ 伊望さま、おっしゃるとおりだと思います。
そもそも聖火についての認識が中國「固有」のものになっているような
気がしてなりません。
本文最後に添付した中國びとの発言など見ていると教育を終えても、
その後何らかの形で「教育」が続いていますよね。これが本当の「生涯教育」
だと思いました(←イヤミだよーん)。
ロシアは民主化されて「個」が改良されるかと期待しましたが、相変わらず
「全体」であり、「自由」をもらって海外に転出したヒトの考えも独特だと
思います。(旧COMECON含んで)
中國も鎖国のままの方が世界が平和だったかも。(ミュヂュルマン
社会主義系国家ズも同様ヾ(`◇´)
Commented by anbai at 2008-04-20 12:05 x
今、ヒマラヤに清掃登山している野口健氏のレポートやネット上のいろいろをまとめてTBさせていただきました。↑からはTBの記事とは別記事へのリンクになりますが、中国国内でフランス国旗にされたいたずら書き&諸々をご覧になりたい方はどうぞ。

留学生などが長野に集まる…ってのも元をたどれば、って感じで、ここまで「個」ってのが無いのもそういう教育の成果なんでしょうね。個々を認めるところからの文化理解だとかコミュニケーションてのが出来てないから、「個」がある程度認められて育つことが出来る(そうでないとやっていけない)環境の人間からしたら本当に独特…というのか。まあ、個人的に結構、中国や中国文化が好きな人が周囲にいたのだけど、国策(?)の反日デモを繰り返し見せられて「ドン引き」しちゃったかなあ、と言う感じ。父もそうなんですよねえ。残念なことです。
Commented by ma_cocotte at 2008-04-20 15:52
❒ anbai さま、TBのお知らせありがとうございました。
実は昨日、パリ市内でも中國人留学生による大規模なデモ行進がありました。
翌日になった今日もニュウスで流れていますが、ビデオが見つからない。
見つけ次第、掲載しますね。

そのニュウスの中で彼らが言ったことが私には衝撃でした。
「ネガティヴは見るな、ポジティヴだけを見ればいいんだ!」です。
こんな愚論、フランスでは通りません。小学校一年の授業でデバを
行い、意見が一致しないことや、この繰り返しで3つのテーゼを学びます。
この国の人たちはそれを「テーゼ」と呼ぶことを知らなくても、その中身は
心身に染み付いています。それに対して、中國人はネガティヴの中身を
見ません、聞きません。だいたいフランスにいる中國人は国民の中で
ポジティヴそのものですものね。国内事情のネガティヴなんて見ない、
聞かない、考える術もない。

アフォでんな。相手になりません。

私も中國文化に興味がありますけれど、文化を軽んじることを脳みそに
刷り込む教育をする国には疑問を感じています。
チューコクに限ったことでねーべ(●`皿´ ●#) キィーッ

Commented by xiaoli at 2008-04-20 21:15 x
於とまさま、この記事はご覧になりました?

仲裁の中国人女子学生がネットで猛攻撃を受ける
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080418/amr0804181742015-n1.htm

米国デューク大学留学中の中国人留学生が、チベット擁護派、中共政府支持派双方の衝突を仲介したところ、掲示板に実名、実家の住所、顔写真等が晒され嫌がらせにあっているそう。中国の実家には汚物が投げ込まれるなどがあって、家族は身を隠しているそうです。

彼女を晒したのはその場に居合わせた中国人留学生仲間に決まってます。「自由の国」に来て勉強しているのに、どうやら一番大事なことは学んでいないようで。どうしたらそんなに強固に洗脳できるのでしょうねえ。
Commented by ma_cocotte at 2008-04-20 21:41
❒ xiaoli さま、知りませんでした。教えてくださってありがとう。
中國内のご家族が身を隠したのか、隠されたのか心配になりました。

中國人留学生の言い分を聞いているとこちらがおかしくなりますよね。
相手のプライヴェートも国やら自分の思想に敵対すれば、相手の都合も
考えずに暴露する。それで快感やら快楽を味わうのは暴露した側です。
暴力ですよ。精神的苦痛は暴力にならないなんて言い訳が受け入れられる
のはそういうことをした人の心が病んでいる時ですね。
そう考えると洗脳は精神まで脅かす恐ろしい方法だと思います。

この女子学生さん、このまま亡命ですかね。なんだかなあ。
Commented by xiaoli at 2008-04-21 00:21 x
ついでに聖火リレー出発地点となることを辞退した善光寺には謎の落書きが。犯人はちうごく人だと断定できたわけではないけれど、mixiニュースのコメントを見ると長野県民&出身者の多くが「こんなこと今まで起こったことがない」と言ってます。

>相手のプライヴェートも国やら自分の思想に敵対すれば、相手の都合も考えずに暴露する。

「愛国無罪」ですからねー。だったらチベット人の暴動だって「造反有理」じゃんよ、っていうロジックが浮かばないのが不思議です。ホントどういう精神構造になっているんだか。

サンフランシスコについてのテレビニュースで真っ赤な旗の波の前で唯一人雪山獅子旗を翻し、「私は祖国を愛している!だがチベットは独立させるべきだ!」と叫んで、さんざん野次られている中国人男性を見ましたが、彼は大丈夫なんだろうか。

件の女子学生やこの彼みたいな人材こそ中国の未来に必要な人達だと思うんですが、まあ中国びとはそうは思わないのでしょうね・・・。
Commented by ma_cocotte at 2008-04-21 01:34
❒ xiaoli さま、
善光寺の事件は普通ありえないですよね。
拙ブログの20日エントリーのコメント欄に書いたことと重なってしまう
かもしれませんが、善光寺の存在は宗教だけでなく生活文化でもあるので、
無感覚で染み付いた聖域だと思います。いくらヨソモノだとは言え、自分の
育った土地の文化を守りたければ、他人の土地の文化も守るのが
普通かと思っていたけれど、先ほど紹介してくださった記事の内容といい、
xiaoliさんから教えていただいた「愛國無罪」といい、自己愛のみで
相互愛が感じられない。お気の毒ですね。

エイメリカだけど中國贔屓のエイメリカびとも結構いました。どうも
カウンターパートが中國産らしいけど。昔、女装した男性中國人スパイが
子供まで産んだ話がありましたよね。ミュウヂカルにもなった記憶があります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Ça va pas la tê... 21世紀から8年経っても、公私混同。 >>